山田敏夫の名言

山田敏夫のプロフィール

山田敏夫、やまだ・としお。日本の経営者。ECサイト「ファクトリエ」を展開する「ライフスタイルアクセント」社長。熊本県出身。大学在学中、フランスに留学しグッチのパリ店に勤務。大学卒業後、ソフトバンク・ヒューマンキャピタルに入社。メディア事業本部営業マネージャーを経て東京ガールズコレクション通販サイト運営に携わる。その後、「ライフスタイルアクセント」を設立。ECサイト「ファクトリエ」を開設。

山田敏夫の名言 一覧

1 / 11

社会と共存する姿勢を打ち出し、正しいジャブを出し続けることは、ビジネスを成り立たせる上でとても大切。

山田敏夫の名言|社会と共存する姿勢を打ち出し、正しいジャブを出し続ける


どんな経験も無駄にはならないとよく言われますが、本当にそうだと実感しています。

山田敏夫の名言|どんな経験も無駄にはならない


昨日より今日、今日より明日、少しずつでも良くしていきたい。良くしようと意識しなければ、何も良くならず、会社は成長しない。

山田敏夫の名言|良くしようと意識しなければ、何も良くならず、会社は成長しない


営利企業であっても、自社の利益だけを追求するのでなく、社会性を持つことがとても大切。

山田敏夫の名言|営利企業であっても、自社の利益だけを追求するのでなく、社会性を持つことがとても大切


ブランドの原点はモノ作りの現場。工場の自主性がなければ、ブランドは生まれない。

山田敏夫の名言|ブランドの原点はモノ作りの現場


自社の名前をつけて、自社で決めた値段で売る。そうなると、これまでOEMでやってきた工場が、今までで一番良いモノを作ろうとするのです。

山田敏夫の名言|自主性がいいものをつくる


もし世界ブランドをつくるなら、まず自分が個人として生き抜く力を身につけないと話にならない。そう考えて、営業力を鍛えられる会社に入りました。

山田敏夫の名言|まず自分が個人として生き抜く力を身につけないと話にならない



アパレルは、工場から消費者の手に渡るまで7つほどの業者を経ます。流通のほかに、広告費も大きい。中間マージンや広告費を省ければ、工場が利益を得つつ適正価格で消費者にお届けできる。

山田敏夫の名言|中間マージンや広告費を省ければ、工場が利益を得つつ適正価格で消費者にお届けできる


お金で散々苦労した経験が、知恵を生み、僕を経営者として大きく成長させてくれるはず。そう信じ、当面は資本金50万円のままで頑張っていきたい。

山田敏夫の名言|お金で散々苦労した経験が、知恵を生み、僕を経営者として大きく成長させてくれるはず


事業を軌道に乗せられたのは、私の思いが「沸点」を超えていたからでしょう。喜び、哀しみ、憤りといった感情から生まれる「絶対に実現したい」という思いの強さが、あるレベルを超えていた。そして、「やれるんだ」という前提で、自分に何ができるかを考えた。これが、あらゆる分野で、起業が成功するかどうかのポイントだと思うのです。

山田敏夫の名言|起業が成功するかどうかのポイント


ファクトリエではセールで在庫を売りさばくことはしません。その代わり、完売した商品は二度と作らないことで、お客様にとっては「今、買わないと、もう買えない」状態にしています。

山田敏夫の名言|お客様が今買う理由をつくる


最近まで社員は私一人だった当社が、外部からたくさんの支援をいただき、またメディアからも注目してもらえたのは、仕事が「世界から評価されるメイドインジャパンを守る」という社会性を帯びていたからでしょう。とはいえ、最初は協力してくれる工場を見つけるだけでも大変でした。

山田敏夫の名言|社会性を帯びた事業は支援される


出荷価格も工場に決めてもらいます。それも「しっかり利益を取ってください」と伝えたうえで、です。

山田敏夫の名言|しっかりと利益を取ってもらう


OEMのみをしている工場は、たとえフルラインが回っていても利益が出ないという状況です。しかも、OEMは発注元の一存でなくなるかもしれない仕事。工場を持って固定費を抱えながら、誰かの一存をあてにせざるを得ないのではとても不安定です。そう考えると、これから日本の工場が生き残るためには、自社ブランドを作っていくことが重要。そのためのお手伝いをするのが当社の仕事だと私は考えています。

山田敏夫の名言|日本の工場が生き残るためには、自社ブランドを作っていくことが重要


ファッション業界では常識になっている「100のアイテムの中で、いくつかヒットが出て、全体として利益が出れば良い」という発想は、当社にはありません。良いモノだけを売って、その中に一瞬で売り切れた商品があっても再生産はしないのです。

山田敏夫の名言|業界の常識の逆を行く



実際に起業に取りかかった2011年には、日本の服飾工場は「絶滅危惧種」になっていました。1990年には50%あったアパレルの国産比率が、09年には4%まで減少し、6万あった事業所が数千にまで減っていた。普通なら手を出してはいけない分野です。ただ、その「絶滅危惧種」の中には、世界のトップブランドの商品をOEMで作っている超一流の技術を持つ工場がありました。「日本発のブランドを作るなら、これが最後のチャンスだ」と感じました。

山田敏夫の名言|日本の服飾工場を救う決意


私が起業したきっかけは、グッチ・パリ店で働いていた19歳のときにさかのぼります。「日本には本物のブランドがない。なぜなら、日本のブランドにはマーケティングしかないから。グッチもエルメスも元は工房だ。帰るべきモノ作りの原点がなければ、ブランドとは言えない」フランス人に言われたこの言葉は、悔しいけれども事実だと思いました。そのときに、なんとか日本発の世界ブランドを生み出そうと決意したのです。

山田敏夫の名言|悔しさが原点


商品の価値をお客様に伝える試みを数多く行なっています。先日、10万円のトレンチコートを発売したときには一週間で100着が完売しました。10万円の商品を、試着もできないネット通販で買うというのは、普通はないでしょう。ファクトリエの商品を作っている工場は、有名ブランドの最上級ラインを作る最高の技術を持っています。ファクトリエの商品は、値段の3倍くらいの価値があるはず。そんなふうに認識してくださるお客様が増えたということだと思います。

山田敏夫の名言|商品の価値をお客様に伝える試みを行う


「グッチのような世界ブランドを日本発で作る」という大きな目標を達成するには、まず、素晴らしい技術を持つ日本の工場を守らなければなりません。そうした使命を持つ僕たちが、すぐに倒産するような危うい状態であってはならない。

山田敏夫の名言|使命を持つ僕たちが、すぐに倒産するような危うい状態であってはならない


何とかお金を工面し、工場に満額を支払ったことで、私に対する工場からの信用が一気に跳ね上がりました。とにもかくにも「お金の信用」を守ったことで、他の工場も、「あの工場が動いたのなら、うちも」と、前向きに検討してくれるようになった。その後、契約工場の開拓はとても進めやすくなりました。

山田敏夫の名言|きちんと支払うことで信用が跳ね上がる


フランスですごくショックだったのが、同僚のスタッフから、「日本には本物のブランドがない」といわれたこと。フランス人は、アメリカのブランドのことを揶揄の気持ちを込めて「マーク」と呼んでいました。アメリカのブランドはメイド・イン・アジアなのに、ロゴマークをつけて、それをスターに身につけさせて高く売っている。いわばマーケティングの産物だと。日本はアメリカと違って織りや染めの長い伝統があるのに同じことをやっている。そんなものは本物のブランドじゃないと。GUCCIの同僚はそのことを憤っていて、日本はアメリカと同じことをすべきじゃないと。その指摘か契機になって、僕も「いつか日本の工場から世界に通用する本物のブランドをつくりたい」と考えるようになりました。

山田敏夫の名言|きっかけは「日本には本物のブランドがない」といわれたこと


驚いたのは「お客様は神様」ではなかったこと。GUCCIでは短パンにランニングを着た観光客が来るとドアマンが追い払うし、お金持ちが「このかばんを10個くれ」というと、「そんなに買わないでください」とお断りすることもある。彼らはものづくりに誇りを持っていて、お客様と対等な立場で話すのです。

【覚え書き|フランス留学中、グッチで働いた時を振り返って】

山田敏夫の名言|驚いたのは「お客様は神様」ではなかったこと


「ファクトリエ」の存在が知られるようになると、ベンチャーキャピタルなどから「出資したい」というありがたいお申し出を頂く機会が増えました。中には「数億円出す」というところもありましたが、今のところ、どこもお断りしています。今、経営者として未熟な僕があり余るような大金を手にしても、それをどう生かしていいか分からず、とりあえず立派なオフィスを借りたりして、高コスト体質が定着してしまうのが目に見えています。無駄遣いをしていると、お金なんてどんなにあっても、すぐになくなってしまう。次の資金調達をしなければ、会社は潰れてしまいます。

山田敏夫の名言|無駄遣いをしていると、お金なんてどんなにあっても、すぐになくなってしまう


土日の時間を「一人反省会」に充てるようになりました。コーヒー1杯が1000円するカフェなど、人の少ない静かな場所にこもり、1週間をじっくり振り返りました。「サイトでのお客様の滞在時間」など、あらかじめ立てておいた数値目標に対する達成度合いを確認し、達成できなかったとしたら、「なぜ達成できなかったのか」「忙しくて手が打てなかったというなら、どうすればいいか」「そもそも、この目標数字は達成できないと考えた方がいいのか」といった具合に、徹底的に掘り下げるようになりました。そして、次の1週間に自分たちは何をすべきか、じっくり戦略を練るようにもなりました。

山田敏夫の名言|じっくり考える時間を持つ


自身がプレーヤーとして、目の前の「木」ばかり見ているようでは、いつまで経っても売り上げは増えない。経営者として「森」を見るようにならなければ。覚悟を決めた僕は、まず、週末バイトを辞めました。創業時からずっと、生活費を稼ぐために、土日にインナーウェア会社の倉庫で肉体労働のアルバイトをしていたのですが、「ほかに稼ぎがあっては、いつまで経っても本気になれない」と、収入源を断ちました。

山田敏夫の名言|ほかに稼ぎがあっては、いつまで経っても本気になれない


大量のシャツの在庫で窓がふさがれ、光が入らない1Kの部屋で寝起きしていた僕は、工場への支払い期日が近づくにつれ、追い込まれていきました。工場には200万円を支払う必要があったのですが、商品が売れないことには払うお金がない。だからといって、工場に損失を負わせる事態は何が何でも避けたい。そんな時、ふと脳裏に浮かんだのは、「行商」というアイデアでした企業でビジネススーツの「着こなし方」を教えるセミナーをやり、そこで商品を販売させてもらったら、在庫が少しでもさばけるのではないか。そう考え、「10社に10枚ずつ、計100枚を売る」ことを目標に、大手広告代理店や大手化学メーカーの総務部などに片っ端から電話をかけ、「スーツの着こなしセミナーを無償でやります」と売り込みました。当然、どの会社からも怪しまれましたが、そこでひるんでは負け。「ビジネスパーソンは、スーツをきちんと着こなせるようになると、大きな成果を出せるようになります。その着こなし方の基本を教えるセミナーを、今なら無償で行います。一度学んだら30~40年は役立つ知識ですよ」。こんな具合に担当者を必死で説得し、10社で無料セミナーを実施。目標通り、100枚を販売し、100万円の売り上げを手にすることができました。

山田敏夫の名言|商品が売れないなら無料セミナーを開いて売ってみる


大学生の頃、グッチのパリ店でインターンをしました。グッチやエルメスはともに革製品の工房からスタートしたブランドで、今でもバッグや靴といった商品を熟練の職人が何日もかけて丁寧に作り上げています。技術力や品質に絶対の自信を持つ彼らからしたら、「日本のブランドが店舗発のものばかりで、工場発のブランドが存在しない」のが不思議に思えるらしく、「なぜなのか」と何度も尋ねられました。

山田敏夫の名言|「なぜ日本のブランドが店舗発のものばかりで、工場発のブランドが存在しないのか」と何度も尋ねられた


「まずは営業力をつけなければ」と就職活動をして、大手メーカーや商社、コンサルティング会社などに内定を頂きました。しかし「起業」が念頭にあったため、会社名がひとつのブランドになっているような超大手に入社することに不安を覚えました。周りに流されやすい僕の性格上、そういう会社に入ったら、同期たちと日夜合コンに繰り出すなど、ひとときの流れに身を任せて無為に過ごしてしまうかもしれない。高い給料を手放すのが惜しくなるかもしれない。それが分かっていたので、最終的には、安定が約束されたかに見える超大手には就職せず、ソフトバンクヒューマンキャピタルという人材紹介サイトの運営会社に営業職として入社した。そこで4年間ネット広告営業を経験し、営業マネジャーも務めました。

山田敏夫の名言|起業する力をつけるために就職する


山田敏夫の経歴・略歴

山田敏夫、やまだ・としお。日本の経営者。ECサイト「ファクトリエ」を展開する「ライフスタイルアクセント」社長。熊本県出身。大学在学中、フランスに留学しグッチのパリ店に勤務。大学卒業後、ソフトバンク・ヒューマンキャピタルに入社。メディア事業本部営業マネージャーを経て東京ガールズコレクション通販サイト運営に携わる。その後、「ライフスタイルアクセント」を設立。ECサイト「ファクトリエ」を開設。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ