山本ケイイチの名言

山本ケイイチのプロフィール

山本ケイイチ、やまもと・けいいち。日本のフィットネス・トレーナー。「エネックス」代表。中学1年から空手を開始。高校卒業後陸上自衛隊に入隊。初級偵察教育課程をトップで卒業し隊長賞受賞。その後、フィットネス業界に転身し、有名フィットネスクラブでプロアスリートや経営者に指導。主な著書に『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』『人生を変えるフィットネス』『ビジネスマンのためのフィットネスライフ』『肉体改造極限トレーニング』『2週間でできる強制肉体改造』など。

山本ケイイチの名言 一覧

痛みなくして成長なし。成長には痛みが伴うもの。


仕事ができる人は、とりあえずやってみてから考える。


ちょっと挫けたからと投げ出していては、何も進歩しない。


何か行動を起こすときは、自分の状態が適切・良好である必要がある。もっといえば、人間性の基礎ができているかどうかが重要。


未熟な人になってしまうのは、我慢したことがないから。自我を抑え、心の修行をしたことがなければ、絶対に人間性は育まれない。


運動は、必ず自分自身の成長につながり、仕事の成果にもつながる。


上手くいっている人を真似すれば自分も上手くいくというのは思い込み。自分のタイプを理解して行動する必要がある。


運動を取り込んだライフスタイルを組み立てることが現代のビジネスマンには求められている。


ものごとを継続したい場合、一度にたくさんのことを始めないことが重要です。「朝5時に起きて30分走る」という目標を立てると、「5時起き」と「走る」という2つの課題をクリアしなければならないので、何もしていなかった人にはハードルが高すぎるのです。多くの人が運動を習慣にする前に挫折してしまうのも、ここに原因があります。


生活習慣のどこを改善すれば自分のクオリティ・オブ・ライフが高められるか。それを考えることは、ただ身体を動かす以上に大切なことだと思います。


難易度は低くとも、自分で決めた目標をクリアすることで、やればできるんだという自信がつき、さらに厳しいトレーニングに耐えられるだけのメンタル・タフネスが養われます。


私はトレーニングの究極の目的は、ライフスタイルの質を上げることだと思っています。ただ筋肉がつくとか、無理が利くようになるということではなく、寿命が来て死ぬまで、心身共に健やかな状態でいられるような生き方を身につけるということです。


いくら日常的に運動していても、食事や睡眠を疎かにしていたら、健康ではいられませんし、仕事も家庭生活も満足いくものにはならないと思ってください。


私にも、今日はどうしても気分が乗らないというときはあります。そういう場合、そのときの気持ちを正直にノートに書きつけてから、やりたくないという気持ちを脇に置いてトレーニングを始めています。すると、たいていはトレーニングをしているうちに、嫌な気持ちはどこかに行ってしまいます。これには理由があって、運動をして心拍数が高まってくると、交感神経の働きが活性化し、自分に対してポジティブになれるからです。


早朝のジョギングを習慣にしたいというのであれば、まずは早起きを2~3か月続けてみて、それができるようになった段階でジョギングを始めるのです。その際も、最初から毎日走ろうとするのではなく、「週2日」から始めて、「1日おき」「毎日」と少しずつステップアップしていくのがいいでしょう。ただ、「週2日走る」と決めたら、それは必ず守ってください。


安全な姿勢や、特定の部位に効果的なトレーニング法というのは確かにありますが、あまり細かいことに神経質になる必要はないと思います。大切なのは、細かなやり方よりも、とにかく運動を習慣化し、続けることだと思ってください。


ビジネスマンにはジョギングをお勧めします。走るというのは人間の根源的動作ですから、続けていると身体全体のバランスがよくなるし、心臓も強くなります。いいコンディションで仕事に臨めるようになります。


私はフィットネス・トレーナーという仕事をしていますが、決してジムで、クライアントのトレーニング指導だけをしているのではありません。カウンセリングを重ねて、その人の生活習慣から修正すべき部分を発見し、それを二人三脚でクリアしていくことによって、その人のクオリティ・オブ・ライフを高めるのが私の仕事なんです。


多くの人が自分の考え方を変えられず、人と衝突し、ムダなエネルギーを使い、仕事の成果を下げていると思います。そうではなく、本来持っている自分の思考特性に合った仕事の仕方をすべきです。ムダを省けば、成功も近くなることでしょう。


多くの仕事ができる人をみてきましたが、積極性のない経営者など、まずいません。「とりあえず、やってみてから考える」これくらいの積極性が富裕層の考え方。トレーニングの仕方ひとつにおいても、その人の器量が見えるものなのです。


何年も運動らしいことをしていないのに、急に始めてもできるはずがない。まずはいまの自分の状況を知り、体調を整え、鍛えるための体の準備をしなければならない。つまり基礎固めが必要。


できない人が増えているということは、逆に言えば、できない人も差を埋め、成果を手に入れるチャンス。志やアイデアよりも、まずは失敗しても何度もトライして、人間性の基礎を固める。まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。


ビジネスパーソンが時間をつくって運動を始めるのは、置かれている環境が関係しています。会社組織で働くと、目に見えた実感や成果が得られず、自分が全体の中で何をしているのか、わかりづらくなります。そうした不安定な環境において、運動は自分を保つための一種のソリューションなのです。


運動そのものによる心身の健康がスポーツの効果です。運動を一人ではなく、友人やチーム仲間と行う場合は、別の効果があります。約束事や計画に沿って運動することで、継続性という二次的な効果につながるのです。また、皆で楽しむという行為が、相乗効果も生みます。


トレーニングとは自分を追い込むこと。休日は自分を追い込まない趣味に没頭するなどして、うまくバランスを取るほうがよいでしょう。休日は1時間程度のウォーキングや水泳程度にとどめ、メリハリのある生活を心がけるべきですね。


20代の頃は大丈夫だったトレーニングでも、年齢によって無理が利かなくなってきます。50代であればトレーニングよりも体のケアを優先すべきでしょう。トレーニングの効果はあまり感じられなくなりますが、無理をしないことが大切。


過度なトレーニングは老化の原因になる。無理をすることによって蓄積させたダメージは消えることがありません。一流のアスリートに年齢以上に老けて見える人が多いのはこのためでしょう。適度なバランスを保つことが重要。


大切なのは、どのような思考の特性を持っていれば成功する確率が高いか、ということではありません。自分の持つ思考の特性を客観的に理解した上で、自分に適した努力の仕方をすれば、どのようなタイプも成功できるということ。


これまで自分は、成功した多くの経営者やビジネスマンと関わってきました。彼らに共通することは、何か新しいこと、モデルケースのないこと、自分でリスクを背負うことに対して、恐れることなく果敢に立ち向かっていることです。当然、結果が見えるまで心は痛みっぱなしだけれど、彼らはその痛みに耐えるのです。だから結果が得られるし、仮にうまくいかなかったとしても、成長の糧を得ることができます。


私は、痛みを恐れずに前へ進めることは特別な能力だと思います。全員に備わっているわけではありません。しかも、この能力があるかどうかは誰にもわかりません。だからこそ、私は体を鍛えることを推奨しているのです。例えば筋トレをするとき、自分の体を鍛えるには多少の負荷が必要です。負荷をかければキツいし苦しいけれど、やった分だけ体は応えてくれます。つまり痛みが成長の糧となっていることがわかります。だから、痛みを恐れて前へ進むのをためらってしまう人でもトレーニングでなら、経験則を利用して負荷がかけられていても前へ進もうとするメンタルを鍛えることができると思うのです。


リスクを管理するときに核となるのは、自分の健康状態と体力。被災地では栄養状態へ衛生状態が悪く、自分で健康管理できない人、動けない人は大変。そうならないためにも、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を1段飛ばしする、いつもよりも倍の速さで歩く。このような日常生活の延長でできることも、積み重ねることでトレーニングとなります。


22歳でフィットネス業界に入ったとき、池袋方面にある庶民派クラブと、六本木方面にある富裕層クラブを掛け持ちでアルバイトしていました。そこでは個人指導から集団指導まで幅広くやっていました。見ているとどうも、2つのクラブの会員さんには、それぞれトレーニングの取り組み方や、成果の出方が違うことに気がつきました。例えば庶民派の方々は、新しいトレーニングを一緒にやりましょうとか、このレッスンに出てみませんか、という新規提案に対し、「自分には向いてないから」「時間がないから」などと断る言葉が初めに出てくることが多かったです。逆に富裕層の方々は、新規提案に対し、「とりあえずやってみるか」「じゃあ時間作るよ」などの前向きな発言をする人が多いようでした。


トレーニングを始める前に、私がクライアントにお願いするのは、まず「寝る時間を決める」こと。次に「起きる時間を決める」こと。最後に「食事の時間を決める」こと。これができてはじめて、トレーニングに移ることにしています。筋トレだけをしても生活環境が乱れていては健康を損なってしまう。意味がないんです。


山本ケイイチの経歴・略歴

山本ケイイチ、やまもと・けいいち。日本のフィットネス・トレーナー。「エネックス」代表。中学1年から空手を開始。高校卒業後陸上自衛隊に入隊。初級偵察教育課程をトップで卒業し隊長賞受賞。その後、フィットネス業界に転身し、有名フィットネスクラブでプロアスリートや経営者に指導。主な著書に『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』『人生を変えるフィットネス』『ビジネスマンのためのフィットネスライフ』『肉体改造極限トレーニング』『2週間でできる強制肉体改造』など。

他の記事も読んでみる

野口敏(経営者)

この仕事に就いてあらためて思ったのは、日本と欧米の意識の差です。日本人は自分たちがしっかりやっていれば品質や安全は守られると信じている。一方、欧米人はそれを信じておらず、システムを構築し、個人の責任分野を明確にすることを考えています。グローバルビジネスの中でこの差は大きい。せっかく優れた製品をつくっても、国際規格や法律に不慣れなため、無用なトラブルを起こすケースが多々あるのは、率直に言って非常に残念です。


松本晃(経営者)

海外企業との提携や交渉は片手で握手し、もう一方の手では殴り合う。そういうものでもあることを忘れてはいけない。


吉川洋

先進国は成熟しているし、相当の水準まで来ているから、優良な投資先はほとんどないという議論は、先進国の間で100年間続いてきた議論です。しかし、いつの時代でも成長が止まったことはない。なぜかというと、新しいモノやサービスが生まれているからです。


渡瀬謙

何を話したらいいかわからない、会話が途切れてしまう、全然話が弾まない、といった悩みを持つ人は多いはずです。ただ、実は雑談が苦手だと言う人に限って「準備」をしていないのです。一方、雑談が得意な人はアドリブでしゃべっているように見えて、実は意識的、あるいは無意識的に準備をしています。雑談が苦手なら、こうした準備を意識してすることが大事なのです。


佐藤優

締め切りやアポの予定、電話の内容を書き留めたメモや、次の単行本の構想まで、すべて一冊のノートに記録しています。自分が何をしたか、これから何をしなくてはいけないかは、ノートを見ればすぐにわかります。


江幡哲也

仮説や事例が有効なのは、電話でアポイントをもらうときも同じです。「A社さんでもこのサービスを導入していただいた結果、こういう課題を快解決につながりましたので、ぜひ御社にもご紹介させてください」というメリットを提示すれば、ほとんど断られることはありません。


川俣喜昭

仕事というのは、困難なもの。楽な仕事はない。仕事は、言われたことをやるのではなく、自分で課題をはっきりさせ、それを解決することだ。


大屋敦

最近の十年間はカイロプラクティックと呼ばれる脊椎の強制療法を続けている。それがどれほどの効果があるかなどはたいした感心ごとではない。自ら良いと信じ、これを長く続けるという不動の信念が私の健康を守ってくれていると思い、一週一回の治療を欠かしたことがない。


吉野佳秀

一番良いのは尻を叩くことです。「何が足りないんだ、いいからやれ」と応援する。大きな市場があるにもかかわらず、立ち止まっていてはもったいないでしょう。


中嶋常幸

やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。


篠原菊紀

意欲ややる気は、最初が最も高く、2度目、3度目となると徐々に減退していきます。飽きるのは当たり前なんです。それを防ぐには、誰かに褒めてもらう、励ましてもらうことがひとつの手です。SNSは手っ取り早くサポーターを見つける手段になるでしょう。


羽賀翔一

『アンパンマン』でバタコさんがアンパンマンの新しい顔を投げて、スコンと古い顔から新しい顔に入れ替わる。こんなふうに脳みそを入れ替えられれば、何も秘境の地や海外に出かけなくても、身の回りの中から新たな発見や発想を生み出すことができます。


野村克也

私は以前から、監督は「気づかせ役」だと考えてきた。


藤井裕久

日本には政治屋がまだまだ多い。志を持ったステーツマン(政治家)が増えてほしいものです。


北岡秀紀

私の好きな場所はセミナー会場です。セミナーを聞きに来る人は何らかの興味があってきているわけで、皆さん意欲的ですし、そこから夢の自己実現につながれば素晴らしい場所だと思うからです。


ページの先頭へ