名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本卓眞の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本卓眞のプロフィール

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

山本卓眞の名言 一覧

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。


どうも多くの日本企業は、1980年代(バブル経済の時代)から緩んでしまったようです。もう少しピンチにならないと、目が覚めないのではないのでしょうか。


若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


私より2歳年上の池田敏雄氏は、仕事に没頭すると何日も家にこもってしまうなどかなり変わった人でしたが、突出した能力を発揮して弊社を日本最大のコンピュータメーカーに飛躍させました。当時の経営陣は、池田氏の奇行には目をつむり、天才が持つ集中力と突破力に賭けたのです。私をはじめとする若手社員が池田氏を支えました。
【覚書き|池田氏は富士通のコンピュータ技術者で、同社のコアビジネスとなったコンピュータ事業を立ち上げた人物】


突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


基本的にはっきりと評価制度を確立することだと思います。評価的インセンティブ(報奨)について言えば、それは人間の自己実現欲求の基礎になるものだと思います。評価が与えられることによって、ヒトは尊厳欲求を満たすことになるからです。そのためには、仕事の達成や組織の貢献に対し、満足感が得られる状況を作ることです。


万人がいれば、万人の力をいかに生かすかを考えていかなければならないと思うのですが、それにはさまざまな仕組みが必要です。実際、独創性を発揮できるような会社にするにはどうすればいいか、これはトップが最も頭を悩ます問題と言っていいのではないでしょうか。


鼓腹撃壌の歌。十八史略にある逸話で、民衆が自由に行動すれば社会も実にうまく回る様を描いている。企業の理想もこうだ。若い人たちが勝手気ままに大きな仕事を成し遂げていくのが理想だ。


山本卓眞の経歴・略歴

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

他の記事も読んでみる

小笹芳央

私がコンサルタントとしての起業を意識したのは、30代半ばのころです。そこから数年で、それを達成することができました。しかし、そこで人生が「あがり」になるわけではない。人生は続いていくし、夢は成就した瞬間に現実になる。結果はしょせん、結果であって「夢そのもの」とは違います。抱く夢のように、今の自分を輝かせてくれるものではない。だから私は、次々に新しい夢を持ち、突っ走ってきました。それは今も同じです。


佐々木大輔(経営者)

自らプログラミングできるといったスキルは大事です。しかし、もっと重要なのは「運用イメージ」を考えられるかどうか。


小原芳明

通常は先代とは何か違った特色を出そうとするのでしょうが、私どもの場合、まず創立者の理想ありきで、それを時代にどう合わせていくかに腐心してきました。


坂根正弘

評論家であれば「実行」は必要ないが、経営者にとっては「実行」が不可欠だ。


杉山金太郎

一寒村の小農の家庭に生まれたため、幼少から、常にものを大切にするように、しつけられてきた。そのためか、自分の勤務先でもあらゆるものを大切にし、たとえ一枚の紙、一本の鉛筆、一粒の大豆でも、必ず無駄にしないことを念願して、社内の従業員にも、厳にその心構えを伝えているのである。


唐池恒二

鉄道・非鉄道部門で共通している一番の魂は「鉄道だ」「鉄道ではない」ということは関係なく、私たちが目指すべきものとして、「私たちJR九州が地域を元気にするんだ」ということを一番高い概念として掲げているということです。


野坂英吾

何かひとつのことで差別化する企業は実際は弱いのではと考えています。何か他と違うことを打ち出しても、すぐに他者も同じようなことを始めます。


堀之内九一郎

どんな状況においても全力投球で実力を出し切る。そうすれば、周囲の評価が上がり、自分の可能性を伸ばしていけます。結局はそれが自分の成功のためだと自覚して、絶えず力を出し切る人と、給料とのバランスを考えながら適度に頑張ろうとする人。両者の差は短期間に激しく広がります。


鍵山秀三郎

考えるときは、頭だけで考えないで、心を伴って考えなさい。働くときは、ただ手足を動かしているだけでは単なる作業にすぎないので、そうしたときには頭を使って、考えながら行うこと、そうすれば仕事となる。


福岡伸一

生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが「流れている」ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです。


猪子寿之

グローバル化って、英語化ではなく、非言語化に近いと僕は思う。これからの時代は言語を使わなくても感動したり、楽しめたりするものが、世界的に望まれる傾向がより強くなるんじゃないかな。


ホセ・ムヒカ

自分のしたいことが出来るかどうかが本来の自由だ。自分にとって何が良いのか考えて欲しい。これからの世界をより良くする意志を持とうではないか。