名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

山本常朝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本常朝のプロフィール

山本常朝、やまもと・じょうちょう、やまもと・つねとも。江戸時代の武士。『葉隠』の口述者。佐賀藩出身。9歳のときに佐賀藩に小僧として預けられる。御書物役手伝、江戸書写物奉行、京都御用などを務め、佐賀藩2代目藩主鍋島光茂に仕えた。

山本常朝の名言 一覧

何様(なによう)の能事(のうじ)持ちたりとて、人の好かぬ者は役に立たず。


志の低い男は、目の付け所が低い。


人間の一生はわずかの事なり。好いたことをして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、好かぬことばかりして、苦しみて暮らすは愚かなことなり。


修行においてはこれまで成就という事はなし。


山本常朝の経歴・略歴

山本常朝、やまもと・じょうちょう、やまもと・つねとも。江戸時代の武士。『葉隠』の口述者。佐賀藩出身。9歳のときに佐賀藩に小僧として預けられる。御書物役手伝、江戸書写物奉行、京都御用などを務め、佐賀藩2代目藩主鍋島光茂に仕えた。

他の記事も読んでみる

加藤浩次

もちろん「ここは流されるべきか」「抗うべきか」と選択を迫られることはある。でも、40歳を過ぎたら、もう自分のジャッジくらいは信用していいと思うんですよ。のるかそるか、くらいは間違わないでしょ。20代の頃のジャッジは絶対信用できないけど、いまはそれなりの経験を積んできているんだから、堂々と選んで進めばいいんだと思います。


今泉嘉久

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


石川康晴

「もの」や「サービス」を新たに作るには、既存の事業に「プラスアルファ」をどう加えるかだと考えています。いわゆる「イノベーション」が生まれるきっかけは、既存事業の「組み合わせ」にある。


清水久三子

パワーポイントで資料を作ったけれど、上司から「何を伝えたいのかよくわからない」と言われてしまった……。そんな経験はありませんか? その原因の多くは、思考を整理しないままに資料を作成していることです。


村山舞(経営者)

お客さまに泣いて感謝されたことによって、仕事が病みつきになる社員もいます。出戻り社員も結構多いんです。当社ではイベントがたくさんあって、燃え尽きて辞めてしまう人もいるのですが、そうした人たちがほかで同じような仕事をしても、泣いて感謝されることはなかなかありません。もう一度やりがいを感じたくなって、戻ってくるスタッフも多くいます。


後田良輔

叱るときのコツは質問をすることです。「売上げが悪いじゃないか!」と責めるのではなく、「原因はどこにあると思う?」「アップするにはどうする?」と問い、相手の答えを引き出しましょう。これなら悪感情を持たれずにすむだけでなく、解決にもつながりやすくなります。


佐々木かをり

いまは山ほど学ぶことができますが、会社経営の基本として就業規則や給与体系などの概略を知っておくことは必要かもしれません。法律を守るということは常に強く意識しておいた方がいいですね。


上條正裕

「年間で1000万円売り上げる」など、計画を立てるときに数値化しますよね。営業成績を伸ばしたいならこれに加えて、行動系の指標を設定してください。つまり、行動を数値化するのです。「月5件、新規訪問する」など具体的な数値を設定し、実行すれば結果に関わらず合格とします。こうして行動のハードルを下げましょう。


永守重信

各国の若者に人生の目標は何かと質問した調査結果を見て、私は愕然としました。アメリカの若者は「高い地位を得たい」「偉くなりたい」を上位に上げているのに対して、日本の若者の6割が「人生を楽しみたい」をトップに挙げている。私たちが社会に出たころは、もっと競争心があったし、向上心もありました。しかし、悲観してばかりいないでこれをチャンスととらえることだと私は強調したい。


西川八一行(西川康行)

給料は、買ってくださったお客様の一品一品から、ほんのちょっとずついただいているのです。自分だけの力で稼いでいると思い始めると派手になるし、どこかでつまずいてしまう。お客様が価値を感じていただいたお金を少しずつ集めたものが会社に集まり、それが自分の糧になる。ならば、常に謙虚に努力しなければならない。そうした考え方が西川家の基本となっているのです。


新浪剛史

競争のないところでは、イノベーションは生まれません。ライバルをつくることが重要です。


田村哲夫

冷戦構造が崩れて以降20年間、日本は成長が止まっています。どんどん内向きになり、その状況から脱せずにいる。理由は多々ありますが、考えるべき理由のひとつに依然として「個性」を重視しない教育があると思います。