名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山田佳臣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田佳臣のプロフィール

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

山田佳臣の名言 一覧

自分で発案して、自分でぶつかっていく。そういう仕事に就けば、否応なしに自分を広げざるをえなくなります。


30代で人生一区切り終ったなという気持ちで臨んでいました。いざとなれば、新神戸にあった女房の実家を建てなおして、旅館か何かをつくって、そこのオヤジでもやろうかと思っていました。
【覚書き|国鉄分割民営化の時期を振り返っての発言。氏は当時民営化を支持したことで上司から恫喝を受けていた】


鉄道会社の経営はバトンタッチです。いまやれることを徹底してやって、次につなげていく。その繰り返しです。「俺は何をやった」などと言い出すようになったら、鉄道経営者としてはおしまいです。


恐ろしいですよ。はっきり言って恐ろしい。国鉄の愚を繰り返さないように、ギリギリの限度を定めて試算をしています。
【覚書き|東京大阪間のリニア計画について語った言葉。莫大なキャッシュフローを稼ぐJRでも大きな負債を抱えることになるため、リニアの計画には細心の注意を払っているという趣旨の発言】


株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


例えば米国がリニアを導入すれば、我々と一緒にやってきた車両メーカーは安くていいものが作れるようになる。周辺が活気づくことで、我々もメリットを受けることはあります。


僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


人間が作ったものは絶対にどこかで不具合が出てきます。ただ、我々の役割を考えると、「1カ月休んで補修します」ということは絶対に許されません。もしそんなことを言ったら、「前から分かっていたのに、どうして準備をしてこなかったんだ」と大きな非難を浴びるでしょう。だからこそ、とにかく元気なうちに将来に備えなくてはならない。


例えば最新の安全装置ができて、東京~大阪間に入れる場合に、いったん止めることはできませんから、毎日新幹線を動かしながら導入しなくてはなりません。そうなると、手を入れられるのは夜中しかない。年間365日、夜中の限られた時間にちょこちょこと手を加えていく。つまり何かをやろうとすれば、数年がかりなんです。すべてが息の長い話になり、バカみたいに先のことを考える必要があるわけです。駅伝みたいな気持ちで経営していますね。


山田佳臣の経歴・略歴

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林田英治

これまでのように作り手の論理で開発していては、お客様の求めるスピードについていけません。求められている技術を、開発の早い段階で把握する必要がある。


山元賢治

心得ておくべきなのは、「To Be(なりたい将来像)」に向かって直線的に進むことはできないということ。道筋は無数にあります。近づいているという実感が得られない、遠ざかっているように感じることも多いのです。ですから、「To Be」に近づかないからといって、気落ちしたり、焦ったりすることはありません。


心屋仁之助

職場に困った人がいる場合など、相手によって100%解決しないこともあるでしょう。しかし、もののとらえ方を変えていくだけで、あなたの心は随分軽くなるはず。


安田隆(経営者)

今後も「健康・家族・仕事・仲間」、この順番を間違えずに頑張っていこうと思います。


古賀良太

社員が楽しくないと、お客様に気持ちよくものを売れない。


櫻井孝宏

結局、ブームは狙ってできるものではないってことですよね。だって第1期のときもこの作品(『おそ松さん』)を面白い試みだと思っていたけど、ここまで人気が出るとは思っていなかったし。


浜田宏

素直な心で周りの声に耳を傾ければ向上心が高まり、知識・スキルが身につきやすいし、その姿勢を見て回りも、「コイツにいい環境を与えてやろう」「一皮むける経験をさせよう」と考えてくれるので、いろいろな体験を積むことができます。それで成長できたことに対して感謝の気持ちを抱けば、さらにエンジンが回って、成長のスパイラルが加速していきます。


森雅彦

統合のときにはCRM(顧客情報管理)のシステム統合や新製品の共同開発といった実務を先行させた方がいい。早期に統合効果を得られるからです。


福島祥郎

要所要所にセキュリティ要員を配置し、100名のCS担当者が問題に即座に対応できる体制を整えています。ただ、従業員の対応でトラブルは未然に防ぐことができる。そのためにキャストから積極的に声をかけていくようにしているんです。


泉谷直木

マーケットの変化はよく見なければならない。市場を分析して仮説を立てていく。その仮説に対して検証をしながらマーケティング戦略を打っていくということが大事。


澤上篤人

我々長期投資家は株価低迷時も逃げることなく、しっかり選別投資していた。ずっと買っていたから、とんでもない追い風を背に運用成績を一気に伸ばすことができた。


滝野一征

産業の中心に30~40年居続けるような、世界で勝負できる製品やサービスを作る会社に挑戦して欲しいですね。もちろん時間もお金もかかりますし、リスクも相当高い。でも、それこそ社会貢献になると思います。日本では起業すると言うと皆すぐゲームやアプリといった軽い産業に行きますよね。もちろん悪いとは言いませんが、それらが30年以上使われるのかは疑問です。