名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山東理二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山東理二のプロフィール

山東理二、さんとう・まさじ。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。和歌山県出身。東京大学法学部卒業後、三菱商事に入社。チリ三菱商事社長、三菱商事執行役員インフラ事業本部長・中南米統括、千代田化工建設副社長などを経て社長に就任。

山東理二の名言 一覧

好きな言葉は「着眼大局、着手小局」。広い視野で戦略を練る一方で、個別案件への備えも決して怠らない。経営者として、ビジネスを仕掛ける上で、とても大事な考え方だと思います。


いいものを作り、お客様に喜んでもらうことは大前提。それを同時に我々の利益にしていかなければならない。当社はまだ収益へのこだわりが弱い。逆にそれは伸びしろだと考えている。


既存資源のパイが限られる中、プラントを建てるだけでなく、収益力を高めるための工夫が必要。私が商社の中で培ってきた工夫を、千代田化工に埋め込んでいく。それが外部から来た私の一つの役割。


社内では「(筆頭株主の)三菱商事が利用できると思う部分があれば徹底して利用しなさい」と言っている。そして利用する必要がないと思えば使わなければいい。


知見のある企業とパートナーを組むことが大事。造り上げて、引き渡して終わっていたのがこれまでだが、今後は我々も一緒に入っていき、ノウハウを蓄積していく。


市場では我々のプロジェクトを他社も当然狙ってくる。数を追うのではなく、限られた案件をいかに確実に取るか、いかに収益力を高めるかがポイント。


南米チリの三菱商事現地法人社長時代に学んだのは、マクロな視点で物事を見ることの重要性。しっかりと流れを読めば、ライバルよりも早くニーズを捉えられます。受け身ではなく、先行者利益を狙えるわけです。


社員と意識を共有する意味で、社長就任後、社員との対話集会を就任1か月で13回行った。社員の考えや悩みを知ると同時に、私の考えを理解してもらいたいという思い。話をしていると特に若手に現状への危機感、経営と議論したいという思いが強いことがわかった。今後も対話を続けていきたい。


千代田化工建設の社長就任は、三菱商事の中南米統括として駐在中だったブラジルで、電話連絡を受けて知りました。以前インフラ事業本部長だった頃、慣例として千代田化工の社外取締役を務めたことはありますが、予想外の展開に大変驚きました。会社が大変な時期だと聞き、私ができることは何でもやろうと決意しました。


山東理二の経歴・略歴

山東理二、さんとう・まさじ。日本の経営者。「千代田化工建設」社長。和歌山県出身。東京大学法学部卒業後、三菱商事に入社。チリ三菱商事社長、三菱商事執行役員インフラ事業本部長・中南米統括、千代田化工建設副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

辻口博啓

群れている人間って、職場でも、「あいつがこれくらい働いてるなら、俺もこれくらい」とか、他人を物差しに自分を測りますよね。我々の業界だって、上手いと言われている人とだいたい同じものがつくれれば、少なくとも飯は食っていけます。しかし、そんな人間が突出することは絶対にありません。


荒川詔四

報告書や提案書を書く際、状況説明や分析に力を入れすぎて、とるべきアクションとそれによる結果が見えてこなければ相手の心をつかめません。枝や葉をいくら集めても、根や幹が見えなければ意味がないのです。


岩田彰一郎

サッポロビールさんでは「ホワイトベルグコロコロストッカー」という商品を開発しました。商品の箱が補充型のケースになっていて、自宅の冷蔵庫で先入れ先出しのストッカーとして活用できるので、大ヒットしています。


堀之内九一郎

とくに「小さな嘘」は信頼を損なう。「俺、年商一千億円の社長になるぞ」のような大きな嘘は害がないからいいんです。でも、小さな嘘はダメ。「風邪気味なので病院へ行ってから、少し遅れて出社します」といっていた社員が、二日酔いで午後から出社してきたら、小さな嘘のわりにはとても大きな信用を失います。だから、私は社員に対しては絶対に小さな嘘をつかないようにしています。


冨安徳久

日本では、生きている問に死について話すことは不謹慎だと思われがちです。しかし、きちんと死に向き合うことが、充実した人生を送ることにもつながります。残された人も、大切な人を失った後、前向きな人生を送ることができるはずです。生と死、この2つについて考えることは、実は同じことなのではないでしょうか。


大嶋啓介

親父は、僕が小学3年生のときに他界したんですが、親父の写真を見ているうちに、「おまえ、いつ死んでも後悔しない人生なのか?」って、問いかけられている気がした。36歳で亡くなった親父は、「人生はいつ何が起こるかわからない」ということを死をもって僕に教えてくれたんです。その親父に対して、胸を張れるような人生でありたいと思ったら、ここで終わるわけにはいかないと。


葛西敬之

かつて明治維新や、日露戦争に勝つぐらいまでは自分の頭で考えたのではないでしょうか。しかし日露戦争に勝って以降の日本の教育というのは、大学の成績がいい学生が登用され、アカウンタビリティー(説明責任)主軸になって、自分で想像力や創造力を働かせることや直観力が失われてしまいました。


佐藤洋治

消費者の立場に立つ、というところが大事。


長谷部健(政治家)

渋谷もこれからはロンドン、パリ、ニューヨークとも肩を並べる成熟した国際都市を目指したいと考えています。成熟とは、急激に変わることではありません。新しいものを生み出しながらも、街の歴史や成り立ちを踏まえ、すでにあるものを充実させてバランスをとっていく。


齋藤孝(教育学者)

人というのは、普段はそれほど仲がよくない者どうしでも、みんなでこれを成し遂げようというものがあれば、手をとり合って協力するようになる。


中野貴利人

クラウドソーシングの登場は、プロとアマの壁を見えにくくしました。これまではプロとして仕事をするには、それなりの経験や人脈、営業力を要しましたが、実力さえあれば参入できる間口が広がったのです。


大嶋利佳

周囲を見て、大人らしい話し方のお手本になるような人を見つけ、真似をしてみてください。そう長くない間に、声の出し方が改善できるでしょう。