名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田真の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田真のプロフィール

山田真、やまだ・まこと。日本の小児科医。岐阜県出身。東京大学医学部卒業後、八王子中央診療所医師、同診療所理事長などを務めた。著書に『はじめてであう小児科の本』『みんなの子育て』。

山田真の名言 一覧

専門家が中立的立場を保つことは、以前よりもさらに困難になってしまっています。近年はどこの大学でも企業の寄付講座が増え、予算をたくさん取ってくるのが教授の力量の一つみたいになっています。スポンサーがなければ研究も難しいような状況です。それに呼応するように、専門家が自分の言葉に責任を持たなくなってきていると感じます。


山田真の経歴・略歴

山田真、やまだ・まこと。日本の小児科医。岐阜県出身。東京大学医学部卒業後、八王子中央診療所医師、同診療所理事長などを務めた。著書に『はじめてであう小児科の本』『みんなの子育て』。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

お客様が望んでいるものが何かを考え続けなければダメだ。当社の技術陣は優秀だからこそ、自分たちのつくりたいものを唯我独尊的につくる癖がある。これは気を付けなければいけない。


野口吉昭

「ウェブ・新聞=点の情報」「雑誌=線の情報」「書籍=面の情報」とよく言うのですが、いきなり「点の情報」から集めていったら、いくら時間があっても足りません。効率的に情報を収集していくためには、まず「面=全体」から抑えることが不可欠です。


油井亀美也

少しでも遠くに行きたいというのは、人間の本能、フロンティア精神だと思います。それが人類の発展のベースになってきたと私は信じています。


室伏重信

弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。


菅井敏之

人口が減るからこそ生まれるチャンスがある。全国を「アリの目」で見れば、有望な地域は必ずある。場合によってはレッドオーシャンである都内よりも有望かもしれない。


竹内弘高

最近の日本の若者は内向きで頼りないというのはウソです。ハーバードビジネススクールで学ぶ日本人は、20年前と比べて減っています。しかし、それは若い人が内向きになったからではなく、企業派遣が減ったから。いま来ている学生たちは、数こそ少ないものの、何のために学ぶのかという強い目的意識を持っています。そういう意味では、情熱があって頼もしい。


高城幸司

営業という言葉の定義は広い。途上国に数千億円のプラントを売るのも、飛び込みでシュレッダーを売るのも、同じ営業に括られる。それは「お客の接点になる」という点では共通だからだ。どんな会社でもモノを売るのは営業の仕事だ。


宮内誠

創業当初、一部の人からは、「バカじゃないのか」とも言われました。でも助けてくれる人もたくさんいた。すべて周りの人の協力でここまでやってこられました。


三宅裕之

英語力の伸びを実感するには、最初に目標を設定する際に、「自分はどのレベルの英語力をめざすのか」を具体的にイメージしておくことです。たとえば、「英語が話せるようになりたい」という曖昧な目標設定では、どこまで近づけたのかが、なかなか測定できません。すると、いつまでたっても成長の実感が湧かず、やる気も喪失してしまう。そうではなく、たとえば「一対一で5分以上、英語で自己紹介ができる」とか、「自分の仕事について英語で説明できる」といったように、より具体的で進捗の計測が可能な目標を設定するといいでしょう。


白洲次郎

このごろのマスコミの論調をそのまま世論だとお思いめさるな。国民はそんなに軽率でもないし一方的でもありません。


仲暁子

意外に思われるかもしれませんが、私は本をデジタルではなく、完全に「紙で読む派」です。全体のボリュームや構造を物理的に感じられる「紙の本」の方が、著者の思考をより立体的につかみ取れるように感じるからです。週に1度は書店に行き、好奇心をかき立てられるタイトルを見つけたら買って帰って、週末にゆっくりと読みます。腰を据えて集中して読みたいから、「今週の土曜は読書に充てる」といった具合にあらかじめ時間を確保したうえで臨みます。


佐々木常夫

わざわざ言葉にしなくても「わかっているはず」と都合よく思いこんでいませんか? すれ違いをなくすためには自分の考えをきちんと伝え、相手の話をしっかり聞くことが必要です。そんな簡単なことかと思いますが、実際に仕事の現場に置き換えてみると、そんな簡単なことができていないということに気づくはずです。安易な思いこみはあなたを違う場所に連れていき、ムダを生みます。要所要所で立ち止まり、コミュニケーションをとるという手間をかけることが、なによりも大切なんです。