名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本隆章(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本隆章(経営者)のプロフィール

山本隆章、やまもと・たかあき。日本の経営者。「セイコーソリューションズ」社長。成蹊大学工学部卒業後、セイコーインスツルに入社。エスアイアイ移動通信社長、セイコーインスツル移動通信事業部事業部長、執行役員、ネットワークシステム部長、エスアイアイ・ネットワーク・システムズ社長、セイコーソリューションズ社長などを務めた。

山本隆章(経営者)の名言 一覧

お客様から提案依頼書を持ちかけられる前に潜在的な課題を掘り起こし、その解決策を提案する――。これからのITサービス産業には、このような取り組みが必要になるのだと思いますし、私たちが目指す姿でもあります。


ハードやソフトの価格が下がり、誰でも容易にITを導入できるようになりました。お客様が既存の業務を単純にIT化するだけでは、競合他社に対する優位性を築けなくなっています。しかし、お客様、さらには社会に潜在化している課題を見いだすことができれば、ITを活用して課題を解決することは可能です。それが、お客様の競争優位性につながるはずです。


業務用の端末では、時代によって標準的な通信手順が異なることがあります。いくら新技術に通じていても、古い通信手順を熟知していなければ、これらが混在した環境を構築することはできません。私たちは古くからネットワーク関連の機器やソリューションを手がけているため、多様なIT環境をつなぐことには長けています。


セイコーの創業者である服部金太郎が「世間より一歩先に進む必要がある。ただし、ただ-歩だけでよい。何歩も先に進み過ぎると、世間とあまり離れて予言者に近くなってしまう」という言葉を残しており、これがセイコーのDNAとなっています。新生セイコーソリューションズでも、先に行き過ぎず、信頼性が担保されたソリューションを提供していく方針です。


先進技術の研究開発に取り組むのはもちろんですが、先進性と同等に信頼性も重視しています。


お客様や社会が今の時点では気がついていないような、一歩先を行く技術やソリューションを提供していくことを目指しています。


これまでグループ内で、複数の企業がシステム関連事業を手がけ、それぞれがユニークなビジネスを展開してきました。これらを一体化すれば、大きなシナジーが発揮できると判断しました。各社が持つリソースを融合すれば、競合他社とは異なるソリューションが提供でき、大きな市場成長性が見込めます。


山本隆章(経営者)の経歴・略歴

山本隆章、やまもと・たかあき。日本の経営者。「セイコーソリューションズ」社長。成蹊大学工学部卒業後、セイコーインスツルに入社。エスアイアイ移動通信社長、セイコーインスツル移動通信事業部事業部長、執行役員、ネットワークシステム部長、エスアイアイ・ネットワーク・システムズ社長、セイコーソリューションズ社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

ひとつひとつの仕事とは、開始から終了までのあいだに起こる、イベントの集合体だといえます。時間の経過とともにステージが変わっていって、ステージごとにどの分野でどんなことが起こるかが異なるわけです。これは、経験してみなければ絶対にわかりません。


棚橋弘至

いろんな人と接することで、「世間からプロレスはどう見られているか?」ということに初めて気づいたんです。「プロレス」と聞いただけで顔をしかめる人が、いかに多いか! とくに女性は、ほとんどそうでしたね。「流血」「怖そう」というイメージが強すぎて。じゃあ、どうやったら、そういう人にプロレスの会場に足を運んでもらえるのか? そこからはじまったんです、僕の闘いは。


ダライ・ラマ14世

私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。


二宮尊徳(二宮金次郎)

一万石の米は一粒ずつ積んだもの。1万町歩の田は一鍬ずつの積んだもの。万里の道は一歩ずつ積み重ねたもの。高い築山(つきやま)も、もっこ一杯ずつの土を積んだものなのだだから小事を努めて怠らなければ、大事は必ず成就する。


坂戸健司

「この仕事の意味は何か」を深く考える習慣が、仕事における思考力を高める。


辻庸介

パッションの源泉って、自分でもうまく言語化できないんです。ただ、どこかに、今の日本の閉塞感に対する怒りみたいなものがあるのかもしれません。米国にMBA留学した時にも感じたのですが、日本って本当に素晴らしい国です。モノの品質は高いし、安全だし、便利だし。なのに、経済は停滞状態から脱せず、世界での存在感も薄れつつある。正しく評価されていない気がして、すごく悔しい。何かフェアじゃない。この状況をどうにかするために、微力ながらも、少しでも役に立ちたいという思いは強いですね。


セオドア・レビット

ヴァンダービルト(アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト)は、自社の事業を「鉄道事業」ではなく、「輸送事業」と考えるべきであった。そうしていれば顧客の要求の変化に気づき、自動車やトラック、航空機の台頭によってこれほどひどい打撃を受けることはなかったかもしれない。顧客のニーズを満たすことは、提供している製品そのものに集中するよりも継続的成功への近道なのだ。


太田彩子

取ってくるのは少額の契約ばかりで肩身が狭い、という時期もありました。でも実は、お客様の数は同僚の誰よりも多かったのです。そのお客様たちとの関係を続けるうちに、担当先だった会社がどんどん拡大していって、最終的には取引当初の百倍もの売上金額につながったこともあります。もしも、私が早々に意気消沈していれば、この結果はなかったでしょう。


蒲島郁夫

語学は手段。目的がないとなかなか身につかない。目的が明確になったうえで勉強すれば、身につくようになる。


岩田彰一郎

当社の物流センターで火災が起きたのだから、当社が関係者に大きなご迷惑をかけたことは疑いようがない。法的にどのような結論が出るかはまず関係なく、我々が現在どのようなことを行うべきかを第一に考えました。


リチャード・カールソン

リラックスするとはどういうことか?この言葉を何千回も耳にしながら、その意味が本当に分かっている人はほとんどいない。私たちのほとんどは「やるべきこと」がなくなってからリラックスしようと考えている。人生の書類入れが空になることは絶対ないのに。


新浪剛史

人間力とは自己犠牲、利他の精神。自分を律して、社会のためにどう役立つかということが、人間力が発揮できる一番重要なポイント。