名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本博(アーチェリー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本博(アーチェリー)のプロフィール

山本博、やまもと・ひろし。日本を代表するアーチェリー選手。神奈川県出身。中学生時代アーチェリーを開始し、高校生時代インターハイ3連覇を達成。日本体育大学体育学部健康学科に入学。大学3年時にロサンゼルス五輪に出場し個人銅メダルを獲得。全日本学生選手権(インカレ)個人4連覇。大学卒業後、教員免許を取得し、日体大助手、大宮開成高校保健体育教諭などを務めながら選手生活を続ける。その後、41歳でアテネオリンピックで銀メダルを獲得した。

山本博(アーチェリー)の名言 一覧

20年かけて銅から銀へとなりました。これから20年かけて金を目指します。


なんか一生懸命やっていたら、気づかないうちにポケットに入っていた……。僕がこれから金メダルを獲るとしたら、そんなふうでありたいですね。成功というのは勝ち取るものではなく、訪れるものではないでしょうか。それは他の競技だって仕事だって、きっと同じじゃないかと思うのです。


僕は自分が自分の人生の主役であり続けるためにも、周りがなんと言おうとアーチェリーを続けようと決めたのです。


周囲からは引退しろと散々言われました。でも、僕は子供のころから何かで負けたまま引き下がるのが大嫌いなんです。それに、人から言われて決めたのでは自分の人生ではなくなってしまうじゃないですか。


シドニー・オリンピックに落選してからは、金メダルを意識することはなくなりました。自分のためにのためにやっているのですから、とにかく自分が考えるいいプレーをしよう。そう思ったら、ずいぶん気持ちが楽になりました。30代の最後に出場した釜山アジア大会での優勝や、その後のアテネ・オリンピックでの銀メダルは、そうして気持ちが吹っ切れた結果だと思います。


20代以上の運動能力と、若い選手に勝る経験があるのだから、きっと天下を取れると信じて疑いませんでした。「30代で絶対に金メダルを獲る」と堅く心に決めていました。しかし、結果はその意気込みとはまったく逆でした。シドニー・オリンピックに至っては国内予選で敗退し、出場さえできなかった。まさに奈落の底に突き落とされた気持でした。それでも引退を考えたことはまったくなかったです。


30代に入ると、多くのスポーツ選手が肉体に衰えを感じて引退します。もちろん、それはアーチェリーという競技でも例外ではありません。けれども僕は、自分だけは絶対にそうならないぞ、と思っていました。なにしろ当時の僕は、20代の後半から重ねてきた猛烈なトレーニングのおかげで、肉体的な能力はまだまだ伸び続けていたからです。


山本博(アーチェリー)の経歴・略歴

山本博、やまもと・ひろし。日本を代表するアーチェリー選手。神奈川県出身。中学生時代アーチェリーを開始し、高校生時代インターハイ3連覇を達成。日本体育大学体育学部健康学科に入学。大学3年時にロサンゼルス五輪に出場し個人銅メダルを獲得。全日本学生選手権(インカレ)個人4連覇。大学卒業後、教員免許を取得し、日体大助手、大宮開成高校保健体育教諭などを務めながら選手生活を続ける。その後、41歳でアテネオリンピックで銀メダルを獲得した。

他の記事も読んでみる

福川伸次

「志を高く」「視野を広く」「思索を深く」「判断は最適に」「行動は迅速に」を基準にして物事に処してもらいたい。多様で複雑な時代だからこそ、こうした価値観がますます大事になる。


木暮太一

折に触れて、「これは本当に買うべきものなのか」と考える姿勢はとても大事。我々が使えるお金は有限です。少し意識するだけでも、ムダ遣いはかなり減ると思います。


内藤誼人

「身体を鍛える」ことは自信につながります。見た目を改善すれば心もポジティブになるというデータがあり、即効性はかなり高めです。女性なら、メイクや髪型を変えるのも良いですね。自信が持てれば、物の見方が変わります。


三池崇史

これは演技に限った話ではないのですが、いまは「俺が俺が」という自己主張が美徳になってしまっている。そうしないと何も始まらないと考えている人が多いけれど、それがすべてじゃないと思います。


塚本勲

加賀電子では社員が「新規事業をやりたい」と提案したら基本的に「ノー」とは言いません。当人に自分でやらせます。上役が企画してやらせるより、その方が成功する確率が高いし、失敗したとしてもその経験は必ず生きるからです。


魚住りえ

話し方のイメージは声の高さとスピードで決まります。たとえば話を盛り上げたいときは「高く、速く」相づちを打つのが効果的。逆に、相手の話の勢いがよすぎて、少し落ち着いてほしいときには「低く、ゆっくり」相づちを打ちます。相手の話を相づちでコントロールできるのです。


鍵山秀三郎

余裕をなくすと先のことを考えなくなる。これは政治にしても経営にしてもよくないことです。


猪瀬直樹

人が流れの悪さを感じるのは、これまでうまくいっていたやり方が通用しなくなったときです。たとえば成績上位の営業マンが、去年と同じ売り方をしているのに、突然、成績が落ちていく。そんなときは、環境や運のせいにしても事態は好転しません。自分を取り巻く状況が変わったのなら、自分がそれに適応するしかない。流れが悪いのではなく、流れに応じてやり方を変えない自分が悪いのです。


池田欣生

アメリカは見た目を重視する国なので特にリーダー層の人たちは見た目を非常に気にするんです。だから、顔にシワがあったりすると、シワを治すお金もないのかと思われたりするくらいで、会社の評価や信用にも関わってくると言うんですね。これは日本でも同じだと思います。やはり、見た目が若いと周りの印象もいい。ですから、見た目に悩まれている方がいらっしゃるのであれば、いつでも当院に来ていただければと思います。


浅川芳裕

英語では、音節の少ない単語を多く使っているほど、わかりやすい話をしていると判断されます。トランプ氏が、あるインタビューで、質問への回答に使った220単語をユーチューブ番組「Nerdwriter1」が分析したところ、78%が一音節、17%が二音節でした。合計すると9割を超えます。一音節の単語は「I」「go」など、二音節の単語は「problem」などで、日本の中学生でも馴染みがあるような簡単なものです。また、「リーダビリティーテスト」という手法による分析によると、トランプ氏のスピーチに出てくる単語は米国の小学4年生レベルだということです。ヒラリー・クリントン氏は中学2年生レベル、サンダース氏は高校2年生レベルでした。


小林達夫(経営者)

当社の特徴を一言で言ったら真面目な仕事ぶりです。それは父の残した社風だと思います。父は常に「手抜きをしてはダメだ。準備を万端にし、後は状況判断を的確にすることが生き残りの道だ」と口酸っぱく言っていました。


三船久蔵

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。