名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山形明夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山形明夫のプロフィール

山形明夫、やまがた・あきお。日本の経営者。火災報知器メーカー「ホーチキ」社長。宮城県出身。東北学院大学工学部卒業後、ホーチキに入社。執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

山形明夫の名言 一覧

今でも全国で毎日平均100件の火災事故があり、4人が亡くなっていますが、こういう報道を目にする度に胸が締め付けられます。防災のトップランナーとして、火災による犠牲者ゼロの実現を目指し、社会に貢献していきたい。


当社は多くのステークホルダーに支えられて100周年を迎えることができました。このタイミングで社長業を任され、これまで先輩方が切り拓いてきた歴史を引き継ぎ、新たな100年を歩んでいくことへの大きな責任を感じます。


近年は新築よりもリニューアル需要が大きくなっており、製品の開発から販売・工事・メンテナンスまで一貫したサービスを提供できる当社の強みをより発揮したい。海外は年率10%以上伸びており、東南アジアを中心に今後も成長が期待できる。


山形明夫の経歴・略歴

山形明夫、やまがた・あきお。日本の経営者。火災報知器メーカー「ホーチキ」社長。宮城県出身。東北学院大学工学部卒業後、ホーチキに入社。執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松野小百合

新興国は日本人が思う以上に速く変化している。途中の技術革新を飛ばして、何もないところに最先端が現れる。日本人は、新興国は日本と同じように何十年もかけて発展していくだろうと考えているが、その感覚ではすべてに後れを取ってしまう。


苫米地英人

思考スピードを上げることはもちろん可能です。ただし、脳トレのようなことをいくらやっても駄目。思考というのは、いまあるものの中から最適解を選び出すことではありません。ほかの人に見えていない解を新たに発見するのが思考の本質なのです。簡単な数学でいえば、ピタゴラスの定理の新しい証明法を考えるのが思考。つまり、因数分解がいくら速くなっても、そんなものは思考スピードの向上にはつながらないのです。


坂本孝

人は誰でも「俺が、俺が」になりがち。人より余計にお金が欲しいし、いい服を着ていい車に乗りたい。だけど、社長業には「周りの人を第一に考えなきゃいけない」という鉄則があります。そこに気付いて、「ああ、そうだよな。運命共同体の社員も自分と一緒に満足して幸せにならなきゃいけない」と思えるかどうかが肝要なんです。


泉谷しげる

自分でも思いがけない力を出せるのは、お客やスタッフの気持ちがシンクロしたある種の「化学反応」のおかげ。


江上治

長期的に続く人間関係というのはお金じゃない。価値観を共有できたり、勝つ喜びを分かち合えたりすることが大切。


曽山哲人

当社ではまた、風通しのよい組織づくりのための取り組みのひとつとして、創業以来「トピックスメール」を続けています。社員一人ひとりが「自分は職場で役に立っている」「必要とされている」という自己肯定感を高めることを目指した仕掛けで、社員やチームが受注に成功したり、大きなプロジェクトをまとめたりしたときに、そのトピックを先輩やマネージャーが部署内にメールで配信し、情報を共有して皆で褒め合うのです。


西山昌彦

企業会計はご存知のように、ゴーイングコンサーン(継続企業)を前提としています。つまり月次、四半期、一年と、会計には何より継続性が求められます。その観点で見ると、私たちの会計アウトソーシングはある種のリスクヘッジになり得るのではと考えています。たとえば、優秀なベテラン経理担当者が急に辞めることになった。すべてを短期間に引き継ぐのが難しい場合もあります。そんなとき、私たちの専属チームであれば、複数のスタッフのスキル、経験を活かし、スムーズな引継ぎを可能にできるかもしれません。人材の流動性リスクに対し、継続性を担保する手段として、当社を活用されるお客様が増えてらっしゃいます。


佐々木常夫

私が初めて営業に配属になったのは40代になってからでした。しかも課長という立場での着任でしたから、部下たちから「営業をやったこともない人間が課長だなんて」とバカにされるのは目に見えていました。そこで私は、社内で営業の神様と呼ばれる優秀な先輩5人にアポイントを取り、「営業とはどういうものか、教えてください」とお願いしたのです。多忙な人ばかりでしたが、全員が快く時間を作ってくれて、私に営業の極意を語ってくれました。ですから、目標とする人がいたら、遠慮なく本人に教えを請えばいいのです。相手も迷惑だなんて思いません。むしろ「自分を高く評価してくれているのだな」と嬉しく思うものです。


小川栄一

しょせん月給取りは憎まれる「とり」なんだな。5円、10円、いまならば1000円、2000円という昇給にきゅうきゅうしておっても、それは人生の中のほんのつまらんことじゃないか。そんな月給取りにならずに、俺は月給をあげる人になろう。
【覚書き|安田信託銀行勤務時代を振り返っての発言】


三村明夫

人が少なくなれば需要が減る。問題の解決を誰かが助けてくれるわけではありませんから、地域地域で、再生のビジョンを考えるべき。


川鍋一朗

勝負を分けるのは、いかに「タクシーのハートをつかむか」ということです。最後の最後、鼻の差で勝つとしたら、タクシーへの深い理解が必要です。


野口敏(話し方)

「雑談は長く続いて盛り上がることが大切」と思っている人も多いですが、雑談に長さは関係ありません。「○○ですね」「そうですね」の一往復の会話でもいいのです。