名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本周五郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本周五郎のプロフィール

山本周五郎、やまもと・しゅうごろう。日本の小説家。明治時代、山梨県出身。横浜市立尋常西前小学校卒業後、質屋山本周五郎商店の丁稚となる。関東大震災で山本周五郎商店が解散。帝国興信所(のちの帝国データバンク)に入社。その後、子会社の日本魂社に転籍。同社在籍中に文芸春秋に作品が掲載され文壇デビュー。同社を退社し以後、作家として活動する。直木賞、文藝春秋読者賞、毎日出版文化賞などに選ばれるが、賞はすべて辞退した。

山本周五郎の名言 一覧

能ある一人の人間が、その能を生かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力を貸している。


どんなに賢くても、人間は自分の背中を見ることはできない。


山本周五郎の経歴・略歴

山本周五郎、やまもと・しゅうごろう。日本の小説家。明治時代、山梨県出身。横浜市立尋常西前小学校卒業後、質屋山本周五郎商店の丁稚となる。関東大震災で山本周五郎商店が解散。帝国興信所(のちの帝国データバンク)に入社。その後、子会社の日本魂社に転籍。同社在籍中に文芸春秋に作品が掲載され文壇デビュー。同社を退社し以後、作家として活動する。直木賞、文藝春秋読者賞、毎日出版文化賞などに選ばれるが、賞はすべて辞退した。

他の記事も読んでみる

安川第五郎

小さな規模で大工場を向こうに回して、何でも来いと言ったところで、大工場には勝てるものではない。この工場として何を作るのが一番適しているのか、またそれが将来性があるかと品目を定め、その方に一路力を注ぎ、他の雑多な方面はいっぺんに整理すべきだと考えたのである。


本田健

時代に対応しつつも、軸足がブレないことが大切。


安藤徳隆

遊び心がないところに、ブレークスルーは起きない。儲けるところで儲け、遊ぶところで遊び、チャレンジすればいい。


浜矩子

残念ながら、日本の会議の多くは、考える力を鍛える場になっていません。会議は本来、結論が見えない中で出席者がお互いに良い質問と良い答えを出し合い、そのプロセスを通して問題解決したり、新しいアイデアを創っていくものだと思います。ところが、日本の企業で行なわれている会議は、最初から落としどころとしての答えが用意されていて、関係者の合意を取り付けるための場になっていることが少なくありません。


高谷慎太郎

ダーツライブでは、モノを作ることが好きな人に来ていただきたいと思っています。「プラモデルを作るのが好き」「昔、映画を作りたかった」「パソコンゲームを自作したことがある」「一生懸命ブログを書いている」など、どんなものでも構いませんので、自分の力で何かを作ったり、新しい価値を発信できる人。特に、どんなに高いスキルがあっても、仕様書が無ければ作れない…作りたくないという人より、作りながら考える、考えながら作るのが好きな人を歓迎します。


井村公彦

住友商事とKDDIという親会社の力もどんどん使っていきたい。住友商事はマンション開発もやっています。例えばそのパイプを使ってジェイコムの商材を売り込んでいくこともできるはずです。親会社を使い倒す。それくらいの気持ちで、お客様の生活インフラを支える、なくてはならない会社になっていこうと考えています。


原晋

その数字にたどり着けないとき、阻害要因がある場合には、なぜそれが起こるのか、いつになったら乗り越えられるのかを伝えますね。それらを伝えるのが管理職の役割だと思います。


堀木エリ子

デザイン画を描き、紙をすくようになったのも、世の中の役に立つ和紙をつくるため、職人さんに協力していただきたいという思いからです。職人さんに拒まれて終わる前に、まず私がやってみることで、「下手だなぁ、貸してみろ」と手を貸してもらうきっかけをつくるのが、大切なことだと考えているのです。


輪島功一

最初から技術を頭に入れるのではなくて、体を追い込んで、そのあと身につけてこそ付随していくものがある。それが自分の力になるんだよ。そういう経験をしていれば、なにがあっても元に戻ってこれます。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

休息時、一流のビジネスマンがしていることは二つ。一つは、これまでの行動の振り返り。もう一つは、それを踏まえた今後の行動のイメージ。彼らにとっての休息とは、行動を俯瞰的に見直す「戦略タイム」でもあるのです。結果、休息後にはより行き届いたマネジメントができ、部下の快適度も増します。


三村孝仁

日中関係は非常に難しいが、それを意識しすぎると大胆な手が打てない。中国は反日的といわれますが、日本で喧伝されているほどではありません。現地の対日感情はあまり意識せずに前に進むことを決めました。


浜田宏幸

販売店舗、在庫店舗、EC事業部が自分たちの都合を主張しあうのではなく協力しあえば、お客様に喜んで頂ける。