名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山梨広一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山梨広一のプロフィール

山梨広一、やまなし・ひろかず。日本のコンサルタント。東京出身。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。その後、富士フィルムを経て、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。消費財・小売業グループのリーダー、ディレクター、シニアパートナーなどを務めた。主な著書に『ニューグロース戦略(共著)』『面白がる思考』など。

山梨広一の名言 一覧

マッキンゼーに入社して3年目くらいのとき、ある先輩から「山梨さんは議論するときに条件とか否定から入るよね」と言われてハッとしたことがあります。それまで日本の事業会社で社内の企画部門の仕事をしており、内部調整のためにこの条件が整っていないとできないとか、余計なリスクはとらない癖がついていたのでしょう。しかし、そんな堅実な提案ばかりを心がけていては、社外に向けての提案で長期的にビジネスを成功に導くことは難しいのです。


何より大切なのは、クライアントにこの案なら必ず実現できると思わせるだけの熱意です。扱うのはクライアント先の商品であっても、「うちの商品が」といった言葉が自然に出てくるくらいの熱意をもってやれば、必ず相手の心に突き刺さるはずです。


とくに新規のクライアントの場合は、相手が本心で何を望んでいるか、業界や会社の本質はどんなものなのかを聴き取り、本質的な部分を感じ取る力が最重要になってきます。それによって、最初に仮説を見せた方がいいのか、データから入るのがよいのか、結論は同じでも提案プロセスが大きく変わってくるのです。


結論についてクライアントと意見が食い違う場合もあるでしょう。仮にAとBというふたつの結論が考えられるケースで、自分はAという結論を提出したが、顧客はBを選んだとする。ビジネスにおける正解はひとつではないのだから、納得できるまで議論したあと、B案を採用することになっても構わない。ここで重要なのは、議論することによって、最初に提案したAに至るまでの思考プロセスが論理的なものであればあるほど、なぜBをとったかが顧客にも自分自身にもはっきりわかり、説得力や実行力が高まるという点です。


現実的な問題解決の糸口が示されていてこそ提案書は見た人の心に刺さり、様々な角度からの議論が巻き起こるのです。


提案書にはプロセスや分析よりもまず結論をわかりやすい言葉で書くことが必要です。現状やデータに基づいて論理的にシミュレーションされた複数の可能性の中で、実現可能性と思うものを3つくらいに絞り、結論としてクライアントに明示するのです。相手の心に突き刺さる短いメッセージが書けないのであれば、提案のどこかに現実味が欠けていたり、論理が破綻している可能性が高い。


ありがちだが駄目な提案書の典型とは、それを見たクライアントとの議論が紛糾しないタイプのものです。概念度が高い言葉できれいにまとめてあるだけだったり、「とりあえず、この手順で事業を展開すべきです」といった形で、取り組みのプロセスだけを説明して結論について言及しない提案書というのはあまり議論になりません。具体的なリスクや問題点が見えてこないから、クライアントもつっこんでこないのです。


山梨広一の経歴・略歴

山梨広一、やまなし・ひろかず。日本のコンサルタント。東京出身。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。その後、富士フィルムを経て、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。消費財・小売業グループのリーダー、ディレクター、シニアパートナーなどを務めた。主な著書に『ニューグロース戦略(共著)』『面白がる思考』など。

他の記事も読んでみる

金子博人

インダストリー4.0はドイツの用語だが、このトップランナーは、アメリカのGEであろう。トップランナーになる企業は、企業内にそれだけのものを持っている。「日本には日本のやり方がある」などと自惚れていないで、謙虚にGEを研究すべきではなかろうか。


中井戸信英

日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


池上彰

ストレッチ(少し無理を)させない限り、人間は成長しない。アスリートが筋肉を鍛えるのって、それですよね。


ベンジャミン・フランクリン

本当の貧乏人一人に対し、贅沢のための貧乏人は百人いる。わずかな出費に注意せよ。小さな水漏れが大きな船を沈めてしまう。安物買いで得した者が、よく破産する。


津田秀晴

優秀な営業マンというのは、接客時の心のコンディションに気を遣っていることに気づく。たとえばある営業マンは、どうも気分が乗らない商談の日は、朝に散歩やジョギングをして、あえて気持ちをリフレッシュさせてから顧客のもとへ出かけるという。気分や心のありようは、隠そうと思っても相手に伝わってしまう。だからこそ、顧客を元気にする前に、自分自身が元気になるコンディションづくりを心がけているのである。これは、明るい声で接する、ハキハキとした口調で話すといった態度を無理につくるより、本物の爽やかさ、明るさをつくって商談に臨むほうが、はるかに相手に伝わるということだろう。そうやって、接客時の心のコンディションづくりに気を遣えば、顧客を元気にさせる話す姿勢というものも、徐々に身についていくはずである。


安田正

伝えたい情報が100あるとして、その100の情報をあらかじめ把握せずに、思いつくまま好きなように話すと話の内容がコロコロ変わります。あれもこれもと付け足す積み上げ型の話をしていると、話している本人すら何を話しているのかわからなくなってしまいます。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

人間、守りに入ったら、リスクからは逃げたくなる。反対や批判や失敗を恐れて、安全な橋ばかり渡るようになる。志は萎え、夢も持てなくなる。そんな希望のない人生を、この先何十年も過ごしていきたいのか?


北川邦弘

企業に属している場合、目の前の仕事に全力を尽くせばいいでしょう。会社の将来は、経営陣が考えてくれるからです。でも起業家なら、数手先を読み、自力で戦略を立てる必要があります。ですから、会社員として優秀だった人が独立に失敗することもありますし、逆に、ズボラと評価されていた人が、起業家として大成功するケースもあります。


出口治明

私は、常に一期一会を大切にし、自分の直観を信じて即断即決。これが信条です。


平岡昭良

我々は企業の色がついていません。大手のICT企業に比べて、当社は事業規模も小さいですから小回りがききます。お客様と一緒に新しいサービスをつくろうと考えた時に、我々は自社だけにこだわることなく、他社と自由に連携できる。


松本大

会社で文句ばかり言ってくる上司がいるとします。部下のあなたからすると腹立たしい存在かもしれませんが、反対の立場で考えたら、上司の言葉の意味だって分かるかもしれません。


和田完二

学校をつくるとしても中途半端なものでは意味をなさない。少なくとも従来の工員養成所式なものではなんにもならない。同じつくるなら、いままでにない理想的な学校をつくりたい。もとよりそれには膨大な金がいるけれども、会社の将来には変えられない。すぐに役立つ技術者の養成ということは、大きな目で見れば一種の企業合理化である。