名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山本卓眞の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本卓眞のプロフィール

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

山本卓眞の名言 一覧

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。


どうも多くの日本企業は、1980年代(バブル経済の時代)から緩んでしまったようです。もう少しピンチにならないと、目が覚めないのではないのでしょうか。


若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


私より2歳年上の池田敏雄氏は、仕事に没頭すると何日も家にこもってしまうなどかなり変わった人でしたが、突出した能力を発揮して弊社を日本最大のコンピュータメーカーに飛躍させました。当時の経営陣は、池田氏の奇行には目をつむり、天才が持つ集中力と突破力に賭けたのです。私をはじめとする若手社員が池田氏を支えました。
【覚書き|池田氏は富士通のコンピュータ技術者で、同社のコアビジネスとなったコンピュータ事業を立ち上げた人物】


突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


基本的にはっきりと評価制度を確立することだと思います。評価的インセンティブ(報奨)について言えば、それは人間の自己実現欲求の基礎になるものだと思います。評価が与えられることによって、ヒトは尊厳欲求を満たすことになるからです。そのためには、仕事の達成や組織の貢献に対し、満足感が得られる状況を作ることです。


万人がいれば、万人の力をいかに生かすかを考えていかなければならないと思うのですが、それにはさまざまな仕組みが必要です。実際、独創性を発揮できるような会社にするにはどうすればいいか、これはトップが最も頭を悩ます問題と言っていいのではないでしょうか。


鼓腹撃壌の歌。十八史略にある逸話で、民衆が自由に行動すれば社会も実にうまく回る様を描いている。企業の理想もこうだ。若い人たちが勝手気ままに大きな仕事を成し遂げていくのが理想だ。


山本卓眞の経歴・略歴

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

私も経営者になりたての頃は、研究開発、製造、営業に忙しい日々を過ごしていましたが、経理については素人で、ベテランの経理部長に任せていました。あるとき彼と、次のようなやりとりがあったことを記憶しています。私が「利益は出ましたか?」と訊ねたところ、部長は「売上の一割程度の利益が出ました」といいます。そこで「そのお金はどこにあるの?」と聞くと、彼は「お金はありませんよ。まだ売掛金のままですから、税金は銀行から借りて払います」と答えるではありませんか。いわゆる「勘定合って銭足らず」という状態です。つまり、一割程度の税引前利益が出ていても、場合によっては資金繰りが苦しくなります。手元のキャッシュが少ないようでは、経営戦略上も有効な次の一手が打てません。


三木雄信

誰がいつまでに何をどうするか。意外とそういった基本が書かれていない資料が少なくない。「検討する」で終わっている会議の議事録なども同じですが、次に何をするのか曖昧になっているものが多いのです。そういった資料にGOは出せませんよね。


倉田真由美

ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。


木造信之

社員一人一人には「フォー・ザ・マーケット、フォー・ザ・カンパニー」という考えを大事にして欲しい。常に視点を社会とお客様に向け、そのニーズと変化をとらえ、それにお応えすべく果敢にチャレンジする。そして自らはチームワークを意識して、あくまでも組織の一員として行動するということ。


柏木理佳

まったく別の産業で働いてみたい場合、チャレンジするのは強みです。通常、企業側は、未経験者の正社員採用には躊躇しますが、派遣社員や契約社員なら、異業種からの応募者でも試してみようとするでしょう。職業経験が浅い人ほど、業界・職種にこだわらず、思い切ってチャレンジすべきです。それが、好きな仕事に就くための第一歩なのです。


岩田松雄

私は秘書さんに資料作りなどを頼むにも、いつどんな目的で使うものなのか必ず説明します。本来は上司が「なぜ?」をはっきり説明するべきなのです。でも、上司が言ってくれないならこちらから聞くしかない。「この資料は、どういうタイミングで何に使うのですか?」と、たとえうるさがられても聞きましょう。これは、格好いい言葉で言えばマーケティングをするということ。仕事には上司なり他部署なりといった「お客さん」が必ずいる。お客さんが望んでいないことをやっても、意味がありませんから。


クリスティアン・クルツケ

革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


森本雄司

ルミネ社長に就任して、最初の大きな挑戦は夏のセールを遅らせることでした。百貨店などは6月末や7月頭にセールを始めるのが一般的なのですが、当社はここ数年は、7月中旬に遅らせいました。今年度からさらに遅く、7月下旬のスタートにしたのです。いち早く売り上げを確保しようと、これまで各社が競うようにセールを前倒ししてきました。6月から夏物のセールをしたら、顧客は何が正規の価格か分からなくなり、各社とも疲弊してしまった。これでいいのかと、みんなが思っていたのにやめられずに来ました。


スピノザ

自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ。


本田健

好きなことをやるのに、待つ必要はありません。自分が好きなことなら、何時間やっても疲れないし、頑張らなくても自然と深掘りすることもできます。最初は単なる趣味でも、やがてそれがお金に結びつく可能性は十分あります。今こそ自分の「天職」と出合うチャンスなのです。


生方正也

アイデアを出したり、アウトプットに向けて考えを深めたりするためには、関連する情報をよく理解し、整理し、有効活用する必要がある。


ボビー・オロゴン

ボクは投資っていうのは収入が少ないときには少ないなりに、多くなったら多いなりにやるものだと思ってる。そうやって常に自分のお金を相場に置いておくことで、経済のことを本気で勉強するし、知識や経験も増えていく。