名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山根多恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山根多恵のプロフィール

山根多恵、やまね・たえ。日本の旅館経営者、社会起業家。吉田屋女将。山口県出身。山口大学在学中、カナダへ留学を経て、市民バンク代表・片岡勝氏の授業をきっかけに大阪で起業支援活動の責任者となる。島根県大田市・雇用創出推進協議会推進本部の地域活性化プロジェクトに参加。後継者不在の旅館「吉田屋」の女将と出会い、同旅館を引き継ぐことを決意。24歳で同旅館の若女将となった。週末3日のみ営業、地域社会の活性化活動など独自の活動を展開した。そのほか、内閣官房構造改革特別区推進本部評価・調査委員なども務めた。

山根多恵の名言 一覧

あまり悩まないようにしています。自分だけで解決できそうになかったら、すぐに誰かに相談します。でももちろん、最後に決めるのは自分だと思っています。


私と一緒に旅館を切り盛りしている若女将も、インターンに来てそのまま就職した一人です。彼女は東京で就職が決まっていたのですが、「できる仕事は東京にあったけれど、やりたい仕事は自分でつくらなきゃならないと気づいた」と言っていました。すでにある仕事のなかからやりたいことを探す人が多いですが、小さいことでも自分で始めた方が、より成長できると思うんです。


モノでも人の力でも、いまあるものをできる限り活用するということを、常に考えています。かといって、別に無理をしているわけじゃないんです。週末だけの営業も、おもてなしの質を上げるにはどうしたらいいかと考えた結果です。お金の面でも人の面でも、無理をしないことが上手くいくコツだと思います。


ほとんどのお客様は週末に集中しますから、そこに労力を集中することで、利益率はもちろん、サービスの質も上がりました。その結果、営業日数は減ったのに、売上はかえって増えたんです。驚いたのは、「うちもできることならやりたい」という同業者の方の声が多いことです。
【覚書き|週末の金土日しか旅館を営業していないことについて語った言葉】


地域に根ざすということは、地域にある矛盾や問題を自分たちの手で解決して、よりよい仕組みにつくり変えていくことだと思います。


吉田屋の女将になったきっかけは、「やる気のある若い人に経営ごと旅館を任せたい」という意向を持っていた先代と出会ったことです。もちろん旅館業は未経験でしたが、話があったその日の夜には「やる」と決断しました。


たとえば、規格外で商品にならないといわれる野菜を買い取って、宿の料理に用いたり、「もったいない野菜」というネーミングで販売するルートをつくる、といった活動をしています。最初は、そんな野菜を買い取ってもらえることに驚いていた農家のおばあちゃんたちも、適正な値段で売れるとわかると、俄然イキイキしてくれるんです。最近は、横文字野菜の栽培にも積極的に挑戦してくれるようになりました。


山根多恵の経歴・略歴

山根多恵、やまね・たえ。日本の旅館経営者、社会起業家。吉田屋女将。山口県出身。山口大学在学中、カナダへ留学を経て、市民バンク代表・片岡勝氏の授業をきっかけに大阪で起業支援活動の責任者となる。島根県大田市・雇用創出推進協議会推進本部の地域活性化プロジェクトに参加。後継者不在の旅館「吉田屋」の女将と出会い、同旅館を引き継ぐことを決意。24歳で同旅館の若女将となった。週末3日のみ営業、地域社会の活性化活動など独自の活動を展開した。そのほか、内閣官房構造改革特別区推進本部評価・調査委員なども務めた。

他の記事も読んでみる

下園壮太

部下からの深い悩みの相談にはまず「30分、徹底的に相手の話を聞く」ことをしていただきたい。


井上亮(オリックス)

判断力も重要です。案件を成立させていく仕事の中で培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。


堤真一

駆け出しの頃は、仕事で家を1か月ぐらい空けることも多かった。その時は部屋をメチャメチャ綺麗に掃除してから出発することにしていました。もし、自分が死んだら、身内が部屋を片付けに来るでしょう。その時に迷惑を掛けたくなかったんです。当時は食べるのもやっとで、いつ野垂れ死にするかも分からないと思ってましたから。


松下正幸

いわゆる、「結果としての素直な心」にはそう簡単になれるものではないし、死ぬまでなれないかもしれないけれど、常に「もう少し、より素直な心になりたい」と思い、心がけ、努力することが非常に大切なのではないかと思います。そういうことで、私自身が心がけていることとしては、できるだけ広い視野に立とう、できるだけ長期的な観点を持とう、できるだけ公の心を持とう、ということであります。


加藤俊徳

朝顔などを見ていればわかりますが、植物も日々刻々と変化しています。よく観察して心に留めていると、「昨日は花が5つだったが、今日は7つ咲いた」というように変化に気付けるようになってくる。これが右脳の視覚系と記憶系の脳番地の強化につながる。


矢野龍

先日も小学校、中学校でお話をしてきましたが、そうした日本の将来を担う小・中学生と、彼らを教える先生方が森林のことをあまりご存じないというのが現状です。先生方に森林の大切さを知ってもらわなければならないという思いで講演をしてきました。また、国立大学で住宅政策と森林の大切さについて講演してきましたが、東京大学や大阪大学など、日本を背負う学生さんですら、森林には興味がないというような顔をしていました。それでも私は一所懸命訴えているんです。


和田秀樹

社内のムードを味方につけておくことが大切。根回しをして、周りが「いいね」というムードを作っておく。普段からウソやズルをせず、協力を惜しまない態度が、信用を得ていきます。


マザー・テレサ

私たちの周りの人々を理解するように懸命に努力を尽くすべきです。そして、ともに住む人々をより理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。


南部靖之

私はM&Aには積極的ではありません。事業規模の拡大だけをめざすのは、私の創業精神とは外れますから。


坂本孝

自分の足で出かけていくことで、予期せぬことにたくさん出合える。


山田英夫(経営学者)

「あの会社がやったからうちも」という後追いでの副業解禁は、うまくいかない可能性があります。副業解禁は人事システムの仕組みの一部ですから、他の部分を変えずに副業だけを解禁すると、問題が起こります。経営者の意識や社風も、併せて見直す必要があるかもしれません。


永守重信

一番大事なのは社員の士気です。利益を絶対に上げるという。