名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本悟(ITコンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本悟(ITコンサルタント)のプロフィール

山本悟、やまもと・さとる。日本のITコンサルタント。「ドリームハイブ」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)電気電子科卒業後、ドリームハイブを設立。

山本悟(ITコンサルタント)の名言 一覧

会社を維持するには、新たな顧客を集め、商品やサービスを販売し、アフターフォローをしっかり行わなければなりません。独立直後の人手が足りない時期に、それらすべてをこなすのは大変でしょう。しかしネットやITを活用すれば、かなりの部分が自動化・効率化できる。


ホームページの制作を制作会社に頼む前に、あなたが誰に商品・サービスを提供するのか明確にしておきましょう。ホームページやブログを作る際には、不特定多数に向けて漠然と発信するより、特定の層に向けてメッセージを絞り込む方がずっと効果的。取り込みたい顧客の年齢・性別・収入・家族構成などをできるだけ具体的にイメージしておけば、ホームページ全体の方向性も明確になります。


多くの新米起業家は、ニーズが大きい商品を扱おうとします。ところがこれが落とし穴。ほかの新興企業や、既存企業と厳しい競争を強いられてしまいます。


SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。


山本悟(ITコンサルタント)の経歴・略歴

山本悟、やまもと・さとる。日本のITコンサルタント。「ドリームハイブ」社長。東京出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)電気電子科卒業後、ドリームハイブを設立。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

私は、旅行ビジネスに携わることで、世界平和の役に立ちたい。これまで、多くの困難に直面しましたが、この夢を持ち続けたからこそ、困難を乗り越えられたのだと思っています。


篠原菊紀

机の上を拭く、片付けをするといったちょっとした作業を勉強前に習慣化してみましょう。そうやって体を動かしていると、脳内のやる気の回路が動きやすくなります。


本田有明

上司と部下の関係は「親子関係」のようなもの。皮肉屋の上司のもとでは皮肉屋の部下が育ち、寛容な上司のもとでは寛容な部下が育ちます。


三浦善司

私はスピーチで「ミッション(使命感)」「パッション(情熱)」「インテグリティー(誠実さ)」という3つの言葉をよく使います。それらの言葉も、昔から手帳に何度も書き込んできました。だからこそ今、自分の言葉として自然と口から出てくるのでしょう。


横山秀夫

一言でいうならば、小説は虚構の世界に想像の橋を架けることじゃないですか。その橋脚部分を、記者時代の経験と知識が担ってくれているという感覚ですかね。いくら虚構とはいえ、真実の柱があちこちに打ち込まれていないと物語全体のリアリティを欠いてしまいますから。


澤田秀雄

若い頃は「60歳を過ぎたら新しい発想が湧かなくなる。自分は老害にはなるまい」なんて思っていました。確かに体力は落ちたかもしれませんが、失敗の分だけ学んできましたから、経営者としての能力は落ちていない。「生涯ベンチャー経営者」という病にかかっているんでしょうね。10年後も、きっとそれは治っていないと思うなあ(笑)。


齋藤孝(教育学者)

「考える」とは理性に徹することだ、という意識をもっと明確に持つほうがよいだろう。自己観照するにも、自分の心を抽象的に見つめてなんとなく「もの思う」のではなく、理性のもとにひたすら具体的に「考え抜く」のだ。理性という手綱で心の揺れをコントロールすることこそが考えることである。


小松永門

いま日本から生産基地がどんどんなくなっています。これで本当にいいのだろうか。私は大きな危機感を持っています。
【覚書き|日本国内に工場を集約し、設計からアフターサービスまで行っている理由について語った言葉】


野田稔

じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


田中義剛

チーズ工場を拡張したとき、ガラス張りにして中がよく見えるようにしました。クルマでも何でもそうでしょ?売れるものには必ずショールームがある。うちの商品は全部手作りです。大手では絶対できません。多くの製造現場はお客さんの目の届かないところにありますが、うちは積極的に見てもらい、安心感を買ってもらうんです。そこに価値が生まれます。


三木雄信

英語は手段であり目的ではない。「自分の担当製品を英語でプレゼンして質問にも応えられるようになる」といった明確な目標の設定が必要だ。一年後に海外で開かれる見本市などへの出席を決め、飛行機チケットを予約してしまおう。自分を追い込むことができる。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

家計に余裕がないと、目の前のハードルを越えることに気をとられ、先を見通せず、それが不安につながる。多く貯めたいから無駄な支出は削ろう、ここは使いたいからもっと収入を増やそうなど、目標値を高くすることでエネルギーが生まれる。