名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山村章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山村章のプロフィール

山村章、やまむら・あきら。日本の経営者。「フェローテック」社長。慶應義塾大学工学部卒業、米国ノースイースタン大学大学院修士課程修了。米国ケンブリッジ・サーオミニックス社などで磁性流体・サーモモジュールの研究開発に携わる。その後、フェローフルイディクス社(のちにフェローテックに買収され、フェローテックUSAとなる)に入社。同社日本法人代表となる。親会社の経営不振からMBO(マネジメントバイアウト)を行って独立し、フェローテックを創業。その後、親会社を助ける形で買収。同社を磁性流体応用製品の世界的トップメーカーに成長させた。

山村章の名言 一覧

我々の作る商品には、すべて商品寿命がある。ハイテク製品は特に商品寿命が短い。技術革新が本当に早いので、30年先の変化は頭に浮かばない。


今の商品はいずれ無くなるという、良い意味での危機感を毎日持たねばならない。技術革新の危機を感じなくなったら、経営者は終わり。


各子会社は本社の支店ではない。各々が現地で根を張って大きくなるべきだ。


当社がここまで発展できたのは、何よりも人との絆が原動力になっています。当社の最大の強みはグローバルな人の絆にあるということです。


一昨年に創業30周年を迎えたわけで、これまでを振り返るといろいろ試練はあったものの、順調に企業成長を持続できたと自負しています。とはいえ、現状に100%満足しているわけではありません。世界経済が激変の渦中にあるいまこそ、創業時のチャレンジ精神が求められると考え、今年度からの3年間を「第二の創業」と位置付けました。


私は創業以来「いかにして企業を存続させるか」を常に考えてきました。この視点から品質と価格における国際的な競争力を重視してきました。


私は早い時期から技術開発型のグローバルな製造業をつくりたいと考え、それを念頭に米国企業に入社しました。


我々の強みは市場規模の小ささにある。我々の事業はどれも数十億円の市場です。ただ、そこでトップシェアを握っているので大手が入り込みにくい。これが何千億円という市場規模なら多くの企業が参入するでしょう。


山村章の経歴・略歴

山村章、やまむら・あきら。日本の経営者。「フェローテック」社長。慶應義塾大学工学部卒業、米国ノースイースタン大学大学院修士課程修了。米国ケンブリッジ・サーオミニックス社などで磁性流体・サーモモジュールの研究開発に携わる。その後、フェローフルイディクス社(のちにフェローテックに買収され、フェローテックUSAとなる)に入社。同社日本法人代表となる。親会社の経営不振からMBO(マネジメントバイアウト)を行って独立し、フェローテックを創業。その後、親会社を助ける形で買収。同社を磁性流体応用製品の世界的トップメーカーに成長させた。

他の記事も読んでみる

宮崎龍己

当社のビジネスモデルは継続的にIT人材を創出していくものであり「採用」「教育」「営業」の3要素に加え、初期の人材教育を支える財務基盤が必要な独自性の高いものであるため、他社は容易に模倣できません。


松田公太

あなたは「あの人は生まれつき恵まれている。自分は平凡だから仕方ない」などと諦めていないだろうか?確かに、スタートラインでの差はあるかもしれない。しかし、特別な境遇にある人たちよりも強く情熱を持って取り組めば、何事にも負けないはずだと私は信じている。


鈴木敏文

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は違う。子供のために叱っているつもりでも、子供の立場から見たらありがたくない。それと同じ。


前野隆司

「生活満足」は持続時間の短い感情的満足です。家やクルマ、外食などの消費で得ることができますが、次第に飽きてしまうものです。一方、「幸福」とは、「生活満足」だけでなく、長期かつ安定的に心を満たしてくれるものです。友人とのつながり、築き上げた家族、今まで歩んできた人生の歴史に抱く充実感。これらは、「お金では買えないもの」だと言えます。「生活満足度」は他人と比べられるもの、「幸福度」は他人と比べられないもの、という言い方もできるでしょう。


岡藤正広

そもそも、会社にとって「本当のお客」は誰か。もしかしたら、本当のお客さんは、目の前の相手ではない場合もあるんです。僕が若いころ、紳士服の生地を海外から輸入する仕事をしていた時代、テーラー(仕立て屋)さんが、帝国ホテルで展示会を開いたんです。紳士服の展示だから、当然、会場に足を運んでくるのは男ばかりだと思っていました。ところが、現場に行くと、奥さんや娘さんが大勢いたんです。「お父さん、これいいわね」なんてね。そこから僕は、紳士服の生地の本当のお客は女性じゃないか、ということを知ったわけです。


中里義崇

お店にはお客さんからの問い合わせが多数あります。そういう問い合わせは、自分で調べなくても、「欲しい人がいるのに、購入先がない」ということを教えてくれる貴重な情報源なんです。結果、お店を構えたことで、ますます取り扱う商品の幅も広がりました。


加藤智治

現在、逆ピラミッド構造を行動指針として改革を実施しています。現場のスポーツナビゲーター(従業員)が一番上にいて、それを支える本部があり、その下に経営陣がいるという考え方で式本部がいかに店舗をサポートするかといった意識改革を推進中です。お客様と日々接している現場のスポーツナビゲーターの声を聴き、現場で起きていることを把握し経営に生かすことが大切だと思っています。


土屋雅稔

初心者は、まず始めること、そして続けることが大切です。


小池百合子

時代が変わっても、伝統工芸の価値は変わらない。伝統ある宝物を次の世代に確実に継承していくためには、「マーケティング目線」をもちながら、常に磨きをかけていく必要がある。


寺田千代乃

最初はとにかく「前へ、前へ」と進むことしか考えていなくて、「攻撃は最大の防御」といいますが、ただがむしゃらに前を向いて走っていたんです。でも、やがてある時、「ちょっと待てよ。私たち経営陣は前を向いて走っているつもりだけど、社員たちはみんなついてきてくれているのかな?」と思い、自分たちのやり方を客観的にチェックして、間違ったことがあったら直さなければいけないと気づいたのです。そこで「反省と挑戦」という意識を常に持つようにしました。


阿部祐二

東日本大震災が起きた日の午前中に、僕は、千葉県内で乗っていたタクシーが追突され、意識不明で病院に運ばれたんです。診断結果は、首の第二頸椎骨折。瀕死の重傷で、意識が回復した後も身体が動かず、約3カ月間の療養を余儀なくされました。大変な事故ではありましたが、この経験から、僕は、「人はいつ不慮の事故に遭うかわからない。そのまま死んでしまうこともあり得る」ということを改めて痛感し、1日のありがたみをより一層感じるようになりました。すると、パワーがさらに加速してきて、モチベーションが抑えきれなくなってきました。1日24時間じゃとても足りませんから、くよくよ悩んでいる暇はないのです。


青柳俊彦

安売りすることで、数だけ増やせばいいとは思ってはいけない。多少価格は高くても、価格以上の満足を実感してもらえるサービスこそが大切。