名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田善久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田善久のプロフィール

山田善久、やまだ・よしひさ。日本の経営者。ドーナツチェーンのネインジャパン社長。京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。ハーバード大学大学院でMBAを取得。ゴールドマン・サックス証券社員、楽天常務、楽天トラベル社長などを経て、ドーナツ専門店「Neyn」を創業した。

山田善久の名言 一覧

とにかく楽しい。モノがまずくても僕のせい。モノが売れなくても僕のせい。サッカーでいうと、オーナーや監督やコーチでなく、プレーヤーなわけです。考えてみれば、自分の足でボールを蹴るプレーヤーとしての仕事は初めてでした。
【覚書き|証券会社やIT企業で活躍したのちドーナツ屋を始めたことについて語った言葉】


一から十まで、自分でできるユニークなことがやりたかった。アメリカンタイプじゃない、しかもパティシエがきちんと作り込んだドーナツは面白いんじゃないかと思ったわけです。ドーナツならゆくゆくは世界展開も考えられますから。
【覚書き|証券会社やIT企業で活躍したのちドーナツ屋を始めた理由について語った言葉】


なぜ楽天を辞めたか?うーん。ある種の達成感は得てしまったということでしょうか。自分のやったことを新聞で見ても、こんなものかと感じました。僕自身は、マスコミに取り上げられるのも、証券会社にチヤホヤされるのも好きではありませんでした。
【覚書き|創業期から楽天に関わり、同社の成長に大きく貢献したのち、楽天を辞めた理由について問われたときの返答】


興銀は大好きでしたし、本当に悩みました。でも、当時ロンドン支店にいて、日本のバンカーが世界では各下に見られているのが悔しかった。そこで、思い切ってアメリカの金融のど真ん中に飛び込もうと考えました。
【覚書き|日本興業銀行からゴールドマン・サックスへ移ったときを振り返っての発言】


山田善久の経歴・略歴

山田善久、やまだ・よしひさ。日本の経営者。ドーナツチェーンのネインジャパン社長。京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。ハーバード大学大学院でMBAを取得。ゴールドマン・サックス証券社員、楽天常務、楽天トラベル社長などを経て、ドーナツ専門店「Neyn」を創業した。

他の記事も読んでみる

矢頭美世子

主人(創業者・矢頭宣男)が亡くなって「カリスマ社長がいなくなった会社はつぶれる」「やずやはこれで終わりだ」という声が周りから聞こえてきました。でも、社員は誰一人として辞めませんでした。パートさんまでが「社長、自分で全部背負わないでくださいね」と言ってくれた。これは後から知ったことですが、「全員で頑張っていこう」と決起大会まで開いてくれたそうです。今度はこの社員たちと一緒に夢を語り合いながら、人生を送っていこうと決心がつきました。


村岡恵理

良い本との出会いはきっと良い友との出会いに等しい。人生には良い友をたくさん持ちたいものだ。


石黒不二代

社会がどのように変化し、変容していくのか、遠い将来はわかりません。本当は末永くインターネット全般に関わりたい。ですから、インターネットを使ったクライアント・サービスが軸という中核だけは変えずに、事業内容は時代に合わせて変容させていくつもりです。


兼元謙任

漠然とした不安や期待でお金を使わないことが大事です。有料の交流会なども、「人脈づくりのチャンスがあるかも」程度ならパスすべきです。お金を出していいのは、たとえば「TOEICで何点を取れればこのポストにつけて、給料がいくら上がる。だから教材費にこれだけかけても採算がとれる」というように、明確にいえる場合だけです。


石川誠(医師)

新たな試みを始める際に大事なのは、あせらず「待つ」こと。腹に落ちる前にせかすと結果も出にくい。


谷正人

個人的に「友達だからやるよ」というアパレル業界の内輪なノリが嫌いで。やはりビジネスで繋がった関係はお互いビジネスである程度まで成功しないと全く意味がないですし、ビジネスで成功したからこそ親密な関係になる。そのためしっかりお互い成果を出すために、時には厳しい意見も提案します。その変化によって更に売れるようになったブランドもあるので、そういった厳しさを持つことは必要です。


海老一宏

人間の能力は一様なものではありませんし、長所も一つではありません。いくつかの能力や人格的な長所が合わさって、オンリーワンの武器が明らかになることもあります。


澤田秀雄

しばらくの間、足を鎖につながれていた象は、鎖を外しても、今までの行動範囲より外へは出ようとしないそうです。動物は一定の動きが習慣化すると、「自分はこれしかできない」と思い込むようになる。いったん身についた習性や固定観念は、なかなか変えられないということです。だから、毎日会社と家を往復するだけでなく、その枠の外へ出て、経験値を高め、視野を広げてほしい。


笠井伸啓

かつて電気工学や電子工学といえば大学でも花形でしたが、残念ながら現在は学生の人気も下がり、なかなか優秀な人材が育たなくなってきています。また、こうした学科を卒業したとしてもIT企業や銀行などに就職してしまうことが多く、電気・電子系の会社に学生がなかなか集まりません。そこで、短期的な利益を見込むのではなく、長期的に日本社会に貢献して優秀な人材の育成を支援しようと、大学の研究室に当社の高性能デジタル・オシロスコープを寄贈して研究に役立ててもらうために「デジタル・オシロスコープ寄贈プロジェクト」を開始しました。さらに、優秀なレポートを執筆した学生5名をドイツのミュンヘンにあるローデ・シュワルツ本社に招待して、最先端の技術開発を担当するエンジニアとの交流を通じて刺激を与えたいと考えています。


櫻井英明

投資は森を見るのではなく木を見るのが基本。全体は冴えなくても個別株には非常に優秀な成果をあげる株が出てきています。


三浦知良

日々の目標に向かって努力する先に、夢の実現があると思います。今日を頑張り抜く、今日を乗り越えていくことしか考えていません。


大宮久

今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事。既にある分野に参入していけば取り合いになるだけですから。