名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田佳臣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田佳臣のプロフィール

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

山田佳臣の名言 一覧

自分で発案して、自分でぶつかっていく。そういう仕事に就けば、否応なしに自分を広げざるをえなくなります。


30代で人生一区切り終ったなという気持ちで臨んでいました。いざとなれば、新神戸にあった女房の実家を建てなおして、旅館か何かをつくって、そこのオヤジでもやろうかと思っていました。
【覚書き|国鉄分割民営化の時期を振り返っての発言。氏は当時民営化を支持したことで上司から恫喝を受けていた】


鉄道会社の経営はバトンタッチです。いまやれることを徹底してやって、次につなげていく。その繰り返しです。「俺は何をやった」などと言い出すようになったら、鉄道経営者としてはおしまいです。


恐ろしいですよ。はっきり言って恐ろしい。国鉄の愚を繰り返さないように、ギリギリの限度を定めて試算をしています。
【覚書き|東京大阪間のリニア計画について語った言葉。莫大なキャッシュフローを稼ぐJRでも大きな負債を抱えることになるため、リニアの計画には細心の注意を払っているという趣旨の発言】


株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


例えば米国がリニアを導入すれば、我々と一緒にやってきた車両メーカーは安くていいものが作れるようになる。周辺が活気づくことで、我々もメリットを受けることはあります。


僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


人間が作ったものは絶対にどこかで不具合が出てきます。ただ、我々の役割を考えると、「1カ月休んで補修します」ということは絶対に許されません。もしそんなことを言ったら、「前から分かっていたのに、どうして準備をしてこなかったんだ」と大きな非難を浴びるでしょう。だからこそ、とにかく元気なうちに将来に備えなくてはならない。


例えば最新の安全装置ができて、東京~大阪間に入れる場合に、いったん止めることはできませんから、毎日新幹線を動かしながら導入しなくてはなりません。そうなると、手を入れられるのは夜中しかない。年間365日、夜中の限られた時間にちょこちょこと手を加えていく。つまり何かをやろうとすれば、数年がかりなんです。すべてが息の長い話になり、バカみたいに先のことを考える必要があるわけです。駅伝みたいな気持ちで経営していますね。


山田佳臣の経歴・略歴

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

矢部太郎

コントロールできないものがあることで可能性が広がる感じはしますね、いろんな面で。僕も、そういう状況に行くことが好きかもしれない。


諸富祥彦

偶然をうまく取り込んで人生を変えた人は皆「肯定的な返事」をしている。行動しなければ、何も変わらないですからね。


工藤公康

武器を手に入れてもコンディションが悪くては宝の持ち腐れ。結婚を機に体質改善で、遊びも食事も控えて、肝臓を9年かけて治した。そうしたら、翌年16勝をあげることができた。


安田佳生

「失敗は成功の母」と言いますが、「成功は失敗の途中」とも言えます。失敗だけするのも難しいし、成功だけするのも難しい。人間は「ただ今、成功中」と「ただ今、失敗中」を多分ずっと繰り返している。


楠木建

好き嫌いは自己選択であり、誰かに強制されるものではない。好き嫌いで自分のキャリアをつくっていけば、選んだ道がタフであっても、明るく疲れることができる。環境を嘆いてブツブツ文句を言うより、そのほうがずっと楽しい人生になる。


上野金太郎

六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」も設立当初から会員の方にメールをお送りしており、今週は浴衣イベントをやります、来週はバーベキューをやります、再来週はどこそことコラボやりますと、絶え間なくイベントを打っていますが、お客様の反応は「次は何やるの?」です(笑)。顧客をつなぎ止めるためには、ポジティブなサプライズの連打が絶対に不可欠だということです。


孫正義

ソフトバンクが何をしようとしているかというと「ネット財閥」というのを考えているんです。明治維新のころに日本は農耕社会から工業社会へ変わりました。このとき新しい時代がそれまでと何が違ってどういう方向に行くのかを一番理解していた岩崎弥太郎や渋沢栄一といった人たちによって財閥が生まれたのです。僕は財閥が日本の近代化に果たした役割、産業界に果たした役割はものすごく大きいと思っています。


樋口廣太郎

停滞しているときこそ、足元には変化の胎動が生まれ、チャンスが芽生えているものです。前途を悲観せず、変化を見据えて逆境をチャンスに変えること。それこそ、企業のトップの役割ではないでしょうか。


大室正志

日頃から自分の状態に気を配り、意識して休憩を取るよう心がけることが、持続的にパフォーマンスを発揮することにもつながります。徹夜など無理をして長く働くことが美徳とされる風潮も、今後は徐々に変わっていくと思いますね。


佐藤孝幸

早朝に勉強し続けるためには、早く寝ることも大切です。睡眠時間が足りないと、能率が上がりませんし、毎日続きません。早く寝るためには、仕事のタイムマネジメントもしっかり行ない、残業をしないことが不可欠。


田中耕一

重要なのは、様々な視点を持つ人たちによる「異分野融合」です。たとえば今、家電メーカーなどが介護サービス事業に進出しています。島津製作所もアルツハイマー病変の早期検出法を確立しましたが、介護業界の人たちと一緒になれば、重度の要介護状態を防ぐためにはどんなことができるだろうかといった課題に対しても、意見が出てくるはずです。


藤沢晃治

一人でいくつもの仕事を抱えて、頭が混乱しそうな状態であっても、大局観をもつためには、自分が抱えている仕事の全貌を見渡せるようにすることが重要です。具体的には、仕事の項目を一覧にしたアクションリストを作成するのが効果的でしょう。まず、いま抱えている仕事の項目をすべて書きだしていくことです。そうして仕事の全体像を見渡したら、それぞれの仕事の優先順位を見極めていきます。