名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田政弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田政弘のプロフィール

山田政弘、やまだ・まさひろ。日本のコンサルタント。神奈川県出身。大学卒業後、国内大手信託銀行の財務アドバイザリー、米系大手経営コンサルティングファームの経営コンサルタント、国内ITベンチャーの事業企画室長・マーケティングディレクターなどを務めたのち、様々な業種の企業の再生プロジェクトに携わっている。主な著書に『数字を使ってしゃべれるようになるトレーニングブック』『エッジワーキング』『よくわかる!ソーシャル・ネットワーキング』ほか。

山田政弘の名言 一覧

数字で検証可能なのにそれをしないのは、落とし穴に自らはまりに行くようなものです。


自分の仕事を数字に置き換えて棚卸ししてみてください。仕事のやり方はルーティンになりがちですが、数字で置き換えてみることで、仕事のやり方の無駄がわかり、とるべき方策も見えてきます。


数字の役割とは「大きさや距離を測ること」です。勘や経験に頼ってきたことも数字で測れば明確になり、「何をすればどれだけの効果があがるか」が読めるので、仕事も楽になります。


売上や対前年比などの数字はあくまで現状を把握する材料にすぎません。その数字を起点に原因を検証し仮説を立て、対策を考えて初めて数字の意味が出てきます。その作業こそが、数字を使ってビジネスパーソンがするべき仕事なのです。


仕事で実際に必要な数字力というのは、実はそれほど高度なスキルではありません。会話で使うのもざっくりとした数字で十分です。


数字力には決算書を読み解くことももちろん含まれますが、最初からそのレベルを目指す必要はありません。まずは自分の仕事に直結する数字をしっかりおさえることから始めましょう。


数字を使えないデメリットとしてまず挙げられるのは、説得力のある話ができないということです。たとえば自社製品を紹介する場合、「このシステムで入力作業を効率化できます」と言うより、「導入したA社では、コストが10億円から5億円に減りました」と言った方が納得してもらえるのは明らかです。数字という事実を使った説得力、交渉力がなければ気づかないうちに大きな損をする可能性は高いといえます。


山田政弘の経歴・略歴

山田政弘、やまだ・まさひろ。日本のコンサルタント。神奈川県出身。大学卒業後、国内大手信託銀行の財務アドバイザリー、米系大手経営コンサルティングファームの経営コンサルタント、国内ITベンチャーの事業企画室長・マーケティングディレクターなどを務めたのち、様々な業種の企業の再生プロジェクトに携わっている。主な著書に『数字を使ってしゃべれるようになるトレーニングブック』『エッジワーキング』『よくわかる!ソーシャル・ネットワーキング』ほか。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

私たちはなぜこんなに大きな脳を持っているのか。それは、経験や学習によって自分を変えていくためです。遺伝で決まっていることだけで生きていくならカエルやハエと変わりません。遺伝で決まっているデフォルトからどれだけ乖離できるか、どれだけ羽ばたくことができるか。そのために脳があるのです。


江幡哲也

「顧客の課題を解決したい」「あなたの役に立ちたい」という軸さえブレなければ、たいていの人はそれで口を開いてくれるものです。そうした努力と提案を繰り返していくことで、会話も人間関係も続いていくものではないでしょうか。


藤田晋

あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。


近藤史朗

現場で起こっていることは、ひとつひとつが生き物です。現場については、やはり現場の人が一番よく知っています。


泉谷直木

社内外を問わず、ほかの分野では私より優れた能力を持つ人はたくさんいる。私は全能の神ではないので、様々な能力を持つ人から話を聞き、学び続けなくてはならない。


石渡美奈

正直に言うと、「部下にやる気を出させる」というのは無理だと思います。社員はみな自分の意思をもった大人ですから。「やる気を出させる」という発想は傲慢ですし、そんな姿勢で接したら社員は嫌がるでしょう。私が考えているのは、やる気とかモチベーション云々ではなく、社員が安心して働ける環境を作ること。そうすることによって社員一人ひとりの成長にかかわらせてもらっているんだ、という意識ですね。モチベーションはあくまでも自発的なものです。安心して働ける環境を作れば、自然とやる気は出てくると考えています。


田村次朗

交渉の事前準備はまず、ビジョンの設定だ。ビジョンとは、目先の合意目標ではなく、交渉の成功によって実現されるべきものである。たとえば価格交渉であれば「新しい商品を世に送り出すことによって社会に貢献する」といったビジョンが考えられる。なぜビジョンを考える必要があるかと言えば、目先の合意目標に双方の視点が固定されると、交渉は必ず暗礁に乗り上げるからだ。


片岸茂

ノート事業に参入したとき、当社は倒産の危機に瀕しました。最後はなけなしの金でテレビCMを打つしか手がなくなりました。しかし、当社の希望であったテレビアニメ「みなしごハッチ」の枠は既に押さえられており、空いているのは昼のメロドラマ。番組名は「女のうず潮」です。あまりに親和性がなかったのですが、これが大当たり。ドラマを見ていた母親の目に留まり、当社の学習帳の指名買いが一気に広まったのです。私の主観ですが、文具店の方々の気を惹きつけることにも成功したのではないかと思っています。


山崎武也

得意なことはかりやっていても、人は成長しない。不得意なことや難しいことにあえて挑戦することで、自分の器は大きくなる。


川邊拓己

当社のメンバーは医者と基礎研究者で構成されています。つまり基礎研究力があり、かつ臨床の現場を知っている。しかもすべてのパイプラインが自分たちで作りだしたものです。そこが最大の強みです。


高島徹治

資格試験の勉強で大切なのは、勉強を楽しむ意識に切り替えることです。試験勉強は受験以来、という人も多いでしょう。そして大半の人には、「勉強は辛いもの」という意識が染みついているはずです。まずはその思い込みを捨てることから始めましょう。たとえば、お気に入りのカフェや休日の図書館など、居心地のいい場所を見つけてそこで勉強すれば、気分よく進められます。また、そもそも社会人の勉強は、机の前で行なう必要すらありません。私は中小企業診断士の勉強をしていた際、資格スクールで授業を受けたあとに居酒屋に立ち寄り、一杯飲みながら復習することを楽しみにしていました。


新浪剛史

ローソンの経営は地方分権です。地方の支社が独自の判断で意思決定を行い、収益に責任を負っています。そのためには一人一人に経営方針を理解してもらう必要があります。対話にはコストがかかります。私もしんどい。しかし、地域を熟知する支社がフル稼働すれば、融通の利かない中央集権より、よっぽど効率的な組織になるのです。