名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本富造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本富造のプロフィール

山本富造、やまもと・とみぞう。日本の経営者。化学メーカー「山本化学工業」社長。近畿大学商経学部経営学科卒業、米国フロリダ州国際大学留学。25歳で家業の会社を継ぎ社長に就任。経営危機を経験したことで安売りをやめ超高付加価値商品に特化。複合特殊ゴム加工技術を主軸に同社を大きく成長させた。ウェットスーツ素材の世界シェア約80%を占めた。

山本富造の名言 一覧

中小企業でも注目を集めるニュースを提供すると、メディアが取り上げてくれる。これが信頼力と新規事業のきっかけを生みやすい。


日本では大企業の社長に会わせてもらえないが、海外メーカーは話が面白そうだと感じてもらえれば、会ってもらえる。


取引銀行に会社のビジョンと実態を知ってもらっていれば、いざというとき助けてくれる。カネに窮したときに銀行に駆け込んでは遅い。普段からのお付き合いを大切にしてきました。


社長就任当初、周りからは親の七光りだと言われたり、見えないところでいじめられたりと、想像以上に大変だった。そのイメージを脱却するためにも実績で示すしかないと思ったのです。このときトップの想いと行動で率先垂範できるかどうかが重要だと学びました。


22年前にメディカル事業を始めた当初はずっと赤字が続いていたが、ここ数年でようやく実を結び、今では大きな収益源になってきた。社会貢献性も高く、仕事を通じて人を救える事業は絶対に続けたいと思ったのです。でもそれはウェットスーツ素材の事業で稼げていたからできたこと。上場企業だったら赤字部門をこれだけ長く続けられなかったでしょうね。


山本富造の経歴・略歴

山本富造、やまもと・とみぞう。日本の経営者。化学メーカー「山本化学工業」社長。近畿大学商経学部経営学科卒業、米国フロリダ州国際大学留学。25歳で家業の会社を継ぎ社長に就任。経営危機を経験したことで安売りをやめ超高付加価値商品に特化。複合特殊ゴム加工技術を主軸に同社を大きく成長させた。ウェットスーツ素材の世界シェア約80%を占めた。

他の記事も読んでみる

林高生

資金繰り等で困ることももちろんありましたが、それは致命的なことではないのです。資金を調達する手段はいくらでもあるし、なかなか良いサービスができないなら、良いものができるように頑張ればいい。でも、人だけはなかなか変えられないのです。


オダギリ展子

整理整頓は、いくつかのシンプルなルールさえ守れば、どんな人にも簡単にできるものなのです。その二大原則は、「置くモノと置かないモノを決める」ことと、「置くならどこに置くかを決める」こと。


森辺一樹

自社が戦う市場が今、どのようなステージ(期)に居るのかを知り、そのステージにあった戦略を徹底することが、勝つための最低限の条件。


大西洋

お客様が百貨店に求めるものとは何か。どうしたら私たちの店舗へ足を運んでもらえるか。三越や伊勢丹など個別の百貨店が生き残っていくには、たとえ目先の売上を犠牲にしても、それを考え、そこを目指すしかないのです。


外山滋比古

いまの社会が閉塞的な感じがするのは、不景気のせいだけではありません。人間の生活の範囲が以前より狭まっていることを多くの人が無意識のうちに感じているから、そこに息苦しさを覚えるのではないかと思います。


塚田公太

私にとっては、すべての先輩、友人が大恩人であったと言える。そこに善悪の別、成功と失敗の差はあっても、それぞれになにものかを教えてくれた。私がどうやらここまでやってこられたのは、まったく先輩の導きと同僚と後輩の友情のたまものであるということがしみじみと痛感される。


松田昌士

新装オープンした上野駅は、1980年代後半に超高層ビルにしようという計画が立てられました。結局、90年代半ばにやめました。計画を発表してから世の中の流れを見ていると、どうも採算に合いそうもないという結論になりました。


永瀬昭幸

生徒5~6人ずつのグループを編成し、毎週グループ面談を実施して、学習の目標や計画、進捗状況の報告や将来の夢などについてディスカッションを行っています。チームみんなで学習目標を共有すれば、必然的に達成したくなるじゃないですか。それが強いモチベーションになる。


藤本篤志

プレイング・マネジャーでは、管理職としての役割を十分に果たすことができない。個人の目標達成を優先するあまり、本来役割である部下の管理をおろそかにしてしまうからだ。つまり、事実上マネジメントのない営業組織の誕生となる。


小倉昌男

世間がそうだから、外国がそうだからでなく、なぜ、うちの会社はこうしなきゃならないか、自分で論理的にちゃんと組み立てられないとダメ。今、何が本当に大事なのか、それを選択して、はっきり示す、決断力がいる。


横山光昭

我が家の原則は、全てをオープンにすること。毎月1回、その月の収入と支出、現在の貯蓄額などを、子供たちも含めて共有する「マネー会議」を行っています。皆が正確な情報を共有することが、身の丈に合った支出レベルを保つために効果的。


ガー・レイノルズ

日本のビジネスパーソンの多くは、プレゼンのときにオーディエンスに顔を向けることなく、うつむいてボソボソと資料に書かれた内容を説明します。こうしたプレゼンはいかにも自信がなさそうに見え、提案内容にも信頼を置けなくなります。