名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本祐揮の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本祐揮のプロフィール

山本祐揮、やまもと・ゆうき。日本のアームレスラー。静岡県出身。焼肉店店長などを経てアームレスリングを開始。アームレスリング世界選手権86キロ以下級レフトハンド部門で優勝し世界王者を獲得。

山本祐揮の名言 一覧

子供を抱っこする時もアームレスリングのフォームで抱き上げてキープしています。日常を練習に変えてしまう姿勢が強くなる秘訣です。


仕事後の深夜に2時間ほど集中して鍛えています。仕事との並行はきついですが、ディフェンディングチャンピオンとして負けられないという自覚があります。勝つためには、練習。そして、今の目標は、階級を越えてレフトハンド最強になることです。


アームレスリングの魅力は、試合が終わると、選手同士の交流が始まり、友人が増えることですね。勝ち負け以上に同じ競技を愛する連帯感が魅力です。


僕は今、初心者の方に教える道場も開いているんですが、初めての人はだいたい腕の前に下半身が筋肉痛になります。アームレスリングは見た目以上に全身運動なんですよ。


国内のレフトハンド無差別級王者は僕の体がすっぽり隠れてしまうほどの巨漢で、今の実力では勝つのは難しい。それでも、階級別があることを知らない一般の人は「世界一」だから、勝って当たり前と思うはず。だからこそ、僕はこの体格のまま、無差別でもトップに立ちたい。大男を倒す僕のような選手がいれば、メディアも注目し、競技自体もメジャーになっていくはずですから。「アームレスリング選手と言えば山本」と言われるよう腕に磨きをかけたいと思います。


最初にCクラスという一番下レベルの大会に出場しました。公式戦の雰囲気や競技台、アームレスリングのルールに戸惑いながらも、全勝で優勝。腕相撲でも無敗でしたから、軽く上まで行けるのかなと思いました。ところが最初の1年は、自分よりも腕力のない相手に負けてしまうこともあって、驚きました。ベテラン選手は相手の力を逃がす技など、様々なテクニックを使ってくる。簡単に言えば、腕っ節だけでは勝てない。それが腕相撲とアームレスリングの最大の違いでした。


中高時代は柔道部だったんですけど、じつは体をぶつけあう争いごとがあまり好きじゃなくて。でも、当時から腕相撲は強かったんですよ。高校1年の時、クラスに腕相撲が好きな友達がいて。遊びでやってみたら、全勝。「山本、強いな」って噂になって、2年生や3年生からも挑まれるようになり、最後は体育会の先生まで。全員倒して、気づいたら高1で校内には敵なしでした。特に練習したわけじゃないので、元々、腕っ節が強かったんだと思います。


焼き肉店の店長として働いていたんですが、何かイベントをしようという話になって。「店長に腕相撲で勝ったら全額無料」の看板を掲げたんです。そしたら、2年間で400人くらいのチャレンジャーが現れ、ほぼ毎日腕相撲勝負をすることに。自衛隊の方が15人くらいの団体で来店されて、一列に並んでもらい、次々と勝負したこともあります。そこでも無敗を貫いていたら、ある日の夜、かなり腕の太いお客さんがふらっと店に入ってきたんですね。手を結んだ瞬間にものすごい威圧感が伝わってきて、「何かやっているんですか?」と聞いたら、「アームレスリングをやっている」と。今まで来店したどの力自慢の人よりも強く、技術がありました。それでもなんとか倒したら、競技に誘われたんです。


山本祐揮の経歴・略歴

山本祐揮、やまもと・ゆうき。日本のアームレスラー。静岡県出身。焼肉店店長などを経てアームレスリングを開始。アームレスリング世界選手権86キロ以下級レフトハンド部門で優勝し世界王者を獲得。

他の記事も読んでみる

平井正修

禅でいう自由とは、自分がやりたいことを何でもできるとか、欲しいものを何でも手に入れられる自由とは異なる。禅の自由は、文字通り、自らに由ること。自分の足で立つこと。自立をすることである。この自由の境地から、本物の自尊心が湧き上がってくる。現代風に言えば、自分の本当の価値を知ることになるのである。


松本幸夫

脳が目覚めたばかりでクリアな朝の時間帯は、情報を収集するより、むしろ企画作成やレポート作成など、クリエイティブな作業に振り分けた方がいい。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

単なる報告だけの報告書は書かせません。報告が必要なのは、当初の提案や前提に変更が生じた場合のみです。進捗の気になる案件は、電話や携帯のメールで「あれ、どうなってる?」と直接問い合わせます。報告書では取り繕えても、不意打ちだと都合の悪いことを隠し通すのは難しいのです。部下の嘘を見破るのは上司の義務です。私自身、一切ごまかしが通じない厳しい上司に恵まれたから、いまの自分があると感謝しています。


本田健

同じように仕事をしていても、仕組みをどうつくるかによって、お金持ちになる人とそうでない人の差が開く。


ボブ・マーリー

たとえ何が起ころうと構わない。いま殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ。


矢野龍

大自然を相手に仕事ができて、会社には感謝をしています。私は、当社の中で海外市場を開拓していったパイオニアの最後の世代です。入社後の最初の2年間は、日曜日に2回休んだだけで、毎日日記を付けていました。厳しい環境だったのかもしれませんが、24~25歳の時には本当に仕事が楽しくて仕方がありませんでしたね。


嶋浩一郎

最初に「これから何について話をするか」という、伝えたいことのテーマを話すと、相手に聞く姿勢ができる。


中村邦晴

当社は、入社10年間は評価に差をつけても昇格に差をつけない。4月からは、この勉強期間の10年間に3つの違った仕事を経験させるガイドラインを導入する。


森下篤史

上司が嫌なら店を替われ、そこでも嫌ならまた替われ。何度でも替わってみろ。テンポスはフリーエージェント制だから。だがそのうち気づくだろう。理想的な上司や職場などないということを。自分で切り開いたところにしか「やりがい」はないということを。店長は、気に入らない使いにくい部下は他の店に放り出せ。テンポスはドラフト制だから自分の納得のいくまで何回でも人を入れ替えろ。だがそのうち気づくだろう理想の部下などいないということを。


小松節子

私の経営者としての使命は、美しいバランスシートを完成させること。そして、お客様への感謝の気持ち、社員への思いやりを忘れることなく、人間を磨き続け、この気持ちを次の後継者へ引き継ぐことです。あらゆる覚悟をもって、努力を惜しまず前進しなければ当社の未来はないと思います。


齋藤直美

相手に改善すべき行動を考えさせたい場合でも、方向性やヒントを示すことが必要。


中原淳

よく指摘されるように、日本企業では「成果の報酬は、次の仕事の面白さで払われる」という特質があります。たとえば、多くの人を巻き込んで。プロジェクトをやり遂げた経験が、より大きな経験を呼び込むための資本として機能するのです。また、そうした経験を通して得た人間関係がきっかけになり、別の新しい仕事へ声がかかる、という可能性もあるでしょう。