名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山極清子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山極清子のプロフィール

山極清子、やまぎわ・きよこ。日本の経営者。「wiwiw(ウィウィ)」社長。日本女子大学家政学部卒業、立教大学21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。21世紀職業財団両立支援部、資生堂などを経てwiwiw社長。著書に『女性活躍の推進 資生堂が実践するダイバーシティ経営と働き方改革』。

山極清子の名言 一覧

ダメな上司は「自分よりできない人」を集める傾向があります。優秀な人材、多様な人材を使いこなせなければ、組織は縮小するしかありません。


叱る以前に、なぜミスやトラブルが起きたのかを、部下と向き合って話し合う必要があります。もしかしたら、プライベートな育児・家事や介護の問題が仕事に影響したのかもしれない。仕事のプロセスの中に、甘い見込みが入っていたのかもしれない。要因がわからないかぎり、叱るポイントすらわからないではありませんか。


指示を出すのが下手な上司が多い。経営側の意図を誤って伝えたり、まったく伝えずに「これ頼むね」と単なる作業として指示したり。部下が腐心して立てた企画書も、経営陣から「意図がまったく違う!」と突き返されて、また白紙からやり直しとなるわけです。


男性上司にしてみれば、決して悪意はないのだけれど、女性部下から見ればハラスメントと感じる。逆もあって、ダメな男性上司は「もしハラスメントで訴えられたら、自分の次がない」と意識しすぎて、当たらず触らずの関係性しか築けない。できる上司は、女性部下に対し仕事のパートナーと考えているので、一歩踏み込んだ本音の話ができるのです。


山極清子の経歴・略歴

山極清子、やまぎわ・きよこ。日本の経営者。「wiwiw(ウィウィ)」社長。日本女子大学家政学部卒業、立教大学21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。21世紀職業財団両立支援部、資生堂などを経てwiwiw社長。著書に『女性活躍の推進 資生堂が実践するダイバーシティ経営と働き方改革』。

他の記事も読んでみる

アンドレ・アガシ

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。


芦田昭充

メールなんて1行ぐらいしか打てません。しかも、1本指打法です(笑)。ITの知識は若い人には必須だと思いますが、ITはあくまでもツールに過ぎないことを忘れてはいけません。


辻野晃一郎

現在のように変化の激しい時代は、絶対に守りに入ってはいけません。常にチャレンジする強いエネルギーを持つことが大切です。守りに入った瞬間、すぐ淘汰されてしまうからです。


宮嶋宏幸

店頭でお客様の質問に答えるとき、相手がもう少し説明してほしいと思う程度でやめておく。そうすれば向こうから質問が来て、自然に会話が弾みます。


野地彦旬

もともと週2回、「ブラックイルミネーション」という定時退社の日を設けていました。現在は他の3日を「節電デー」とし、毎日が定時退社となっています。来客の応対など、定時後にやむを得ない仕事がある社員の作業は、1階フロアに集中させ、本社の2階以上を消灯します。定時終業で仕事が滞るかのように思えますが、決してそれはない。危機意識から、結果的に仕事の効率が上がっているんです。社員からは、「家族と過ごす時間が増えた」という声も上がっています。


ハンス・アンダーソン

仕事のミスはサッカーのPKのミスのようなものだと思います。PKを失敗した選手は、本人が一番傷ついているし、何が悪かったのか一番よくわかっています。その失敗を責めたてたところで、いいことはありません。それより、「次は期待しているよ」と勇気づける言葉を投げかける方がいい。


似鳥昭雄

社長が常に挑戦的な目標を掲げ、それを実現するために部下が必死になって付いていくのが理想。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

人生は闘争にして、仮の宿なり。


中本晃

私の高校時代は柔道漬けでした。教科書は柔道場に置きっぱなし。合宿のときは、柔道部の稽古が終わると、今度は近くの警察署の柔道場に行って稽古をつけてもらうなどして、何の疑念も持たずひたすら練習しました。練習量がすべてを決定するということは、私が携わってきた分析機器の研究開発の世界にも通じるものがあるように思います。


貞末良雄

私がいつも言うのは「議論が大事だ」ということです。議論とはケンカではなく、相手の経験をそっくりもらうことです。もし100人の経験知が議論によってまとまれば、すごいアイデアが生まれるでしょう。私が社員よりも優れているのは、経験知の多さだけです。失敗の経験だけは、誰よりもしてきていますから(笑)。その経験知を社員に与えていくのが、私の役割だと考えています。


坂戸健司

メモの基本は、相手の言うことを一字一句書き留めるのではなく、「キーワードだけを書き出す」こと。つまりメモとは、相手の話のポイントを要約してつかむ作業でもあるのです。これを繰り返すことで、相手の言いたいことや思っていることを見抜く「察知力」が手に入ります。


ジョン・ライス

リスクを評価する非常に緻密なプロセスがあり、プロジェクトごとに判断している。