名言DB

9429 人 / 110879 名言

山梨広一の名言

twitter Facebook はてブ

山梨広一のプロフィール

山梨広一、やまなし・ひろかず。日本のコンサルタント。東京出身。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。その後、富士フィルムを経て、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。消費財・小売業グループのリーダー、ディレクター、シニアパートナーなどを務めた。主な著書に『ニューグロース戦略(共著)』『面白がる思考』など。

山梨広一の名言 一覧

マッキンゼーに入社して3年目くらいのとき、ある先輩から「山梨さんは議論するときに条件とか否定から入るよね」と言われてハッとしたことがあります。それまで日本の事業会社で社内の企画部門の仕事をしており、内部調整のためにこの条件が整っていないとできないとか、余計なリスクはとらない癖がついていたのでしょう。しかし、そんな堅実な提案ばかりを心がけていては、社外に向けての提案で長期的にビジネスを成功に導くことは難しいのです。


何より大切なのは、クライアントにこの案なら必ず実現できると思わせるだけの熱意です。扱うのはクライアント先の商品であっても、「うちの商品が」といった言葉が自然に出てくるくらいの熱意をもってやれば、必ず相手の心に突き刺さるはずです。


とくに新規のクライアントの場合は、相手が本心で何を望んでいるか、業界や会社の本質はどんなものなのかを聴き取り、本質的な部分を感じ取る力が最重要になってきます。それによって、最初に仮説を見せた方がいいのか、データから入るのがよいのか、結論は同じでも提案プロセスが大きく変わってくるのです。


結論についてクライアントと意見が食い違う場合もあるでしょう。仮にAとBというふたつの結論が考えられるケースで、自分はAという結論を提出したが、顧客はBを選んだとする。ビジネスにおける正解はひとつではないのだから、納得できるまで議論したあと、B案を採用することになっても構わない。ここで重要なのは、議論することによって、最初に提案したAに至るまでの思考プロセスが論理的なものであればあるほど、なぜBをとったかが顧客にも自分自身にもはっきりわかり、説得力や実行力が高まるという点です。


現実的な問題解決の糸口が示されていてこそ提案書は見た人の心に刺さり、様々な角度からの議論が巻き起こるのです。


提案書にはプロセスや分析よりもまず結論をわかりやすい言葉で書くことが必要です。現状やデータに基づいて論理的にシミュレーションされた複数の可能性の中で、実現可能性と思うものを3つくらいに絞り、結論としてクライアントに明示するのです。相手の心に突き刺さる短いメッセージが書けないのであれば、提案のどこかに現実味が欠けていたり、論理が破綻している可能性が高い。


ありがちだが駄目な提案書の典型とは、それを見たクライアントとの議論が紛糾しないタイプのものです。概念度が高い言葉できれいにまとめてあるだけだったり、「とりあえず、この手順で事業を展開すべきです」といった形で、取り組みのプロセスだけを説明して結論について言及しない提案書というのはあまり議論になりません。具体的なリスクや問題点が見えてこないから、クライアントもつっこんでこないのです。


山梨広一の経歴・略歴

山梨広一、やまなし・ひろかず。日本のコンサルタント。東京出身。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。その後、富士フィルムを経て、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。消費財・小売業グループのリーダー、ディレクター、シニアパートナーなどを務めた。主な著書に『ニューグロース戦略(共著)』『面白がる思考』など。

他の記事も読んでみる

谷口義晴

最初はうちのセンサーを本気で使ってくれるところはありませんでした。「日本がダメなら外国があるさ」と、まずアメリカへ売ったら、そのうち日本の大手も採用してくれました。


韓昌祐

若い者に負けるもんか、という気持ちは持っていますが、歳には勝てません。記憶力とか企画力とか弱まってきています。ですから、最近は「こうしよう、ああしよう」とまず若手ぞろいの役員に提案させる形にしています。その上でそれぞれを、僕の経験を基にマルかバツを決めるように変えました。
【覚書き|76歳のころの発言】


坪内知佳

萩大島船団丸の社長就任依頼は不安もありましたけど、断るなんて選択肢はなく、運命だと感じたんです。試行錯誤しながら、成果を出すための提案をすると、誰もが「普通じゃない」と言うんです。大学中退、離婚、シングルマザー……私は普通の人生に挫折した人間。普通を目指しても幸せにはなれない。普通、くそくらえなんです(笑)。息子の故郷でもある山口県萩市という街を衰退させないためにも、「普通」を超える挑戦をスタートさせたんです。


平野信行

金融業界に逆風が吹いている。この逆境を跳ね返し、未来を切り開いていく。未来志向で挑戦していく。


長谷川和廣

世界的な大企業からベンチャー企業まで2000社超もの事業再生に関わってきた経験からいって、赤字の最大の原因は社長が横着なことです。それは部門長においても同じです。なぜなら、部門の業績の責任はミニ社長ともいうべき部門長にあるからです。


城繁幸

仕事が高度で、売り上げが高い部署には、優秀な人材を投下し続ける。必然的にその部署の仕事のレベルは高くなるため、結果を出した者は高評価を受け、出世につながりやすい。


ショーペンハウエル

富は海水に似ている。飲めば飲むほど、のどが渇くのだ。名声についても同じことが言える。


中井政嗣

営業マンの訪問を受けた場合、基本的にお会いするようにしています。なぜなら、千房は外食業です。営業マンは私たちのお客さんでもあるのです。店のファンを増やすには、営業マンにも親切にするのが当然です。


美崎栄一郎

予定のない日を作るコツは、アポを取るときに「来週ならいつでもOKです」などとは言わず、週の前半で候補日時を3つほど挙げて、先方に選んでもらうことです。「来週ならいつでも」と言うのは、その予定の日時が決まるまで、他の予定を来週のどこにも入れられなくなるので、それを防ぐためにも避けるべきです。そして、挙げた候補日時は「仮アポ」として、何度でも貼って剥がせるシールに書いて手帳に貼っておくと便利です。


田中稔一

経営立て直しのためには、一人一人が果敢に行動するとともに、全員が同じ方向を向いていることが重要でした。とくに組織が大きくなればなるほど、経営陣の考える時間軸と、社員の考える時間軸の間にズレが生じてしまうからです。