山田匡通の名言

山田匡通のプロフィール

山田匡通、やまだ・まさみち。日本の経営者。「三菱証券」「イトーキ」会長。慶應義塾大学卒業後、三菱銀行に入行。ハーバード大学経営学部大学院でMBAを取得。取締役、常務、専務、三菱証券会長、イトーキ取締役、会長などを務めた。

山田匡通の名言 一覧

一人一人の活動は全体のための活動であって、同時に自分たち一人一人に跳ね返ってきてハッピーにならなくてはいけない。それが企業という制度の目的でもある。


もともと企業というのは一人で多くの人と価値を共有するために生まれたものです。だから最初から企業は社会と一体のものなんです。


結局、お客様がハッピーになって初めて企業がハッピーになる。これは本質的に一つの世界ということです。


みんなが新しい働き方を実践して、新しい考え方で、新しい価値が創造され、革新が生まれる。それを実践できるものを提供しよう。


心と体は一体であり、それが健康な命のベースにある。


探せば投資が行われている分野がある。


海外需要を掘り起こすには、地場に入り込んでいくことが重要。


中国の市場は中国人に任せなくては駄目。今までのように日本人が主体となってやっていたのでは伸びない。日系の進出企業の需要だけをこなしているだけで、13億人の市場には入れない。


まず働く環境としては、人がそこに行ってそれ自体でワクワクする空間であること。今までの会社のオフィスと言うと、決まったところに机が並んでいて決まったところで仕事をしていました。それとは全く違った環境で、人が集まり、精神が解放され、自由な論議ができ、いろいろな発想やひらめきがでてくるような雰囲気の空間を作ります。そのために、最先端のデザイン性を備えたインテリア設計を行っています。


日本はこれから労働人口がどんどん減っていきますから、一人あたりの生産性を高めなくてはいけないということで働き方改革のような話が盛んに出てきています。そのために時間外労働を減らしたり、労働環境を良くすることはもちろん大切ですが、働く人たちの求める価値観や、そのためのやり方自体を見直していくことも必要だろうと思うのです。その新しい働き方を実践できる場所を提供しようというのが我々の新しいビジネスです。


他人と自分とは本質的に一つであるいうことを踏まえて活動する。これが「マインドフィットネス」の一つのベースです。自分の心をこれにより静めていくと、自分の心が非常に集中力が増して強靱になると同時に、自分と他人のあいだの垣根が薄まっていくのです。一体感が生まれてくる。そこに本当の意味での創造性と革新性が生まれるのです。この考えを私が米国のビジネスパートナーに話すと理解できると言って共感してくれるんです。世界に共通する考え方だと確信いたしました。


私は現在、三宝禅の管長を務めていますが、実践については、私も指導にあたることになっています。私は禅の指導でよく、「強い心、きれいな心、暖かい心が大事だ」というふうに言っています。いま世の中は自分の利益だけを求める世界になりつつありますね。でも社会というのは本質的に一つの存在だと考えています。これは禅の考えがベースになっています。人間で言うと一つの体と同じです。体は全て繋がっていて決して手だけ、とか足だけ、という世界はありません。だから利益や幸福を追求するなら全体を見なくてはいけないのです。こうした一体性を前提にして、我々は行動しなければいけません。自分の利益だけではなく、絶えず社会全体のために我々の活動はあるべきだという発想です。


セールスフォース・ドットコムという先端IT企業があります。その本社に何度か行ったことがあるのですが、各フロアには瞑想のコーナーが設けてあって、そこは障子のようなもので仕切られていて、座布が置いてあり、座禅を行えるようになっているんです。実際には座禅という言葉は使っておらず、マインドフルネスと言う言葉で瞑想を表現しています。彼らは瞑想が創造性と革新性を高める効果があるということを認識して実施しているのだと思います。そこで、我々も、この分野に興味のある米国パートナーと組んで、オフィス空間の中に瞑想をベースとしたスペースを設け、創造性と革新性を発揮できるようなビジネス環境を提供することを考えているんです。このためにグローバルツリーハウスという会社をつくりました。


山田匡通の経歴・略歴

山田匡通、やまだ・まさみち。日本の経営者。「三菱証券」「イトーキ」会長。慶應義塾大学卒業後、三菱銀行に入行。ハーバード大学経営学部大学院でMBAを取得。取締役、常務、専務、三菱証券会長、イトーキ取締役、会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡部恒郎

仕入れ先が限定的であったり、大企業の完全下請けで先方の都合一つで売上げが左右されるような企業は、価格の決定権を持たず、常に他社依存のリスクを抱えている。


柵山正樹

景気変動の影響を受けにくい事業と、受けやすい事業のバランスが重要。


永守知博

(富士通を2年で辞めたのは)つまらないというより、サラリーマンの世界で上にいくのは無理だなと思いました。組織の歯車という表現はサラリーマンを揶揄するときに使われますが、歯車になれる人は優秀なんです。欠けていると歯車になれないですから。私はそこまでたどり着けないなと。


松岡修造

「休む」と言うと、性格的に頑張り屋な人にとっては「怠けていることになるんじゃないか」と不安に思うかもしれません。一方で、怠け癖のある人なら、これ幸いとすぐに休んでしまうでしょう。この休みは必要な休みなのか、それともただの怠慢なのかを正しく見極めるとともに、このような場合に自分がどのような行動を取りがちなのか、自分の性格や行動のパターンを知っておくことが大切です。


佐々木常夫

上司に報告・相談する時は、必ず文書で持っていくこと。人間というのは、事前に予告されると安心するんですよ。私は営業部の課長をしていた時に、部長に2週間に1度、30分間のアポイントを求めていました。部長が最も余裕のある日時を選んで、定期的に報告と相談をしていた。これ、ほとんどの人はしていませんね。アポを取る際は、必ず用件を文書にして出しました。


岩田松雄

20代後半の頃、自宅の近くに、ハンバーガーチェーンA社と、B社の店舗がありました。ほぼ同じ商品、時給なのに、片方はスタッフが楽しそうに働き、片方は嫌そうに働いている。なぜ店員さんのやる気に差があるのか?これがまさしくマネジメントの差であると気づいて経営に興味を持ち、後にMBA取得を目指したのです。


三宅宏実

これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。


猿丸雅之

国によってもニーズは違いますし、極端に言うとお客様ごとに違います。お客様の一つずつの要望にお応えすることが一番。


佐藤富雄

私は本番に弱いという思い込みが強いと、実際土壇場でテンパってしまいます。この思い込みを否定する言葉を口にして、脳に強いメッセージを送る必要があります。ひとりで静かに集中し、肩の力を抜いて「今日もいい日になるぞ」「余裕を持とう」などの言葉を繰り返します。ひどく緊張してしまっているときには、「さあ、クールダウン」と3、4回繰り返すと、本当にクールダウンし、落ち着くことができます。


吉田知明

どうせ働くなら、仕事は楽しい方が良いに決まっています。一人の人間として充実した生活を送ることができ、明るい将来像を描ける会社にしていきたい。


山田英二(コンサルタント)

ビジネスの土着化には、既存製品の海外営業や現地生産とはアプローチがまったく異なる。まったく新しい事業を始めるくらいの意気込みで、長期的展望を持ち、慎重かつ粘り強く取り組む必要がある。


中村栄輔

勉強し続けることしか自分を高める方法はない。勉強しようとする姿勢があるからこそ、助言をいただけますし、励ましの言葉も頂戴できる。


金子高一郎

本業に如かず。一にも二にも本業でしっかり儲けるということに尽きる。


下園壮太

人間は気になる問題があるとき、その原因を突き止めて排除するよう、情報を集め、複数のシミュレーションを比較検討します。しかし、情報には際限がないので、見落としがないかと気をつけながら調べるうちに、不安の可能性のバリエーションがどんどん増えていきます。つまり、結果的に不安を煽ってしまうのです。


浅野ヨシオ

企画を通したい、仕事につなげたいときのメールは、ギラギラさせないのが鉄則。あからさまに「企画を通してください」と書いてしまうと、相手は引きます。まずは、メールのやりとりが自然にできるような関係をつくりましょう。


ページの先頭へ