名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

山田ズーニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山田ズーニーのプロフィール

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

山田ズーニーの名言 一覧

私が考えるコミュニケーションとは、自分を偽らず、本当に言いたいことを伝わるように伝えること。


できるだけ言葉を削ることは、自分の根本にある考えに近づく方法でもある。短い言葉だと意味がはっきりしますから。


説得や交渉は、正しさを競うゲームじゃないですよね。会話の前に、目指す結果を意識していればそれが分かるはずです。


最初から「論理」だけで相手を納得させるのは難しい。通じるところを探し、理解が生まれたら、やっとロジックがその上に乗ってくる、そんなイメージです。


企画書を書き終えたら、ぜひ提出する前に、もう一度確認してください。果たしてこの企画書は、自分しか書けないものなのか、それとも誰でも書けるものなのか。いまの自分だから書けたのだと胸を張っていえたら、あなたの想いは、きっと読み手にも通じているのではないでしょうか。


メールや企画書を書く際も、好き嫌いの範囲を超えて、その文書を通じて、自分が読み手とどういう関係をつくりたいか、その結果、どんな状況を生み出したいか、そこまで想いを汲み取って表現する。すると、周りから叩かれるかもしれませんが、逆にそれが「いいね」といわれ、一枚の企画書から新しい地平を切り拓くことにもなるのです。


どんな仕事でも、好き嫌いを超えて、自分ならその仕事をどうしたいか、その仕事を通してどんな価値を提供したいのか、想いを引き出して関わってみる。すると、意外に周りから「いいね」という反応が返ってきたり、結果的にそれが、やりたいことにつながるケースも出てきます。


感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


まずは、自分が本当に何を思っているのかという、自分のなかの想いを掘って掘って引き出して、言葉にしてみる。目の前の上司や顧客と通じる前に、まず自分と自分が通じる。それが、メールであれ、提案書であれ、企画書であれ、コミュニケーションの大前提だと思います。


ビジネス文書というと、ともすると格式張った言い回しや小手先のテクニックばかりが強調され、いつの間にか肝心なはずの想いの部分が削ぎ落とされてしまうケースが少なくありません。文書を書こうとする前に、まずは自分の想いを言葉にする、そこに目を向けてほしいと思います。


上司への相談メールであれ、新製品の企画書であれ、ビジネスの場面で必要とされる文書には、必ず目指す結果があります。自分が望む状況を切り拓くために、言葉を使って人の心を動かす。そこで大切になるのが、自分の想いを表現して、人に伝えることです。


山田ズーニーの経歴・略歴

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

他の記事も読んでみる

水野和敏

「会社にいても自分の車が作れない」と自分だけしか見えていなくて、それだけ自分中心だったからこそ迷っていた。でも、商品は人を喜ばせるためのもの、と心底わかればそれまで見えていなかったものが見えるようになって、ようやく何のために仕事をしているのかがクリアになったんだ。


竹中宣雄

一流と呼ばれる3割打者と、2割8分で終わってしまう平凡な選手が1カ月間に打つヒットの本数は、何本くらい違うと思いますか。たったの2本しか違わないのです。つまり、2週間に1本余計に打つか打たないかで、一流とそれ以外に評価が分かれてしまうわけです。私は住宅メーカーの営業マンに限らず、ビジネスマンの評価というものはこれとまったく同じだと思うのです。評価が分かれるポイントは「ほんのわずかな違い」でしかない。そのことを明確に意識して、わずか2本の差を埋めようと努力するかどうか。それだけで、一流のビジネスマンになれるかどうかが決まってしまうわけです。


鈴木敏文

私がよく担当者に怒ったのが、目先の売上を確保しようとしてすぐに安売りに走るなと。安易に安売りに走っていては、いずれ値段をゼロにしなければなりません。


須磨久善

ビジネスと心臓外科医の仕事の最大の違いは、心臓外科医には「~を糧に」という考え方は、あり得ないということです。心臓手術は失敗すれば患者さんの命が失われてしまう。ですから、とりあえずやってみて、失敗したからそれを糧にして次を頑張ればいい、という考え方は成り立ちません。


山元賢治

仕事とは別に楽しみを持つことも大切。格好をつけることなく楽しめる趣味です。私の場合は、以前はテニス、今はゴルフを趣味にしています。悩み事で頭がいっぱいになって眠れないときは、ゴルフコースをまわっているのをイメージすることで、眠りにつくことができます。


村瀬治男

31歳で最初にアメリカに赴任したときは、まさかそれから28年間も駐在が続くとは思っていませんでした。そもそも私は英語が得意だったわけではなく、むしろ社会人になってからはこれ幸いと、英語から目をそらすように生きてきたといっても過言ではありません。いま思えば中学高校の6年間である程度基礎ができていたから、のちに必要に駆られて英語に取り組むようになったとき、なんとか対応することができたのでしょう。


ジェイ・エイブラハム

中小企業と創業まもない企業の95%は業績目標を達成していない。それは、会社の事業計画が商品、市場、顧客移行、マーケティングという4つの要素にしっかりと根付いていないからだ。ほとんどの企業が具体的で明確な将来像を持っていない。


水谷隼(卓球)

14歳の時にドイツのプロリーグに留学をしたんです。海外の環境はすごく合理的でした。練習で相手に気を遣ったりしない。日本のように先輩後輩の上下関係はなく、個人が強くなるため、より実践的な練習方法に取り組んでいました。その中に身を置き、強くなるためにより高い意識が芽生えました。


森田芳光

ずっと山のてっぺんばかりを歩くような人生は、ドラマとして面白くありません。谷があってこそ山がある。味のある人生にするためには、谷底を経験することも必要だと思うのです。


中村勇吾

仕事でクライアントとやりとりをするときには、先方からの要望を形にしながら、その要望を包み込むようにして自分のアイデアをどんどん足していくことにしているんです。アイデアのデモ画面はなるべく早い段階で、ときには話をいただいた一週間後に先方に見せることもあります。核になるイメージだけでもサッと作って、まずは実物を見せなければならないと考えています。


牧野正幸

その世界のトップに昇り詰めた人間は、充実していて楽しい人生を送っているというイメージを周囲に与えることが大事だと思います。憧れを抱かせるからこそ、後に続く者が現れるのです。そこに至る道の厳しさを教えるのは、憧れの後でよいのです。


曽野綾子

友人となり、適切な人間関係を持ち得るということは、いかに親しい友人であっても、生来、全く違う個性のもとに生まれついているということに自覚を持ち、その違いを許容し得る、というところから始まるのである。