名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田勝次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田勝次のプロフィール

山田勝次、やまだ・かつじ。東陶機器社長。旧制長崎高等商業学校(現:長崎大学経済学部)卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。経理・営業畑の役職を歴任し社長・会長を務めた。東陶を国際化し、総合住宅機器大手メーカーへ成長させることに貢献した経営者。

山田勝次の名言 一覧

ハードが基礎にあって、それでソフトができる。ソフトだけやってればいいとなると、何か危ない感じがする。


山田勝次の経歴・略歴

山田勝次、やまだ・かつじ。東陶機器社長。旧制長崎高等商業学校(現:長崎大学経済学部)卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。経理・営業畑の役職を歴任し社長・会長を務めた。東陶を国際化し、総合住宅機器大手メーカーへ成長させることに貢献した経営者。

他の記事も読んでみる

勝海舟

藤田東湖は、俺は大嫌いだ。あれは多少学問もあり、議論も強く、また剣術も達者で、ひとかど役に立ちそうな男だったが、本当に国を思うという赤心(嘘偽りのない真心)がない。もしも東湖に赤心があったら、あのころ水戸は天下の御三家だ。直接に幕府へ申しいづればよいはずではないか。それに何ぞや、書生を大勢集めて騒ぎまわるとは実にけしからぬ男だ。俺はあんな流儀は大嫌いだ。【覚書き|藤田東湖は水戸藩の藩士。水戸学学者。幕末の尊王攘夷論に大きな影響を与えた人物】


小林健(三菱商事)

人は自ら育つ。育てられた人って、あまり見ないですよね。


和才博美

中国の兵法家、孫子の言葉に「兵に常勢なく、水に常形なし」というものがあるのですが、これは決まった形を持たない水のごとく、兵を動かす際は一定の戦術にこだわらず柔軟に考えるべきである。つまり、先入観にとらわれすぎてはいけないと説いているのです。


佐藤琢磨

F1で1番になるには、10年近いキャリアが必要だと思いました。当時は37~38歳で引退する選手がほとんどで、ピークは25~35歳。自分の夢も必然的にその年齢でF1の舞台に上ることになりました。F1で優勝するレーサーは、飛び級のようなルートでステップアップする例が多く、憧れていたセナもブラジルから渡英し、英国F3を制してF1に上がっていた。僕も彼と同じように英国F3を制することを目標にしました。それも何年もかけるのではなく、2年で制覇して、圧倒的なインパクトを周りに与えたいと思いました。そのためにもF3に上がるまでを逆算し、渡英して1年半はジュニアカテゴリーに参戦して、土台を作るための修業期間だと考えました。


真藤昌瑳熙

部下に仕事を任せられない問題のほとんどは、本人のマインドセットに原因があります。多くの上司は「自分でなければこの仕事はできないから、部下に任せられない」と口にしますが、本当は「仕事を多く抱えることで自分を重要な存在だと思いたい」「部下が自分よりも成長すると、立つ瀬がない」という「無価値感」への恐怖があるのです。


蜷川幸雄

帝国劇場で「ハムレット」を演出したときは、朝日新聞に酷評された。批判されることは問題ないけど、論拠がおかしかったんだ。そのくせつまらない作品はほめてるし。そこで僕は「ニナガワ新聞」という反論を書いた新聞を発行して劇場ロビーに貼ったんだ。朝日数百万部VS壁新聞1部のケンカだよ。不当な権威には抗う。そんな態度が一貫してある。


赤塚保正

どこの企業でもきちっとした適正な利益をとっていかなくてはいけません。過大な利益を取ろうと思うから、偽装問題のようなことが起こると思います。


寺町彰博

私はかなり前から、民生用ロボットが産業用ロボットを超えると言ってきましたが、ここにきて民生用市場が大きく伸び、私の言ったことが現実になろうとしています。これもお客様の声を聞くことで見えてきたことです。


鈴木喬(経営者)

スピーチはポイントを3つに絞る。3つ以上になると、言われたほうも言うほうも忘れちゃう。本当はワンポイントだけで完結するのが、メッセージとしては一番響きますよね。大体、普通の人間が集中して話を聞ける限界は15分ぐらい。あとは眠くなっちゃう。


了徳寺健二

昨今でも単純なミスで起こった医療事故は後を絶ちません。けれども、私達は今から30年以上前に年間70万人の延べ患者様に医療ミス0を続けていました。その源泉はレントゲン撮影・読影から薬の処方、また、薬剤の発注納品その他ほとんどの作業がマニュアル化され、トリプルチェックされてミス防止を徹底していたのです。


金川千尋

企業のトップは最終責任者として、決断をしなければならない。私は長年社長をやりましたが、いつもその場ですぐに決断してきました。


津谷正明

本社にイノベーションセンターを立ち上げました。メーカーは技術重視になりがちです。同センターでは中央研究所や知財部門と連携して、製品売りとサービスを組み合わせたソリューションビジネスなど、新たな価値を提供したい。