名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山村章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山村章のプロフィール

山村章、やまむら・あきら。日本の経営者。「フェローテック」社長。慶應義塾大学工学部卒業、米国ノースイースタン大学大学院修士課程修了。米国ケンブリッジ・サーオミニックス社などで磁性流体・サーモモジュールの研究開発に携わる。その後、フェローフルイディクス社(のちにフェローテックに買収され、フェローテックUSAとなる)に入社。同社日本法人代表となる。親会社の経営不振からMBO(マネジメントバイアウト)を行って独立し、フェローテックを創業。その後、親会社を助ける形で買収。同社を磁性流体応用製品の世界的トップメーカーに成長させた。

山村章の名言 一覧

我々の作る商品には、すべて商品寿命がある。ハイテク製品は特に商品寿命が短い。技術革新が本当に早いので、30年先の変化は頭に浮かばない。


今の商品はいずれ無くなるという、良い意味での危機感を毎日持たねばならない。技術革新の危機を感じなくなったら、経営者は終わり。


各子会社は本社の支店ではない。各々が現地で根を張って大きくなるべきだ。


当社がここまで発展できたのは、何よりも人との絆が原動力になっています。当社の最大の強みはグローバルな人の絆にあるということです。


一昨年に創業30周年を迎えたわけで、これまでを振り返るといろいろ試練はあったものの、順調に企業成長を持続できたと自負しています。とはいえ、現状に100%満足しているわけではありません。世界経済が激変の渦中にあるいまこそ、創業時のチャレンジ精神が求められると考え、今年度からの3年間を「第二の創業」と位置付けました。


私は創業以来「いかにして企業を存続させるか」を常に考えてきました。この視点から品質と価格における国際的な競争力を重視してきました。


私は早い時期から技術開発型のグローバルな製造業をつくりたいと考え、それを念頭に米国企業に入社しました。


我々の強みは市場規模の小ささにある。我々の事業はどれも数十億円の市場です。ただ、そこでトップシェアを握っているので大手が入り込みにくい。これが何千億円という市場規模なら多くの企業が参入するでしょう。


山村章の経歴・略歴

山村章、やまむら・あきら。日本の経営者。「フェローテック」社長。慶應義塾大学工学部卒業、米国ノースイースタン大学大学院修士課程修了。米国ケンブリッジ・サーオミニックス社などで磁性流体・サーモモジュールの研究開発に携わる。その後、フェローフルイディクス社(のちにフェローテックに買収され、フェローテックUSAとなる)に入社。同社日本法人代表となる。親会社の経営不振からMBO(マネジメントバイアウト)を行って独立し、フェローテックを創業。その後、親会社を助ける形で買収。同社を磁性流体応用製品の世界的トップメーカーに成長させた。

他の記事も読んでみる

水越豊

数字を単なる説明の道具に使ってはいけません。特に管理職の場合、部門が出した成果の説明が求められるため、安易に説明しやすい数字へ飛びついてしまいがちですが、それでは現実を見誤りアクションを間違えます。そうではなく、数字は考える道具として使う。


木村政雄

吉本を辞めた時点では、なにをやるか白紙ですよ。とりあえず個人事務所を作って、退職した明くる日からも、同じサイクルで動けるようにしましたね。やることないけど、同じ時間に出社して、同じ時間に帰る生活(笑)。人間は1度ラクをしてしまうと、元に戻すのが大変ですからね。


方永義

時代は日々進化しています。チャンスを生かし常にステージを上げて行けば、売上高1兆円は不可能な数字ではありません。宮城の会社や日本の会社ではなく、世界の会社にする。それに向かって進んでいく。


長井啓

サプライヤーとは対等な関係の構築に力を入れています。サプライヤーが提供する部品の品質は、当社の最終製品の品質に大きな影響を及ぼし、当社の信用を左右します。毎年約70社の企業と話をしますが、最終的に取引を始めるのは10社以下です。他社との取引関係だけでなく、投資動向や事業継承プランがあるかなど、中長期的に当社と取引をしてもらえるかどうかを重視しています。


中野信子

(テレビの歴史番組では)歴史学者や作家などの出演者の中で、私だけ理系なので、ちょっと異色ですね。ただ、だからこそ自分の強みを出しやすい面もあります。他の人たちが史実ベースで議論する中で、私は脳科学や心理学を駆使して、歴史上の人物の性格分析などを違う切り口で語るんです。


古森重隆

リーダー、とくに経営者は育てるものではありません。自ら修業を積み、自分で育ってくるものだと私は考えています。そのために機会を与えることは重要です。若い頃に海外法人をマネジメントさせるなど、厳しい環境に置くことで人は伸びる。ただ、それだけではダメです。自分で育とうとしないといけない。経営者というのは、人に育ててもらうようなヤワなものではありません。


浦野光人

私の場合は常に三種類の本を並行して読んでいます。背筋をピンと伸ばして取り組まなければならない本。電車の中でも読める本。最後は本というよりは雑誌や新聞のような情報のたぐいです。しかし、どの種類の読書に置いても心がけているのは、読みながら絶えずシミュレーションをするということです。一人の人間が人生で難局を体験する機会はそう何度もありませんが、シミュレーションを通じて学習することができます。


宇都出雅巳

大きくお金を稼げる人はしっかりと自己投資ができる人。金融商品で一時的に成果を挙げたとしても、10戦10勝は難しい。リスクが常につきまとう。いっぽう自己投資の場合はノーリスク。


小林一行(ダイエット)

目的はやせることではなく、やせることで仕事や生活を充実させること。ここを間違ってはいけません。


戸次鑑連(立花道雪)

本来、弱い士卒という者はいない。もし弱い者がいれば、その人が悪いのではなく大将が励まさないことに罪がある。
【覚書き:鑑連は部下を育てるのが上手いと言われた武将。武功のない部下には期待し信頼していることを伝え、武功をあげた部下には小さいことでも大いに喜び褒めた】


山本真司

自分の努力だけでは、どうにもならないことがあります。学校の勉強と違い、仕事の成果や評価は、自分ですべてをコントロールできるものではありません。たとえば優れた改善策を提案しても、その戦略を選ぶかどうかはクライアントの判断です。したがって、自分の努力だけではどうにもならないこともあると、結果を受け入れる気持ちが必要です。


トマス・エジソン

成功のために汗も努力も欠かせない。だが無目的の努力だけでは大海をさまよう小船のごとく、あるいは密林の中を迷い続ける迷子のようにいつか力尽きる。ときどきでいい、閃きを考えてみてくれ。それが羅針盤となって方向を示してくれる。