名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田匡通の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田匡通のプロフィール

山田匡通、やまだ・まさみち。日本の経営者。「三菱証券」「イトーキ」会長。慶應義塾大学卒業後、三菱銀行に入行。ハーバード大学経営学部大学院でMBAを取得。取締役、常務、専務、三菱証券会長、イトーキ取締役、会長などを務めた。

山田匡通の名言 一覧

一人一人の活動は全体のための活動であって、同時に自分たち一人一人に跳ね返ってきてハッピーにならなくてはいけない。それが企業という制度の目的でもある。


もともと企業というのは一人で多くの人と価値を共有するために生まれたものです。だから最初から企業は社会と一体のものなんです。


結局、お客様がハッピーになって初めて企業がハッピーになる。これは本質的に一つの世界ということです。


みんなが新しい働き方を実践して、新しい考え方で、新しい価値が創造され、革新が生まれる。それを実践できるものを提供しよう。


心と体は一体であり、それが健康な命のベースにある。


探せば投資が行われている分野がある。


海外需要を掘り起こすには、地場に入り込んでいくことが重要。


中国の市場は中国人に任せなくては駄目。今までのように日本人が主体となってやっていたのでは伸びない。日系の進出企業の需要だけをこなしているだけで、13億人の市場には入れない。


まず働く環境としては、人がそこに行ってそれ自体でワクワクする空間であること。今までの会社のオフィスと言うと、決まったところに机が並んでいて決まったところで仕事をしていました。それとは全く違った環境で、人が集まり、精神が解放され、自由な論議ができ、いろいろな発想やひらめきがでてくるような雰囲気の空間を作ります。そのために、最先端のデザイン性を備えたインテリア設計を行っています。


日本はこれから労働人口がどんどん減っていきますから、一人あたりの生産性を高めなくてはいけないということで働き方改革のような話が盛んに出てきています。そのために時間外労働を減らしたり、労働環境を良くすることはもちろん大切ですが、働く人たちの求める価値観や、そのためのやり方自体を見直していくことも必要だろうと思うのです。その新しい働き方を実践できる場所を提供しようというのが我々の新しいビジネスです。


他人と自分とは本質的に一つであるいうことを踏まえて活動する。これが「マインドフィットネス」の一つのベースです。自分の心をこれにより静めていくと、自分の心が非常に集中力が増して強靱になると同時に、自分と他人のあいだの垣根が薄まっていくのです。一体感が生まれてくる。そこに本当の意味での創造性と革新性が生まれるのです。この考えを私が米国のビジネスパートナーに話すと理解できると言って共感してくれるんです。世界に共通する考え方だと確信いたしました。


私は現在、三宝禅の管長を務めていますが、実践については、私も指導にあたることになっています。私は禅の指導でよく、「強い心、きれいな心、暖かい心が大事だ」というふうに言っています。いま世の中は自分の利益だけを求める世界になりつつありますね。でも社会というのは本質的に一つの存在だと考えています。これは禅の考えがベースになっています。人間で言うと一つの体と同じです。体は全て繋がっていて決して手だけ、とか足だけ、という世界はありません。だから利益や幸福を追求するなら全体を見なくてはいけないのです。こうした一体性を前提にして、我々は行動しなければいけません。自分の利益だけではなく、絶えず社会全体のために我々の活動はあるべきだという発想です。


セールスフォース・ドットコムという先端IT企業があります。その本社に何度か行ったことがあるのですが、各フロアには瞑想のコーナーが設けてあって、そこは障子のようなもので仕切られていて、座布が置いてあり、座禅を行えるようになっているんです。実際には座禅という言葉は使っておらず、マインドフルネスと言う言葉で瞑想を表現しています。彼らは瞑想が創造性と革新性を高める効果があるということを認識して実施しているのだと思います。そこで、我々も、この分野に興味のある米国パートナーと組んで、オフィス空間の中に瞑想をベースとしたスペースを設け、創造性と革新性を発揮できるようなビジネス環境を提供することを考えているんです。このためにグローバルツリーハウスという会社をつくりました。


山田匡通の経歴・略歴

山田匡通、やまだ・まさみち。日本の経営者。「三菱証券」「イトーキ」会長。慶應義塾大学卒業後、三菱銀行に入行。ハーバード大学経営学部大学院でMBAを取得。取締役、常務、専務、三菱証券会長、イトーキ取締役、会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

次に向かうには、スパッと気持ちを切り替えるに限る。でもそのために特別なことをする必要はないんだ。普段自分を磨くためにやっていることを、当たり前のようにやってみればいいだけのこと。


高橋尚子

自分で選んだ道だからこそ、今、何の後悔もなく、前を向いて歩いてこられたと思っています。


大橋博(教育者)

自分が一生懸命にやれば子どもも一生懸命になる。それで子どもが成功すれば、こちらももっと頑張ろうと思う。そうやって、夢中で子どもたちと接していた。
【覚え書き|教育者になるきっかけとなった家庭教師時代を振り返っての発言】


塩原正也

ICTベンチャーには営業専門職の社員を持たない会社が多い。しかし、お客様のニーズをしっかりと引き出すには営業部隊が必要です。当社は営業力と技術力の2枚看板に、「よろず対応」というオプション付きでお客様のニーズに対応していきます。


匠英一

自分は人を見分ける力があると自信のある人ほど、じつは騙されやすい。高学歴で多少知識があるというような人ほど、自分の判断が間違っていてもそれを認めようとしない。いろんな理屈をつけて自己正当化して事実を捻じ曲げてしまうことが多いのです。


柳井正

今は、世界中の人と競争していかなければならない時代です。ただそれは同時に、「世界中の人にチャンスがある」ということでもあります。今は、ネットなどを通じて、世界中とつながることもできます。その中で日本の若い人に、もっと活躍してほしいと思っています。


岡野雅行(岡野工業)

中途半端に面白いとか、真面目だとかってのが一番いけない。中途半端を突き抜けるには演出だ。これは間違いない。「岡野さん?根っからの職人気質っていうか、とびきりの偏屈だね。でも、仕事はきっちりする。腕のほうもとびきりだよ。それは俺が保証する」担当者の説明がうちの宣伝になってるんだ。変わり者って言われるような人間じゃなきゃ駄目なんだ。変わってるから、人と違う発想ができるんだし、人と違うものが作れるんだ。


能町光香

自分がこんなにしてあげたのに、と思う時点で気配りではありません。ただの自己満足です。相手ありきの気持ちで貢献してこそ、いつの日かミラクルのようなテイクがあるものですよ。


定保英弥

いろいろな目的を持った、いろいろな立場のお客様をお迎えできる点が我々の強み。


中原淳

問題を指摘したとき、部下が支離滅裂な言い訳を始めたり、開き直ったりすると、こちらもだんだんと腹が立ってきて、感情的になりがちです。すると、相手も感情的になって、話を聞き入れなくなる。感情を入れずに静かに話したほうが、相手もなんとなく怖さを感じて、落ち着いて話を聞いてくれます。


楠木建

「これからは時代が変わる。従来のやり方は通用しない」というもの言いは、何もいまに限ったものではない。試しにビジネス誌のバックナンバーをチェックしてほしい。おそらく毎年、「いまこそ激動期!」と読者を煽っているはずだ。もっと遡ってもいい。過去1800年くらいの間、「いまこそ安定していて楽な時代」という理解が世の中に定着していたときはない。大変だと感じているのは、いまのあなただけではない。生きるとは、そもそもそういうことなのだ。


荒蒔康一郎

上に行くほど動揺してはいけないし、心の悩みを表に出してはいけないと思います。