名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山本五十六の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山本五十六のプロフィール

山本五十六、やまもと・いそろく。大日本帝国海軍軍人。第26・27代連合艦隊司令官。元帥海軍大将。太平洋戦争前半の日本海軍の指揮を執った人物。真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦などの総指揮を執ったことから日本を代表する提督として海外でも知られている。ソロモン諸島ブーゲンビル島上空で乗っていた輸送機が撃墜され戦死。享年59歳

山本五十六の名言 一覧

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば人は育たず。


人は誰でも負い目を持っている。それを克服しようとして進歩するものなのだ。


やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ。信頼せねば人は実らず。


どんなことでも部下の失敗の責任は長官にある。下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派にし遂げるだろう。


私欲をはさまず、冷静に観察し数学的・科学的に分析すれば、ギャンブルの勝機は必ずわかる。


人は神ではない。誤りをするというところに、人間味がある。


百年兵を養うは、ただ平和を守るためである。


苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これをじっと我慢していくのが男の修行だ。


私にやれと言われれば、1年や1年半は存分に暴れてご覧にいれます。しかし、その先のことはまったく保証できません。
【覚書き|太平洋戦争直前、近衛文麿首相に戦争の見通しを聞かれたときの発言。山本氏は対米戦争には最後まで反対していた】


真の戦いはこれからである。奇襲の一戦に心驕るようでは真の強兵ではない。諸士は凱旋したのではない。次の作戦に備えるために、一時内地に帰投したのである。一層の警戒と奮励努力とを強く望む。
【覚書き|真珠湾攻撃成功から帰った直後の空母赤城での発言】


山本五十六の経歴・略歴

山本五十六、やまもと・いそろく。大日本帝国海軍軍人。第26・27代連合艦隊司令官。元帥海軍大将。太平洋戦争前半の日本海軍の指揮を執った人物。真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦などの総指揮を執ったことから日本を代表する提督として海外でも知られている。ソロモン諸島ブーゲンビル島上空で乗っていた輸送機が撃墜され戦死。享年59歳

他の記事も読んでみる

永守重信

企業の理念や行動原理は、戦略や戦術と一体のものであり、「なぜ、こうした方がいいのか」を理解させずに人を動かすことはあり得ない。


森平茂生

一回の成功で満足するなんてもったいない。いつでもリセットして初心に戻れば、何回だって「成功」できます。そうして、とことん自分の力を発揮することが、仕事と人生の楽しさを味わうことだと私は思うのです。


神田昌典

「ソーシャルプレッシャー」という言葉があります。「自分もできるかもしれない」「自分も変わらなきゃいけないのでは」などと自らの行動を変容させるきっかけとなる、他人からの影響のことです。人は、お金などの「パーソナルインセンティブ」によって動くと思われがちですが、実際にはソーシャルプレッシャーの影響をより受けやすいと言われています。


竹内規彦

上司は、部下から理由や根拠を説明されることを期待しており、それに応えてくれる部下ほど、いい印象をもつのです。反対に、自分の考えばかりを主張したり、周囲に媚びてばかりの部下は、信頼されません。


藤井佐和子

部下や後輩が何か失敗したとしても、頭ごなしに起こるのではなく、なぜそのような行動をしたのか根気よく耳を傾けることで、部下や後輩との信頼関係が生まれてきます。


山本真司

目標に向けて努力する熱意と成功体験は不可欠です。しかし、限界まで頑張っても思うような結果が出るとは限りません。ゆえに現実をあるがままに受け入れる受容力も不可欠です。一見矛盾する心理ですが、この両方を身につけることで成長できるのです。


川村治

自分がこれだけやっているのだからお前もやれ、というのとは違う。がむしゃらに仕事をしていると、自然と相手に厳しい言葉が出てくるものなのだ。


エピクテトス

人間を不安にするものは物事そのものではない。物事に対する見解が人間を不安にさせる。


平本あきお

やるべきことだとわかっているのに、やる気がなかなか出ないのは、心理的抵抗があるからです。心理的抵抗は、「やること」と苦痛が結びついており、一方、「やらないこと」が快と結びついていることから生じます。それぞれ、具体的にどういう苦痛や快なのかを明らかにします。


エレン・クルマン

経営戦略には2つの段階があります。事業、機能、地域ごとに次のようなことを見ます。「どのような市場を対象とするのか」「競合との関係はどうなっているのか」「どのようなサイエンスを使って成功に導くのか」「我々の強み、弱みは何か」「弱みを補うためにどうするか。買収が必要か」「必要な研究開発が行われているかどうか」。その上で今度は全社的な戦略を検討します。各事業の方向性が会社全体として描くトレンドに合致しているかどうかを見ていくわけです。


岡藤正広

僕が社長就任まで率いていた繊維カンパニーの主力事業のひとつは、海外ブランドを日本に持ってくることなんですが、よく若い社員からこんな提案を受けました。「私は、このブランドが絶対に行けると思います」と。彼らもそれなりに市場調査して、分析したうえで持ってきます。絶対自信があると。しかし、僕が知りたいのは、それをお客さんが本当に欲しがっているかということなんです。


布施孝之

当社は昨年から「ビールの魅力化」「発泡酒・新ジャンルの復権」を目標に掲げ、昨年当社のフラッグシップブランドである「一番搾り」をフルリニューアルした。発売から28年の定番ブランドのリニューアルは大きな挑戦であったが、さらなる成長のために決断。1千回以上の試醸を繰り返し、酸味や甘い香りを抑制することで、これまで以上に調和のとれた味わいになった。