名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山根義信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山根義信のプロフィール

山根義信、やまね・よしのぶ。日本の経営コンサルタント。石川県出身。東京経済大学経済学部卒業。陸上自衛隊、立川商工会議所経営指導員などを経て独立し、ウェルネットを設立。中小企業診断士、社労士、行政書士などの資格を持ち、財務、人事、経営合理化など幅広くコンサルティングを行っている。また、陸上自衛隊で災害派遣出動の経験から企業の危機管理に関するコンサルティングも行っている。主な著書に『会社を守る防災マニュアルの作り方』『就業規則最新版改正モデル例』『これからの就業規則改正モデル例』『これだけ払えば人は働く』『正しい人員整理の仕方・進め方』『時短を乗り切る辞典』など。東洋大学非常勤講師なども務めた。

山根義信の名言 一覧

意思決定はトップの役割です。それぞれ身の丈に合った対策でいいので、できることからスタートしてください。


アウトソースを活用する場合は、その目的をはっきりさせることが重要です。自社のニーズに合ったところを選択する目を企業自身が持たなければなりません。


防災対策の具体策は、まず防災マニュアルなどを作成することが重要になるでしょう。ただし、その前に絶対に必要なのが経営トップの意思決定です。具体的な防災対策というのは、当然、各企業が置かれた状況によって異なりますから、基本的な方針が示されなけば構築することはできません。社員一人一人が考えるというわけにはいかないのです。


何の防災対策も講じなかった場合、自分の会社はどれだけの損失を被ることになるのか。それをきちんと見積もってほしいのです。損失には、人的なもの、物的なもの、機会損失にともなうもの、また場合によっては賠償金なども考えられるでしょう。それらを総合的に捉えたうえで、実際の防災費用にかける額を検討するのが賢明なやり方です。防災対策は、いわば将来への投資なのです。


企業の防災対策のコストを考えるにあたっては、単に「いくらかかるか」という視点ではなく、「その対策によって、想定される被害による損失をどれだけ軽減できるか」についてきちんと見極めるべきです。


山根義信の経歴・略歴

山根義信、やまね・よしのぶ。日本の経営コンサルタント。石川県出身。東京経済大学経済学部卒業。陸上自衛隊、立川商工会議所経営指導員などを経て独立し、ウェルネットを設立。中小企業診断士、社労士、行政書士などの資格を持ち、財務、人事、経営合理化など幅広くコンサルティングを行っている。また、陸上自衛隊で災害派遣出動の経験から企業の危機管理に関するコンサルティングも行っている。主な著書に『会社を守る防災マニュアルの作り方』『就業規則最新版改正モデル例』『これからの就業規則改正モデル例』『これだけ払えば人は働く』『正しい人員整理の仕方・進め方』『時短を乗り切る辞典』など。東洋大学非常勤講師なども務めた。

他の記事も読んでみる

家入一真

ビジネスのアイデアが生まれるのは、外部の人とコミュニケーションをしているときだけです。一人で考えていても、アイデアなんて生まれてきません。自分とは職業も年齢も経歴もまったく異なる人と会話をするなかで、自分の価値観とのギャップが生まれる。そこにアイデアのヒントが隠されているのです。会社員の方々も、社内の上司や同僚と飲みにいく回数を減らして、外の世界の人たちと会う機会を増やすだけで、みえる世界が大きく変わってくるはずです。


竹中平蔵

参入障壁がある業界は、飛び込んでしまえば得。そうしたところにビジネスの鉄則性がある。


高須武男

バンダイとナムコの経営統合に際しては、対等合併と持ち株会社を作ることにこだわりました。私がバンダイの社長になる前、バンダイはセガとの合併を試みたことがあります。バンダイの社員はセガに吸収されることを恐れ、結局は破談となりました。同じ失敗を繰り返したくなかった。


久保正行

上司を説得するとき、まず場所と時間を選びます。場所は集中できる空間がベストで、もし反対されることが予想されそうな場合、周囲に人がいない環境を設定する。なぜなら部下や同僚の見ているところで説得されると意見を翻しにくくなるし、場合によっては「恥をかかされた」と後々わだかまりになる可能性もあるからです。


瀬戸欣哉

現場に近いところで判断とコミュニケーションができ、社員が自分で考えているという感覚を持てるよう、組織はシンプルでフラット、かつ俊敏にしなければいけない。


澤田秀雄

日本全国、あるいは世界から来ていただくためには、オンリーワンかナンバーワンのものにしなければならないと考えました。オンリーワンだと他はやっていませんから、そこに集中して再生してきた感じです。


高畑正幸

ひらめくために何かをやるというより、ひらめいたことを逃さなかったり、上手に記録して発展・活用したりすることの方を重視しています。


土屋公三(経営者)

教養を高めるため本を読むのは王道ですが、それだけではありません。人と会ったり、美術館に行ったりするのもいいでしょう。よい本、よい人、よい物に接することで、私たちの人間性は限りなく豊かになります。その結果、その人の生きがいを喚起して、潜在的な能力を高めることにつながります。


田原総一朗

僕は会いたい人に会えずに苦労した経験はほとんどない。コツは会いたい理由を素直に話すこと。優れた政治家や経営者は人の話を聞くのが好きだから、かっこつけずに本音を話せば受け入れてくれる。


佐々木常夫

サラリーマンにとって、上司は自分を評価し、異動の決定権を持つ人です。普通はそんな人に逆らったりはしません。もし、部下が平気で上司に逆らうとしたら、あなたがそれを許してしまうような態度をとっているのでしょう。要するに、部下になめられているのです。


佐藤優

考えなきゃならないのが、経済的な見極め。かつての右肩上がりの時代なら、結婚したら、子供の教育と住宅の、いずれにもお金をかけられました。が、いまはその余裕はありません。子供の教育に力を入れるなら、マイホームは諦め賃貸にする。家を買うなら、子供は私立は諦め、公立で我慢してもらう。どちらかを選択すべき時代です。自分たちの家族は何を優先し、選択するか、その見極めが大事なんです。


八塩圭子

私の場合、結果より過程を大事にするので、スケジュール管理は、実はそれほど重要ではないんです。最初から結果を求める人は、そのためのスケジュールをきちんと組んで、それから段取りを用意して……とやるんだろうけど、私の場合は、時間のやりくりへの関心は正直あまりありません。