名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本正明(営業マン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本正明(営業マン)のプロフィール

山本正明、やまもと・まさあき。日本の営業マン。国立長岡技術科学大学大学院修士修了後、ゼネコン「間組(のちの安藤ハザマ)」に入社。44歳の時にソニー生命へ転職。保険営業未経験から同社のトップ営業マンになった。著書に『奇跡の営業』。

山本正明(営業マン)の名言 一覧

お客様に喜んで契約していただくには、お客様の事前の期待値をほんのちょっとだけ上回ればいい。


お客様の期待を上回るためにするのは、何も難しいことばかりではありません。笑顔の回数を多くすることもそうですし、白いポケットチーフをすれば少し余計に清潔そうに見えます。自分が海外旅行の経験が豊富なら、旅行好きなお客様に体験談を話してもいいでしょう。そういった期待値をちょっとだけ超えるような努力を毎回積み重ねることによって、私はトップ営業マンであり続けることができるのだと思っています。


私は商談後に、今日の感想をアンケートに書いていただくようにしています。これがお客様の求めているものを知る手がかりになる。その人が求めているのは説明のわかりやすさなのか、親身になってくれることなのか、熱心さなのか。あるいは自分の趣味や仕事に役立つ情報を持ってきてくれることなのか。それを探すことこそ、実は私の仕事だと思っています。


期待と実感がイコールになれば、お客様は「満足」します。期待を実感が下回れば「不満」になります。ところが実感が期待を少しでも超えれば、お客様は「感動」し、契約してくださるのです。何も特別なことをして、期待を大きく上回る必要はありません。私たちはお客様と長いおつきあいをするのですから、無理をしてもどうせ続かなくなります。


最初のうちは契約がとれないどころか、面談の約束さえしてもらえませんでした。何がいけなかったのか、今ならわかります。新人の頃の私は、指導してくれる先輩の模倣をしていました。しかし44歳にもなると、話し方や人との接し方において、自分のスタイルというものができている。それを無理に抑えて先輩のようにしゃべっても、何か違和感がある。だから伝わらないのだとわかってきたのです。それよりは訥々とでもいいから、自分の言葉で話すほうがいい。このことに気づくまで、2、3年はかかりました。


山本正明(営業マン)の経歴・略歴

山本正明、やまもと・まさあき。日本の営業マン。国立長岡技術科学大学大学院修士修了後、ゼネコン「間組(のちの安藤ハザマ)」に入社。44歳の時にソニー生命へ転職。保険営業未経験から同社のトップ営業マンになった。著書に『奇跡の営業』。

他の記事も読んでみる

榊原健太郎

シリコンバレーでも日本でもそうですが、成功するスタートアップはメチャクチャ働いています。3年間は、睡眠時間は3時間位というのが当たり前です。


椎名保

振り返ると、時代時代の新しい流れの中に身を置けたことは幸運だった。


山本ケイイチ

安全な姿勢や、特定の部位に効果的なトレーニング法というのは確かにありますが、あまり細かいことに神経質になる必要はないと思います。大切なのは、細かなやり方よりも、とにかく運動を習慣化し、続けることだと思ってください。


杉村太郎

努力が長続きしない人、途中で挫折してしまう人は、熱中できるものを見つけていないんじゃないでしょうか。心が熱くなってないのに、自分にムチ打って努力しようとしても、結局は投げ出してしまうのがオチです。大切なのは、本気で取り組めることを努力の対象にしているかどうかなんです。


ヤンシー・ハイ

1989年に日本に参入しましたが、日本企業にはとても感謝しています。要求仕様は大変厳しいものでしたが、それに対応していくことで当社の技術力と品質を大きく底上げできました。


茂木友三郎

優れた人材がどんどん辞められるのはもちろん困りますが、いつでも辞められる、どこへいっても働けるぐらいの人材じゃないと、社内で思い切ったことができないのです。自分の意見だっておっかなびっくりでしか言えない。上からにらまれて、クビになったら困ると思いますから。そんな人材に長くいてもらっても、会社にとってもいいことはないのです。


渡辺謙

自分が変わることを焦る必要はない。自分の中でなにかが変わるためには何年か発酵する時間がいる。僕らの仕事でいえば1本の作品ですべてが決まるわけじゃない。


松田丈志

「この選手のためなら力になりたい」。そう思わせる選手ほど結果を出していると気づいた時、五輪でメダルを獲るには仲間の力が必須で、応援されるような選手にならなければと思った。


中本晃

装置というのはハードだけではダメ。ソフトウェアがあり、さらに用途に合致したアプリケーションが機能してはじめて「価値」となる。またときには付属品が必要になるかもしれない。安定運用のためのサポートやサービスも当然いる。これらをすべて提供できて、島津のソリューションになるのです。


了徳寺健二

成功や事業の成否は運が9割。その運も知力を磨く努力によって切り開かれる。


小島慶子

心がけているのが、自分をカッコよく見せようとしないこと。背伸びすると、自分とその理想像の間にギャップができてしまい、結局苦しむことになります。自分は今ある以上になれません。評価も相手が決めるもの。それを引き受けてしゃべるしかありません。その方が楽ですよ。


岸見一郎

日本では、上司と部下とは“縦”の関係にあると思っている人が多いですが、本当は“横”の関係のはず。職場として持っている目標に向かうために、それぞれが役割を分担しているのですから。ですから、「やり方が間違っていると思うけれども、上司だから言えない」というのは、「上司が悪いから、成果が出ない」と言っているのと同じ、責任転嫁です。