名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本正已の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本正已のプロフィール

山本正已、やまもと・まさみ。日本の経営者。「富士通」社長・会長。山口出身。九州大学工学部卒業後、富士通に入社。モバイルPC事業部長、パーソナルビジネス本部長、ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、システムプロダクトビジネスグループ長、常務、副社長などを経て社長に就任。

山本正已の名言 一覧

指名委員会による社長選びのおかげで、変な気遣いは必要ない。自分が信じたものに従ってかじ取りをすることができました。


よく社長交代の記者会見で、「従来路線を踏襲する」と言いますが、私はそう言えなかったし、逆に変えなければならなかった。


心技体すべてを鍛えないと、相手にも自分にも勝てない。


特徴がないと、世界のトッププレイヤーを相手にすることはできない。


当社が常に第一線にいることができたのは、一貫して技術力を高めてきたこと、そして常にチャレンジする精神を持ち続けてきたことだと思います。


助走期間もないし、引き継ぎもない。おまけに傍流出身。しかし、むしろ傍流だったからこそ、この難局に挑めるのではないだろうか。
【覚え書き|社長就任時を振り返っての発言】


自分自身がきちんとした技術を持っていないと、世界のトッププレイヤーは相手にしてくれません。


富士通には「富士通ウェイ」という、社員が守らなければならない憲法のようなものがあります。憲法に背いた人は、社長であろうと、誰であろうと辞任してもらいます。富士通はそのくらい世の中に対して自分を厳しく律しています。


いま社内で言っていることは、「チャレンジ&スピード」です。もともと富士通は、ともかくやってみようという会社でした。もう一度、そのDNAを呼び戻したい。


吉田松陰はとにかく行動派でした。世の中を変える先駆者として、思想だけではなくて、行動でも示しました。その行動力に、ものすごく感心、感動しています。
【覚書き|尊敬する吉田松陰について語った言葉】


これまでは、大学や研究機関、大企業などが中心となって活用されてきました。しかし今後は、SACLAなどの最先端の施設を活用できるようなしくみを作り出し、産業界全体で幅広く製品開発などに活かされるようにしていくべきでしょう。それが日本の産業に新たな活力をもたらすと期待しています。そういう意味で、SACLAも京も、日本の国力だと思っています。
【覚書き|「京」はスーパーコンピューターの名称、「SACLA」はX線自由電子レーザー施設の名称】


社長に就任して、当初の不安が次第に消えるのを感じました。初めての経験ばかりなのに、不思議と動じないのです。思い当たることがありました。私の出身部門は所帯が小さかったから、製品開発から生産、営業、アフターサービスのすべてに目を配らなければなりませんでした。常に浮かび上がる種類の異なる課題を解決しなければならない。付き合う人もさまざまで、異なるものの考え方に触れることが多かった。そのおかげで環境適応が早いのです。


周囲に惑わされることなく、培ってきたものを大事にする。サラリーマン人生で、大事なのは、正義と勇気と感性だと考えていました。


お互いに強みを持ったところが一緒になって強者連合を作っていく。そして、お互いの弱い部分を補っていく。そういう強者連合をこれからも作っていきたい。


基本的に富士通は常にお客様起点なので、極端に言うと、お客様が望まれるシステムは何でも提供します。あくまでも富士通というテクノロジーをベースにした会社の芯が一つあって、それを維持したまま、いろいろなところと組んで全てのお客様に対応するというスタンスなんです。


全部が全部、自分たちで完璧には出来ない。自分たちが出来ないものをどうやって世界のトッププレイヤーと組んで完成させていけるか、というのも大事な側面。


山本正已の経歴・略歴

山本正已、やまもと・まさみ。日本の経営者。「富士通」社長・会長。山口出身。九州大学工学部卒業後、富士通に入社。モバイルPC事業部長、パーソナルビジネス本部長、ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、システムプロダクトビジネスグループ長、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

村井邦彦

時代の半歩先を行くなんてことは、頭で考えたってできない。やはり、体が自然に動いてしまうことが大切なんじゃないか。その動いていけるというのが若さだ。とくにいまは変化というものが、非常に加速化されているだけに、どんな分野においても、プロデューサーにとって重要なことは、この変化に素早く反応するということだ。


永田豊志

大企業ほど構成要素が多く、ビジネスモデルが複雑に見えます。まずは要素を分解し、グループ化していきましょう。大事なポイントは似た要素を集めて、枠でくくること。たとえば複数の「仕入先」「販売先の国」など、ラベル名をつけて、まとめていく。これにより、「大きな流れを大局的に見る」ことが可能になります。


中田卓也

どんな仕事であっても、本質は同じ。今何をするべきかを見極め、行動を起こすことが大切。


近田哲昌

三年後の自分の姿がイメージできると、現在の自分とのギャップが明確になります。どんなスキルや知識、能力、経験が不足しているのかが分かったら、それを重点的に学んだり経験したりすることで、成長スピードを加速させられます。


平林岳

守りに入ったら進歩しない。それは審判の技術も同じ。


山上徹

おもてなしの心に基づく営業は、これまでホスピタリティがあまり重要視されてこなかった業界でも効果を上げている。あるガス会社では、家庭用LPガスを設置する男性スタッフにマナー教育を実施。結果、家庭の台所で応対する主婦層に「礼儀正しい」と好感をもって迎えられるようになり、ガス器具など付随する商品の販売額を大幅に伸ばした。同様のマナー教育は大手宅配事業者でも行われており、ドライバーの応対の好感度が、ライバル企業に差をつけるポイントになっている。


上田渉

外で仕事をする場合、場所を選ぶ基準は様々ですが、「集中して仕事ができるか」を考慮しましょう。その点では、カラオケボックスもおすすめです。周りの目や音を気にせず仕事に没頭できますし、携帯電話も気兼ねなく使えます。気分転換に1曲歌うことも。ただし、電源の使用だけは、事前にお店の人に確認しましょう。


栗本渉

コーチングの最終的な目標は、自ら質問し続け、自分で成長していける人材にすること。


佐々木大輔(経営者)

当社のサービスは「税理士殺し」と言われたこともありますが、実際は違います。税理士事務所も当社のサービスを使うと、入力、帳簿作成の手間から解放されるので税理士本来の経理のコンサルティングといった付加価値の高いサービスに専念できます。税理士さんは競合ではなく、今は当社の「認定アドバイザー」という制度の下で協力関係にあり、3千以上の税理士事務所と友好関係にあります。


ジミー大西

絵を描くときには必ずヘッドフォンで爆音で音楽を聴くんです。そうすると集中できて周りのことが気にならなくなる。


北川正恭

風やチャンスというものは乗るものではない。自分でつくるもの。私は常々、そう思っています。そしてその風やチャンスを呼び込む力になるのは、日々の行動を支える大きな目標に他ならないと思うのです。


的場一成

我々は、自分たちの理念を通じて、未来を生き抜く力をお子さんたちに与えていきたい。私たちの教育理念は、「やればできる、チャレンジする喜び、夢を持つことの大切さ」。これを伝えていきたい。