山本明弘の名言

山本明弘のプロフィール

山本明弘、やまもと・あきひろ。日本の銀行家。「全国信用協同組合連合会」会長、「広島市信用組合」理事長。山口県出身。専修大学経済学部卒業後、広島市信用組合に入組。専務理事、副理事長、理事長、全国信用協同組合連合会副会長・会長を務めた。

山本明弘の名言 一覧

経営は、絶えず3年後、5年後、10年後という先を見据えて、今何をやるかが大事。


融資において大事にしているのは「現場主義」と「スピード」です。融資は3日以内に実行しています。


私どもは10期連続増収増益でした。ただし、当期純利益は減益にしました。企業というものは、一本調子では天まで上がっていきません。10期連続増収増益という、ある意味節目の時に、一度地固めをしようと。


「現場主義」と「スピード」が基本。それ以外に必要な要素として先見性、洞察力、分析力、判断力、決断力、実行力の6つを言っています。私どもの役員、支店長にも、こういう観点で人を見ていくように話しています。


私は人間性、成長性、技術力を見ます。中でも人間性は重要です。担保などの裏付けがあっても、人間性が悪ければ貸すことはできません。やはり嘘をつかないことです。とにかく本音で話ができること。業績が赤字でも、それを本音で言ってくれること。そういう経営者に惚れるのです。


融資はロマンです。私どものお取引先の製造業の企業は、非常に浮き沈みが大きかったのですが、我々は一貫して応援し続けました。今や上場をされて、日本のみならず、欧米に輸出できるまでの企業になりましたが、そこの社長さんには「あの時貸していただいた5000万円が……」とよく言っていただいております。そうした厳しい企業を応援していく。これがロマンではないかと思います。


我々の姿勢は「ミドルリスク、ミドルリターン」です。中小・零細企業の方々は、担保などの裏付けをしっかり持っていらっしゃる方ばかりではありません。ですから我々がある程度のリスクテイクをしながら、地域の企業を元気にしていく。これが一番大事。


私は、地域の信組を絶対になくしてはならないと考えています。「信組が中小・零細企業をつくっていく。中小・零細企業なくして日本の繁栄はない」というのが私の持論。


全信組連としては、待ちの姿勢ではなく、能動的に出ていって、その信組にアドバイスしていく存在でなければならないと考えています。「あそこに行けば何とかしてくれる」という、各信組にとって身近で、受け入れられやすい全信組連にしていくべきではないかと思います。やはり一方通行ではいけません。


最近、他の信組の皆さんの前でお話をさせていただく機会もあるのですが、一番先に「うちのやり方が良くて、皆さんのやり方が悪いというのでは一切ありません」と言っています。我々のやり方の中で、悪いと思うものは捨てていただき、良いものは拾っていただければいいのだと思うのです。


なぜ我々信組が地域に必要かと言うと、企業の中には赤字、債務超過、担保がなく、地銀さん以上では融資ができないけれども、技術力を持ったところがあります。これらの企業は日本を成長させるために必要な企業です。これを応援していくのが信組の仕事です。


先日、医療系のベンチャーの融資がありました。そのベンチャーにとって、今手掛けている仕事は2、3カ月後でなければお金が入って来ない、業績は赤字、担保もありませんから他行は融資をしませんでした。しかし、我々は可能性を感じて、リスクをテイクすることに決め、3日で融資を実行しました。社長さんは「本当にこういう金融機関があるんですね」とおっしゃっていました。


山本明弘の経歴・略歴

山本明弘、やまもと・あきひろ。日本の銀行家。「全国信用協同組合連合会」会長、「広島市信用組合」理事長。山口県出身。専修大学経済学部卒業後、広島市信用組合に入組。専務理事、副理事長、理事長、全国信用協同組合連合会副会長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

一つひとつの瞬間が、一生に一度。


熊谷正寿

資本提携した会社とは上下関係を作りません、対等です。「買収」という言葉は使いません。「仲間作り」です。子会社ではなくグループ会社です。


稲盛和夫

私は若いころ、プライベートな人生と仕事を分けて考えるべきかどうかということで、大変悩んだ時期がありました。働くとは生きるための糧を得る手段であり、自分の人生はまた別のところにある。こう考える人が多いのでしょうが、本当にそれでいいのかと。そんなときにこの本(内村鑑三『代表的日本人』)に出会ったのです。以来、働くとは自分を磨くことであり、自分の人生と仕事を別々にとらえるのはおかしいと考えるようになりました。


迫本淳一

松竹作品は基本的には「人材」ですので、チームワークでコツコツやってきたことが実ったと思っています。


冨山和彦

経営陣の暴走を防ぐ役割を担う独立取締役にとっては、社内の情報にどうアクセスできるかも大切なことです。


二宮雅也

重要なことは何かと考えると、顧客の安全・安心であり、それを支援する先進サービスを提供できる会社になることです。そこで、まずより所になる旗として、そうした考えをまとめたビジョンと戦略を社員や関係者に示しました。共通の思想を持ってもらいたかったのです。その上で、合併に向けて両社の営業拠点を同じビルに入れて、社員同士を交流させることから始めて、管理職の統合を進めました。


ウォーレン・バフェット

将来の生産性ではなく将来の価格変動を当てにしているとしたら、それは投機というものだ。


田原総一朗

テレビなんて本質はムダなもの。なくてもいいものですから。だからこそ、いかに番組を面白くみせるかが大事なのに、いまはチャレンジしない。逆に、ムダを省く傾向になっている。結果、制作費を抑え、人件費をカットするという話ばかり。あたり障りなく、失敗しないで儲けようなんて、一番ムリな話なんだよ。いわば、つまらない道を選択している。面白がってやれないならテレビじゃないのに。


澤田秀雄

実は、いまは過渡期だと思っています。オランダの雰囲気とかチューリップとかで食べていけるなら、それでいいと思うんですよ。でも、結果はそれでは食べていけなかった。だから、オランダの雰囲気のよさは残しつつ、新しい方向を目指さなければならない。私はここを観光ビジネス都市にしたいと思っています。ハウステンボスには電柱・電線が一本もありませんし、エアコンの室外機も一つもありません。東洋一美しいこの街に新しいベンチャーが続々と集まってきて、どんどん育っていく、そういう観光とビジネスのメッカみたいな都市にしたいと思っているのです。


藤田晋

「変わりたい」と考えていても、何もせずに放っておけば、変わることへの抵抗感は、知らず知らずのうちに強まっていきます。だからこそ、自ら積極的に変化していく姿勢が大切になってきます。


奥田隆司

まずは発表したことをやりきる。ただし状況の変化に応じて、柔軟に次の一手を考える。


紺乃一郎

メール送信やプリンターの設定すらできないという医院も中にはあります。当社は、そのような事務を含め医療機関の中で第2領域と呼ばれる「良質な医療を実践するため」に必要な全ての実務に対応するので、医院にとって欠かせない存在になりつつあります。


鈴木喬(経営者)

社員が売れると信じ込んでくれないと、小売店のバイヤーもそう思ってくれるはずがない。


辻村深月

大丈夫だよという普通の言葉を誰かを救う力に変えるのが、小説を書くということなのだとしみじみ思う。


堀紘一(コンサルタント)

メールやツイッターなどの新しいメディアは、たしかに乗り物としては使い勝手もよく発達したが、肝心の中身の発達がまだまだ遅れている。短文だけに行間にどんな感情を込めているのかわかりにくく、書き手の意図など忖度されぬまま疑心暗鬼を呼ぶことがある。これらを使いこなすには、何よりも書き手、読み手双方の国語力の向上が必要とされるだろう。
【覚書き|忖度=そんたく。他人の心をおしはかること】


ページの先頭へ