名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本文緒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本文緒のプロフィール

山本文緒、やまもと・ふみお。日本の女性作家。神奈川県出身。神奈川大学経済学部卒業後、OL生活を経て、『プレミアム・プールの日々』でコバルト・ノベル大賞佳作を受賞。少女向け小説家としてデビュー。その後、一般小説の分野に移り、『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、『プラナリア』で直木賞受賞。『群青の夜の羽毛布』が映画化され、『ブルーもしくはブルー』はNHKドラマ化された。

山本文緒の名言 一覧

人は何事かを成すために生きてるんじゃない。何も成さなくてもいいのだ。自分の一生なんて好きに使えばいいのだ。


山本文緒の経歴・略歴

山本文緒、やまもと・ふみお。日本の女性作家。神奈川県出身。神奈川大学経済学部卒業後、OL生活を経て、『プレミアム・プールの日々』でコバルト・ノベル大賞佳作を受賞。少女向け小説家としてデビュー。その後、一般小説の分野に移り、『恋愛中毒』で吉川英治文学新人賞、『プラナリア』で直木賞受賞。『群青の夜の羽毛布』が映画化され、『ブルーもしくはブルー』はNHKドラマ化された。

他の記事も読んでみる

小松易

思考の整理とモノの片づけとに共通するのは、「いったん外に出すこと」だろう。たとえばデスクの引き出しを片づける際、引出しにモノを入れたままちょこちょこと整理整頓してもうまくいかない。中身を別の場所にすべて出してみると、不要なものが一目瞭然だ。仕分けの作業もはかどる。頭の中にあるアイデアを出し合って、その後に取捨選択するブレインストーミングと似ている。


嶋田毅

質問をどんどん投げかけて抽象度を上げすぎてしまうのも好ましくないでしょう。実は、古代ギリシアのソクラテスの論法は、まさにこうした論法でした。ソクラテスは、人々に無知を悟らせる目的でこのような論法を使ったのです。どんどん抽象度を上げていけば、話があまりにも広くなって、きちんと答えられる人はまずいません。最後には、「すみません、私は何もわかっていませんでした」となります。政治の世界では、こうした論法であえて論点をズラしていくこともあります。しかし、ビジネスパーソンがそれをやってしまうと、結論も出ませんし、生産性も上がりません。言い負かされて自分たちが不利な状況になったり、だまされたりしないよう、このような論法があることは知っておかねばなりません。


カーネル・サンダース

信じてもらうのは難しいかもしれないが、1か月で1万2000ドルを売り上げたものだ。これはガソリンスタンドができて以来、他人の3倍にも相当する額だった。ハードワークは割に合う。このことが証明されたわけだ。
【覚書き|ガソリンスタンドを経営していたときを振り返っての発言。洗車やタイヤの空気入れ無料サービス、早朝営業など他にないサービスを行って大繁盛させた】


津谷正明

コミュニケーションはグローバル企業の肝になります。人は簡単に誤解します。異文化同士ではなおさらです。就任以降、タウンホールミーティングという社員との対話の場を設けました。こちらから語り掛けるだけでなく、双方が話すのです。


ピエール・ルメートル

15世紀のフランドル画派の特徴を作品に取り入れるという構想でこの小説(『悲しみのイレーヌ』)は人物配置を行いました。フランドル絵画では、中心人物の周囲にデフォルメされた脇役が描き込まれる。この構図が主人公を引き立たせるのです。無意味な人物が登場しないのがいい作品の条件だと私は考えています。


小川理子

音楽の中には数学的、哲学的な要素がたくさん含まれていて、そこから仕事につながるヒントや発想を得られることがある。


能町光香

お店選びは、直前にインターネットで探す程度では限度があります。日頃からアンテナを張ってお店を探して、多少のわがままも聞いてもらえるお店のレパートリーを持っていると、いざという時に大変役に立ちます。


加藤学(冒険家)

仕事と夢を分けないのがポリシー。仕事で稼いだお金で夢を手に入れるという方法だと人生で成し遂げられる夢の数が絶対的に少なくなる。手に入れたいものがあるなら、それに関連するビジネスで、すぐにでも手に入れる。


斉藤徹

自分だけの成功体験は通過点に過ぎない。次はチームでどれだけ成長できるのかが目標。人としての成長が、僕らのメインメッセージです。


棚橋弘至

自分のことを心配してくれる人がいるなら、その人を安心させてあげることも大人の責任の一つ。好きなことをするにしても、周りが納得する形でやったほうがいい。


脇若英治

情報収集、分析、決断、実行という4つのビジネス能力が求められるトレーダーになるには、努力で何とかなるのは半分程度です。残りの半分は持って生まれた素質にもよります。幸いにも私は、性格的に合っていたので、努力が報われたのだと思います。


村田昭治

外部に存在する利害関係者がそれぞれに抱く企業への期待値にたいして、その満足感を得るべく最大の努力を払うのが、企業本来の姿。