山本直純の名言

山本直純のプロフィール

山本直純、やまもと・なおずみ。日本の作曲家、指揮者。東京出身。東京芸術大学作曲科に入学。3年時に指揮科に転じる。小澤征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を結成。指揮者だけではなく作曲家としても活躍し、映画、CM、テレビ、アニメなど幅広い分野で活動した。

山本直純の名言 一覧

どんなに優れた曲を作ろうとも、そのまま放っておいたのでは譜面に描かれたたんなる模様でしかありません。そのものに生命を吹きこみひとり歩きさせる。それが指揮者、演奏家の使命というものです。


山本直純の経歴・略歴

山本直純、やまもと・なおずみ。日本の作曲家、指揮者。東京出身。東京芸術大学作曲科に入学。3年時に指揮科に転じる。小澤征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を結成。指揮者だけではなく作曲家としても活躍し、映画、CM、テレビ、アニメなど幅広い分野で活動した。

他の記事も読んでみる

田岡信夫

いままで成功してきた新製品開発のケースは、いわゆる差別化の練りに練られた戦略があったから成功したのである。思いつき的差別化で成功したケースはまずない。やはり、実に練りに練った成功といってよい。


永守重信

残業ゼロについて従業員にアイデアを募集したところ、800通を超える意見が集まった。これまで行った意見募集の中で、最も反響が大きかった。素晴らしいアイデアには表彰をし、実現可能な改革はすぐに実行することも決めた。


佐藤智恵(コンサルタント)

なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


長榮周作(長栄周作)

一度や二度却下されたくらいで諦めたりせず、何度でも挑戦して上司を攻略しなさい。A案が駄目ならB案、それが駄目ならC案を出して、上司が首を縦に振るまで粘り続け、工夫し続けなさい。


芳井敬一

1970年以降、中国を振り出しに米国など海外事業を始めましたが、中国しか残りませんでした。その反省もあり、その国で何がお役に立てるかを明確にしていこうと。我々は右から左にモノを動かして利益を取るのではなく、モノづくりから逃げてはならないということに強くこだわっています。


酒巻久

褒めるのは、私は下手です。持って生まれたキャラクターというものがありますから。だから私の場合、部下がいい提案をしたら、すぐに全員に回覧するようにしています。すると、その人は周りから「すごいですね」と言われる。本人に強みを自覚させるには、一番いい手段でしょう。


宮内直孝

さらなる規模拡大を実現するには、事業分野を広げ、景気の波に備えなくてはいけないと思います。私はフィルム・シート装置に長くかかわってきました。その中には、あまり需要がないからやめたらどうかと言われた分野がいくつかあります。ところが、ある分野がいいときに芳しくない分野が、次には逆転して支える側に回るということがある。その体験があるので、売り上げ2500億円とか3千億円を目指すためには、事業の品揃えを増やすことがどうしても必要だと思っています。


楠木新

左遷とは地中に埋められた原石を見出すきっかけともいえる。そして原石を宝石に変えるためには、左遷の背景をよく理解したうえで、自分自身に正面から向き合うことが求められる。どんな左遷であっても正面から向き合うことで、イキイキした人生につながるはず。


関根勤

娘には「親は味方だ」ということをハッキリ言葉にして伝えました。いじめにあったときなど、世間の子はそれを親に言わないで事が大きくなることが多いですよね。僕は娘のためなら死んでもいいと思っている、だから何かあったらすぐに言って欲しい、と伝えました。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

まずお勧めしたいのが、資産残高推移表を作ること。やり方は簡単で、複数の口座がある場合は、全ての資産残高を毎月1回一覧表にまとめて集計するだけです。数か月続けていると、「前月と比べて今月は赤字だった」「住宅ローンの繰り上げ返済をする余裕がない」「支出を減らすには、毎月一定額だけを引き出すようにした方がよさそうだ」といった気付きがあるので、それらを書き留めておきましょう。これだけで「今日の資産合計」と「今月の収支差額」を把握できるのでお金が貯まり始めます。


小山五郎

最近は仕事即人生ということで立ち向かおうとする人が多いですが、こういう人は案外挫折してしまうものです。人間というのはそんなに強いものではない。自分に割り当てられた時間をうまく配分して、逃げ込み場所にどう使うかということが大事なのです。私にとって、逃げ込み場所は画なのですが、登山でも、ゴルフでも、酒でも、何でもいいから逃げ込み場を作ることです。しかし、それらにのめり込み過ぎると、せっかくの逃げこみ場所がそうでなくなってしまう。そのへんは欲しくても我慢する克己心が必要になってくるということだと思います。


鳥羽博道

信頼というものは一夜にしてできるものではない。しかしながら、長年にわたって築き上げてきた信頼、信用を一夜どころか、ほんの一瞬の不注意で失ってしまうことになる。商売をするものにとってこれほど情けないことはない。


長谷川滋利

体調が万全でない時にチームメートから気遣いの言葉をもらえると嬉しいもの。私は誰かの体調が気になった時は、自分から声をかけるようにしています。


吉田修一(小説家)

自分が理解できる行動をする登場人物ばかり出てくる小説ほど、書いていて面白くないものはないです。正直な話、途中で興味がなくなる人物も時にはいます。というのも、どの人物も生み出すのは僕なんですが、最初は「分からない」から始まるわけなんですよ。それが「知りたい」から、小説を書く。途中で「分かってしまう」と、書く必要がなくなるんです。「この人はいったいどういう人なんだろう?」と疑問を抱かせてくれる人であればあるほど、その人に興味が湧くし、もっと近付きたいと思うし、本気で腹も立つけど、本気で好きにもなるんです。


斉藤由多加

商品化されている情報は、他人のフィルターを通して加工されたものだから参考にしません。それより情報の「原石」に触れ、自分なりに加工することを考えたほうがいい。旅行に行くならパリやニューヨークのように完成された都市ではなく、アフリカのように人間がむき出しのところが面白いでしょう。


ページの先頭へ