名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山田ズーニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田ズーニーのプロフィール

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

山田ズーニーの名言 一覧

私が考えるコミュニケーションとは、自分を偽らず、本当に言いたいことを伝わるように伝えること。


できるだけ言葉を削ることは、自分の根本にある考えに近づく方法でもある。短い言葉だと意味がはっきりしますから。


説得や交渉は、正しさを競うゲームじゃないですよね。会話の前に、目指す結果を意識していればそれが分かるはずです。


最初から「論理」だけで相手を納得させるのは難しい。通じるところを探し、理解が生まれたら、やっとロジックがその上に乗ってくる、そんなイメージです。


企画書を書き終えたら、ぜひ提出する前に、もう一度確認してください。果たしてこの企画書は、自分しか書けないものなのか、それとも誰でも書けるものなのか。いまの自分だから書けたのだと胸を張っていえたら、あなたの想いは、きっと読み手にも通じているのではないでしょうか。


メールや企画書を書く際も、好き嫌いの範囲を超えて、その文書を通じて、自分が読み手とどういう関係をつくりたいか、その結果、どんな状況を生み出したいか、そこまで想いを汲み取って表現する。すると、周りから叩かれるかもしれませんが、逆にそれが「いいね」といわれ、一枚の企画書から新しい地平を切り拓くことにもなるのです。


どんな仕事でも、好き嫌いを超えて、自分ならその仕事をどうしたいか、その仕事を通してどんな価値を提供したいのか、想いを引き出して関わってみる。すると、意外に周りから「いいね」という反応が返ってきたり、結果的にそれが、やりたいことにつながるケースも出てきます。


感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


まずは、自分が本当に何を思っているのかという、自分のなかの想いを掘って掘って引き出して、言葉にしてみる。目の前の上司や顧客と通じる前に、まず自分と自分が通じる。それが、メールであれ、提案書であれ、企画書であれ、コミュニケーションの大前提だと思います。


ビジネス文書というと、ともすると格式張った言い回しや小手先のテクニックばかりが強調され、いつの間にか肝心なはずの想いの部分が削ぎ落とされてしまうケースが少なくありません。文書を書こうとする前に、まずは自分の想いを言葉にする、そこに目を向けてほしいと思います。


上司への相談メールであれ、新製品の企画書であれ、ビジネスの場面で必要とされる文書には、必ず目指す結果があります。自分が望む状況を切り拓くために、言葉を使って人の心を動かす。そこで大切になるのが、自分の想いを表現して、人に伝えることです。


山田ズーニーの経歴・略歴

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

他の記事も読んでみる

大倉忠司

「大衆の味方たれ」という自分の信じてきたやり方を貫けば、必ず世界展開も成し遂げられると思っています。


佐山展生

何よりも従業員がハッピーになれる企業再生が大前提。


坂下智保

我々の強みは「ニュートラル」な企業であるということ。どのベンダーのスマートフォンもタブレット端末も扱うことができる中立性を利用して、最適な提案ができる。


関下昌代

私も高卒ですが、大卒に比べたら初任給も安いし、チャンスも多くはありません。でも、そういう環境で生きて行こうと思えば、つまらないと感じる仕事でも自分で考えて面白くしようとするもの。その発想を武器に出世や起業をしたりする高卒サラリーマンは増えている。


滝久雄

私は「ピン(頂点)でなければキリ(底辺)でいい」という覚悟で、永続的に発展する新しい事業体をつくるという高い志に向かって40年以上走り続けてきました。


小池栄子

デビュー後の数年間、グラビアなら他の女の子に絶対に負けたくないと思っていたし、バラエティでは、何かひとつでも言葉をテロップに載せたいと思っていました。爪痕を残そうと躍起になっていたという表現が正しいかもしれません。


福井威夫

本田宗一郎も、技術屋は技術を究めるが、原点は人であり、何のために技術を使うのか哲学を持たなければいけないと繰り返し語りました。現場で修羅場体験を通して働く知恵を学び、同時に教養的な世界を深めて、人間としての生き方の基本をしっかりと持つことが重要です。


湯澤剛

家族全員の人生崩壊を防ぐため、全力を尽くそうと決意した。まず「5年間はとにかくやる」と決めました。5年、1827日の日めくりカレンダーを作り、これがゼロになってもダメなら諦めようと腹をくくりました。また、破産したら起こり得る最悪の事態を、すべて紙に書き出しました。書いてみると、恐怖のどん底で私が見た「人生崩壊の絵」よりも、いくらかマシな結果でした。必死の日々でいつの間にかカレンダーをめくるのを忘れ、気づけば山のようにあった借金は、返済の目処が立つまでに減っていました。


伊佐山元

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


吉田博一

協賛金や出資を募ったとき苦労しました。ただ、僕は20~30代の時に営業を担当していて、当時はなかなかの実績を上げていたと自負しています。昔取った杵柄ではないですが、徐々に「預金や貸し出しの営業と同じだな」と思える余裕が生まれました。1日90軒を目標に営業先を訪問していた当時の経験が、今になって生きているのだと感じましたね。


パスカル

心には理性ではわからない理屈がある。


菅井敏之

簿記の本は、いうなれば「究極のマネー本」なんです。みんなお金を増やすとなると真っ先に投資や運用を考えますが、そもそも肝心なのは「収入-支出」をプラスにすること。そう考えると、限られた元手を投資して年間10万円、20万円増やそうとするよりも、たとえばムダに高額な住居を適正なところに引っ越したり、使用頻度の低いマイカーをシェアカーに切り替えたりしたほうが、はるかにお金を確実に増やせます。利回りとか分散投資とか考える前に、自分の収支をチェックする「そろばん力」を身につけましょう。