名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

山本卓眞の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本卓眞のプロフィール

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

山本卓眞の名言 一覧

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。


どうも多くの日本企業は、1980年代(バブル経済の時代)から緩んでしまったようです。もう少しピンチにならないと、目が覚めないのではないのでしょうか。


若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


私より2歳年上の池田敏雄氏は、仕事に没頭すると何日も家にこもってしまうなどかなり変わった人でしたが、突出した能力を発揮して弊社を日本最大のコンピュータメーカーに飛躍させました。当時の経営陣は、池田氏の奇行には目をつむり、天才が持つ集中力と突破力に賭けたのです。私をはじめとする若手社員が池田氏を支えました。
【覚書き|池田氏は富士通のコンピュータ技術者で、同社のコアビジネスとなったコンピュータ事業を立ち上げた人物】


突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


基本的にはっきりと評価制度を確立することだと思います。評価的インセンティブ(報奨)について言えば、それは人間の自己実現欲求の基礎になるものだと思います。評価が与えられることによって、ヒトは尊厳欲求を満たすことになるからです。そのためには、仕事の達成や組織の貢献に対し、満足感が得られる状況を作ることです。


万人がいれば、万人の力をいかに生かすかを考えていかなければならないと思うのですが、それにはさまざまな仕組みが必要です。実際、独創性を発揮できるような会社にするにはどうすればいいか、これはトップが最も頭を悩ます問題と言っていいのではないでしょうか。


鼓腹撃壌の歌。十八史略にある逸話で、民衆が自由に行動すれば社会も実にうまく回る様を描いている。企業の理想もこうだ。若い人たちが勝手気ままに大きな仕事を成し遂げていくのが理想だ。


山本卓眞の経歴・略歴

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

他の記事も読んでみる

内藤誼人

自分の営業ノウハウだとか、いい企画書の書き方、あるいはプレゼンのいい方法を知っていたとしたら、どんどん人に教えちゃう。そうすれば嫉妬なんてされようがないですよ。


森永卓郎

就業後に投資や副業に熱中するのもいいですが、仕事で稼ぐための力をつけるために時間を使うことは、長い目で見て大切なこと。それを続けていけば仕事を効率的、面白くでき、出世や収入アップにつながります。まずは本業の地固めにトライしてみましょう。


御立尚資

少なくとも弊社の場合、普通の日本企業にありがちな、全員一致で責任の所在を曖昧にするアリバイづくりの会議や、役員が決定事項を読み上げて終わりという連絡会議はありません。私たちの会議では、必ず付加価値を生み出すことが求められます。付加価値を生むのは、会議の参加者全員に課せられた義務なのです。


石井ふく子

戦争で亡くなった人達は最期に「お母さん!」と叫んで死んでいきました。私自身に家族と呼べるような存在がいなかったから、家族に対する憧れが強いのかもしれません。でも家族の絆というのは、いつの時代も永遠のテーマだと私は思うんです。


伊藤眞義(経営者)

当社は中国と東南アジアにかなり力を入れています。ヨーロッパの企業が早いうちから進出しています。ですから、欧州との競争になります。その際の当社の強みと言えば、我々は現場ごとの状況に合った対策をしっかり提供できるという点が挙げられます。雷の対策は状況によって違うのです。ヨーロッパのメーカーでは自分たちの製品を売り込むことに比重が置かれており、製品が壊れたとしても取り換えればいいというスタンスです。それに対して我々は事故があれば、その状況をしっかり調査して、ここではこういう対策をする必要があると総合的な判断に重きを置くことをコンセプトにしています。ヨーロッパのメーカーにそこまでのことをやっている会社はないと思います。


木暮太一

自分の価値を高める自主練とは、本業に関する勉強だ。本業に関する専門書やレポートを読み、本業の知識を増やすのに役立つセミナーや勉強会に参加する。そうやって、本業において自分に労力をかけたときにのみ、自分の価値は高くなる。


経沢香保子

今は、よく寝て、よく食べ、よく睡眠をとり、健康でいることを心がけています。何もしていないと不安になるので、空いた時間を作らないようにして、つねに挑戦しポジティブであるようにしています。


鈴木雅哉(経営者)

ずっと同じことを繰り返すと社会体制の変化や技術革新に取り残され、働く場所がなくなってしまう。だからこそ、成長し続けることが企業には求められている。


関文彦

家具は衰退産業になったと言われて久しいです。構造不況業種とも言われますが、私からすれば失礼なことをおっしゃると思います。変化対応力さえ身につけられれば、何とかなります。みんなで知恵を出し合い、良い商品を作る努力をすれば、製品の付加価値は高まり、地方にいても豊かな暮らしが実現できます。


松岡正剛

タブーを破ることからしか新しいものは生まれない。


ジャック・ウェルチ

危機がなければ、人間はどれほど現状に安住することか。実際、あなたの会社のような官僚主義的な組織はぬるま湯のように心地よく、社員は決してそこから出ようとしません。ましてや冷たい水に飛び込みたいという欲求は少しも持っていないでしょう。社員は飛び込もうとしないのですから、背中を押してやる必要があります。


数土文夫(數土文夫)

相手を褒めたり、長所を認めることの大切さは現場でエンジニアをしていたときに学びました。たくさんの人たちが連携する現場でいい仕事をしようと思ったら、互いのいいところを認めていかないとものごとは進んでゆかない。