山田ズーニーの名言

山田ズーニーのプロフィール

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

山田ズーニーの名言 一覧

できるだけ言葉を削ることは、自分の根本にある考えに近づく方法でもある。短い言葉だと意味がはっきりしますから。


説得や交渉は、正しさを競うゲームじゃないですよね。会話の前に、目指す結果を意識していればそれが分かるはずです。


最初から「論理」だけで相手を納得させるのは難しい。通じるところを探し、理解が生まれたら、やっとロジックがその上に乗ってくる、そんなイメージです。


私が考えるコミュニケーションとは、自分を偽らず、本当に言いたいことを伝わるように伝えること。


企画書を書き終えたら、ぜひ提出する前に、もう一度確認してください。果たしてこの企画書は、自分しか書けないものなのか、それとも誰でも書けるものなのか。いまの自分だから書けたのだと胸を張っていえたら、あなたの想いは、きっと読み手にも通じているのではないでしょうか。


メールや企画書を書く際も、好き嫌いの範囲を超えて、その文書を通じて、自分が読み手とどういう関係をつくりたいか、その結果、どんな状況を生み出したいか、そこまで想いを汲み取って表現する。すると、周りから叩かれるかもしれませんが、逆にそれが「いいね」といわれ、一枚の企画書から新しい地平を切り拓くことにもなるのです。


どんな仕事でも、好き嫌いを超えて、自分ならその仕事をどうしたいか、その仕事を通してどんな価値を提供したいのか、想いを引き出して関わってみる。すると、意外に周りから「いいね」という反応が返ってきたり、結果的にそれが、やりたいことにつながるケースも出てきます。


感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


まずは、自分が本当に何を思っているのかという、自分のなかの想いを掘って掘って引き出して、言葉にしてみる。目の前の上司や顧客と通じる前に、まず自分と自分が通じる。それが、メールであれ、提案書であれ、企画書であれ、コミュニケーションの大前提だと思います。


ビジネス文書というと、ともすると格式張った言い回しや小手先のテクニックばかりが強調され、いつの間にか肝心なはずの想いの部分が削ぎ落とされてしまうケースが少なくありません。文書を書こうとする前に、まずは自分の想いを言葉にする、そこに目を向けてほしいと思います。


上司への相談メールであれ、新製品の企画書であれ、ビジネスの場面で必要とされる文書には、必ず目指す結果があります。自分が望む状況を切り拓くために、言葉を使って人の心を動かす。そこで大切になるのが、自分の想いを表現して、人に伝えることです。


山田ズーニーの経歴・略歴

山田ズーニー、やまだ・ずーにー。日本の文章表現・コミュニケーションインストラクター。岡山県出身。福武書店(のちのベネッセコーポレーション)に入社。進研ゼミ小論文編集長となり、通信教育の企画編集・プロデュースの業務に携わる。その後独立。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』『理解という名の愛がほしい おとなの小論文教室。』『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!』ほか。

他の記事も読んでみる

イヴァン・バルベラ・トラスプエスト

会社ではなく、商品やお客様との関係が全面に出なければならない。


張本邦雄

TOTOのビジネスサイクルは最低でも20年ぐらいかかります。要するに、長いんです。ですから現地法人がある程度の規模になったら、日本人の大半は引き上げてしまいます。残るのは、現地人の5%ぐらいの人数だけです。現地法人の社長は日本人ですが、日本式を押し付けるのではなく、むしろ現地の経営スタイルに順化していく。現地の経営スタイルの中に、日本的な経営要素を取り込んでいくといった方が正しいかもしれません。


古森重隆

決断に際して不安や迷いはありません。もちろん、レストランで何を頼もうといったどうでもいいようなことで迷うことはあります(笑)。でも、大事なことを決める時は、断行して、絶対成功させようと力がみなぎってきます。


小笹芳央

ビジネスの世界ではよく、「1つのクレームの背後には30の不満がある」と言われます。1つクレームを頂いたら、懸命に対応するだけでなく、「他にも何か問題があるはずだ」という視点でサービスや商品を点検する必要がある。日頃からクレームの芽をつぶす努力をしてください。


長谷川健太

若手選手にはベテランの安定感はないものの、突き抜ける力を持っています。それがチームの活性化につながる。


山内宏

戦後、経済では大成功したが、その影で進行していたのが政治の硬直化です。国で一番偉いのが国会でしょうが、同じ議員が何十年と居座ると、代変わりしても出て来るのはその息子、後援会が甘い汁を吸う。国家の未来図が描けず、既得権、無責任という澱(おり)がたまってしまったのが、いまの日本です。このままでは、前途はせいぜい「優雅な衰退」でしょう。


笠井伸啓

成長に向けた課題がブランド認知度とカスタマー・リーチです。放送機器や無線機テスタ、そしてEMCでの知名度はそれなりに高いのですが、一般のエレクトロニクス分野ではまだまだ認知が進んでいません。その分大きな成長余地があるともいえるのですが、まずは当社の名前やソリューションを知っていただくべく、プロモーションを工夫しながら次の飛躍へとつなげていきたいと考えています。


佐藤優

ライフプランをしっかり立てることが大切。生涯に必要になるお金、入ってくるお金をしっかり計算し、どういう生活をしていくか計画を立てる。そうでないと、経済的に破たんしたり、お金がないことでチャンスや機会を逃したりしてしまうことにもつながりかねない。


三村孝仁

重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


杉田敏

アメリカ人との面談だからといって、日本と全然違うということはありません。たとえば、挨拶もそこそこに商談に入るなどというのはNG。やはり軽い雑談から入り、徐々に本題にというのは世界共通です。


藤田晋

強力なライバルが、それこそ必死で同じ目標に向かって努力をしている以上、さらなる努力をしなければ相手に勝てません。仕事は常に、最も高いレベルの争いをしていると考えてください。


山田雅裕

世の中にはミスをした部下に「反省しろ!」と怒鳴る上司がいたりしますが、あれはダメですね。「人の失敗を叱れるほど、おまえは偉いんか」と言いたい。部下がミスをしたら、「そうか、ミスしたか。次からどうする?」でいい。叱る行為そのものが、エネルギーと時間のムダです。


北尾吉孝

人を率いる立場である以上、人とのご縁は大切にせねばなりません。本当のご縁とは、相手がどんな立場になっても続くものだと思います。


細田収

集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。


野本弘文

財務体質の改善やグループの再生にめどがついた2005年、我が社は成長戦略に軸足を移しました。


ページの先頭へ