名言DB

9413 人 / 110706 名言

山田佳臣の名言

twitter Facebook はてブ

山田佳臣のプロフィール

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

山田佳臣の名言 一覧

自分で発案して、自分でぶつかっていく。そういう仕事に就けば、否応なしに自分を広げざるをえなくなります。


30代で人生一区切り終ったなという気持ちで臨んでいました。いざとなれば、新神戸にあった女房の実家を建てなおして、旅館か何かをつくって、そこのオヤジでもやろうかと思っていました。
【覚書き|国鉄分割民営化の時期を振り返っての発言。氏は当時民営化を支持したことで上司から恫喝を受けていた】


鉄道会社の経営はバトンタッチです。いまやれることを徹底してやって、次につなげていく。その繰り返しです。「俺は何をやった」などと言い出すようになったら、鉄道経営者としてはおしまいです。


恐ろしいですよ。はっきり言って恐ろしい。国鉄の愚を繰り返さないように、ギリギリの限度を定めて試算をしています。
【覚書き|東京大阪間のリニア計画について語った言葉。莫大なキャッシュフローを稼ぐJRでも大きな負債を抱えることになるため、リニアの計画には細心の注意を払っているという趣旨の発言】


株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。


例えば米国がリニアを導入すれば、我々と一緒にやってきた車両メーカーは安くていいものが作れるようになる。周辺が活気づくことで、我々もメリットを受けることはあります。


僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


人間が作ったものは絶対にどこかで不具合が出てきます。ただ、我々の役割を考えると、「1カ月休んで補修します」ということは絶対に許されません。もしそんなことを言ったら、「前から分かっていたのに、どうして準備をしてこなかったんだ」と大きな非難を浴びるでしょう。だからこそ、とにかく元気なうちに将来に備えなくてはならない。


例えば最新の安全装置ができて、東京~大阪間に入れる場合に、いったん止めることはできませんから、毎日新幹線を動かしながら導入しなくてはなりません。そうなると、手を入れられるのは夜中しかない。年間365日、夜中の限られた時間にちょこちょこと手を加えていく。つまり何かをやろうとすれば、数年がかりなんです。すべてが息の長い話になり、バカみたいに先のことを考える必要があるわけです。駅伝みたいな気持ちで経営していますね。


山田佳臣の経歴・略歴

山田佳臣、やまだ・よしおみ。日本の経営者。東海旅客鉄道(JR東海)社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)に入社。職員局職員課補佐などを務めたのち、国鉄分割民営化でJR東海に移籍。総務部勤労課長、人事部人事課長、総合企画部東京企画部長、秘書室副室長、人事部長、総合企画本部長、事業推進本部長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

何気なく話している方が多いと思うんですが、自分がよく使う単語の意味、その単語をどうして使っているのか、なぜその順番で話をしているのか、ということを考えてみるといいと思います。それを紙に書き出してみて、どうしたらよくなるのかということを単語にして書き出して行くっていうのも一つの手です。


小堺桂悦郎

「十分なお金が貯まれば、きっと不安はなくなるはず」と思うかもしれませんが、お金があると「失う不安」が生まれるのです。優良企業の経営者が、「このまま会社が続けられるかどうか心配なんだよ……」とつぶやくのを私は何度も聞きました。


鈴木泰信

「選択と集中」とよく言われますが、私は「集中と選択」と言っています。成長するにはまず集中すべきターゲットを定める。そして、集中できる組織に徹底的に再編していく。そうすればおのずと選択することになり、無駄を排した対応力の高い筋肉質の組織になっていきます。


草野仁

どんな番組にしても、思い通りにいくより、思い通りにいかないことのほうが多い。


天坊昭彦

ビジネスマンは、不得意なジャンルはつくらないほうがいい。とくに、事務系の場合はそうです。ですから、たとえ苦手な仕事でも、興味を持てる部分を探してそこから攻めていくというように、自分自身で意欲を持てるような取り組み方を考えていくといいでしょう。


森本容子

販売の現場から入ったことが、いまはメリットになっています。1個の商品を売るために、どんな要素が必要か。その日の空気感でディスプレイに変化もつけなければいけない。現場で学んだことが、いまは役に立っているし、洋服の勉強をしてから業界に入ったら、たぶん違う目線になっていたでしょうね。


奥山清行

イタリア車の個性もよそ者だからこそ端的に把握できました。食事もお酒も含めて生活のすべてをイタリア式に染め、イタリア車黄金期のデザインを体に刷り込むように吸収したんです。だからこそ、長いイタ車不遇の時代に負い目を感じ、ドイツ的なデザイン画を描きがちなイタリア人デザイナーよりもイタリア的なスケッチを描けた。職人による限定生産こそがイタリア車の魅力だから、日本やアメリカの大量生産車にない形を追求すればよかったわけですね。


入江慎也

僕にできることは限られていますが、その中でできるだけ他人を喜ばせられないかと工夫しています。


岩切章太郎

知事さんには任期があるので坪刈りをしておられるような気がする。もしここに一人の男がいて、いつも地方の畑を立派に耕しておく。そしていつ知事さんが種をまかれてもいいようにしておく。まかれた種は大事に育てる。悪い苗は黙ってとって捨てる。こういうことをする男がいたら知事さん、便利だと思いませんか?私は田舎に帰ってそんな仕事がしてみたいのです。
【覚書き|大学生時代、有吉忠一神奈川県知事と会ったときの発言。これは岩切氏のその後の人生を貫く事業哲学となった】


内藤誼人

何度も逆境に立たされた人、失敗を繰り返した人ほど、成功する率が高まるという米国のデータがあります。逆境に立たされたことのない人は、相手を判断する機会がありません。一見、順風満帆な仕事人生に思えても、定年退職した途端、会社関係からの年賀状がゼロになってはじめて、「皆、地位や肩書と付き合っていたのか」と知る。そんな悲しい結末を迎えぬよう、平時から人を見抜く状況をつくることが大切です。


張本邦雄

私どもの工場は、比較的遠い場所にありますから、体力的には大変なことも多いのですが、現場と対話することは本当に大事。


安達稔

企業は人材教育の場であるとは松下幸之助の言葉ですが、実際どの会社も社員教育をきちんと行っていましたし、それが日本企業の素晴らしい特徴でありました。しかし、たとえばいま、目の前で女子社員が電話の対応をしていたとします。「社長はいつお帰りになりますか」「わかりません」こんな中途半端な返事をしていたら、後ろで見ている上司が「わかりませんなどと言う返事の仕方があるか」と叱って教育するものでしょう。ところがそういう管理職がほとんどいない。数字を上げることばかりを考え、周囲を見なくなるんですね。


内田勝巳

上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。


平井正修

禅でいう自由とは、自分がやりたいことを何でもできるとか、欲しいものを何でも手に入れられる自由とは異なる。禅の自由は、文字通り、自らに由ること。自分の足で立つこと。自立をすることである。この自由の境地から、本物の自尊心が湧き上がってくる。現代風に言えば、自分の本当の価値を知ることになるのである。


大山倍達

勝つ、負けるは別にして大山空手は後ろを見せない。