山本敏行(経営者)の名言

山本敏行(経営者)のプロフィール

山本敏行、やまもと・としゆき。日本の経営者。「ChatWork」社長。大阪府出身。

山本敏行(経営者)の名言 一覧

任せるところはその分野の得意な人に任せて、トップである私が組織として彼らをしっかり束ねる。それが私の考える会社経営。


製品の技術に関して私はノータッチ。なぜなら私はデザインもプログラミングもできないITの素人だからです。そのため、製品に関しては専務取締役でCTOの弟・正喜に全てを任せています。一方の私の役回りは営業とマーケティング。昔から人と話をすることや人を観察することが好きだった性分もあり、トップセールスで当社の製品を売り込んでいます。ですから、当社は兄弟経営の会社と言えます。


山本敏行(経営者)の経歴・略歴

山本敏行、やまもと・としゆき。日本の経営者。「ChatWork」社長。大阪府出身。

他の記事も読んでみる

鉢嶺登

会社を成長させる過程で、多くの悩みは生じますから、経験を話し、アドバイスすることがあります。僕も多くの先輩方に尻を叩いてもらいましたので、しっかりとした志を持つ、見込みのある後輩には尻を叩いています。


川原俊明

本学の場合、残念ながら、第一志望大学に入れなかった学生が、不本意ながら入学してくることが割と多くあったんです。けれども、大切なのは入学してからです。入学してからの成長が極めて重要なわけです。本学の特徴は、学生が本来持っている潜在能力を最大限に引き出すことにあります。


眞保智絵(鳥海智絵)

古賀(信行会長、当時社長)の秘書を務めていた時期が、ターニング・ポイントになったと思います。当時の社長秘書の役割は、社長がスムーズに仕事ができるように段取りを整えることが中心。経営に直接関与するわけではありません。しかし、それでも、のちに野村ホールディングスの経営企画部長や野村信託銀行の社長になったときに役に立った、グループ全体を見渡す視点を身につけることができました。社長秘書は社長から指示を受けて動くわけではなく、社長の立場に立って、自分で考えながら行動しなくてはならないからです。


酒井靖之

アナログはデジタルにはない温かみがあります。CMの制作を決めるコンペでも他社がPCで作る中、私は手書きのコンテで勝負します。映像業界はデジタルの最先端。だからこそデジタルに使われてしまう可能性が高いんです。CMコンテは他社がCGイラストで出してくるところを私は筆ペンで。相手にインパクトを与えることができ、ほぼ負けなしです。


小久保裕紀

自己啓発本を読む時は、「この人とはレベルが違うから、自分には無理」などと考えない。何かヒントがあると思いながら読まないと意味がありません。そのヒントは、読書ノートにまとめるなどいろいろ試しましたが、今はスマートフォンに打ち込んでおき、後から、手帳に記録したりしています。それは本の言葉だけでなく、人の言葉も同じです。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

ITを入れるのはコストを下げるためではありません。業務を効率化することによって、従業員が宿泊客とフェイス・トゥ・フェイスで接客する時間を増やすためです。


馬渡晃

起業直後の小さな失敗は、その後の「致命的な失敗」を防ぐための糧でもあるのです。たとえば、売上の回収ができなかったら、取引先の選び方や回収の方法を変更することで、解決できるかもしれません。思うように集客できないのなら、宣伝方法や価格設定を見直して、一定期間だけテストしてみるのもいいでしょう。


土光敏夫

相互信頼を本物にするため、まず自分が他から信頼される人になる。信頼される人になるためには、どのような行動基準が求められるのか。この五カ条はわかりきったことかもしれない。しかしわかりきったことが、なかなか行えないのである。
一、相手の立場になって物を考える
一、約束をきちんと守る
一、言うことと行うことを一致させる
一、結果をこまめに連絡する
一、相手のミスを積極的にカバーする


鈴木喬(経営者)

僕は「社長」と「経営者」は違うと思っています。「社長」は、決断を先送りして、任期が切れればやめてしまって、お咎めなしの人。「経営者」は決断ができる人。「死んでも自分の責任でやる」という決意を持っている人のこと。


ジェイ・エイブラハム

若いころ、特に夢中で仕事をしているときは、自分が何を学ぶ機会に直面しているかに気がつかないものですね。


山田悠介(小説家)

僕が一番大事だと思ってるのは、題名なんです。手に取ってもらわないとしょうがないわけだから、題名でまず目を引いて、つかみの設定で引っかかってもらうようにする。


細谷英二

出身行のバランスを考えながら登用するいわゆる「たすきがけ人事」をしているうちは、本当の改革はできません。OB、あるいはグループ会社との関係など、過去に成功体験を持つ組織には、しがらみが至る所にあります。その組織で育ったトップは、このしがらみをなかなか否定できない。(銀行業界出身でないことが)私がりそな再建にあたった最大のメリットだったと言えます。


足利政春

「企業は人なり」と言われますが、まずは経営者みずからが最高の品性をつくる努力をすること。経営者の背中を見て、社員もそうなろうと一生懸命努力してくれます。経営者の姿勢こそ、最高の社員教育。


荒川詔四

全世界で総力を結集すべきときだからこそ、従業員一人一人に基本と原則の意識を徹底させたい。それが基盤にないのなら、経営サイドがどんな施策を講じても効果はありません。


川田達男

何か失敗すると現場が叱られる。しかし、なぜ失敗したのか、トップや責任者と現場の問で問題、状況をいかに共有できているかがカギです。


ページの先頭へ