名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山崎貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎貴のプロフィール

山崎貴、やまざき・たかし。日本の映画監督。長野県出身。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業後、株式会社白組に入社。『ジュブナイル』で映画監督デビュー。『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀監督賞をそれぞれ受賞。

山崎貴の名言 一覧

危険を回避し続けていたら人生に起伏がなくなる。そんな人生は楽しくない。


傍から見ると「無茶だろ?」っていうプロジェクトに惹かれてしまう部分はある。


山崎貴の経歴・略歴

山崎貴、やまざき・たかし。日本の映画監督。長野県出身。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業後、株式会社白組に入社。『ジュブナイル』で映画監督デビュー。『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀監督賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる

熊谷眞一

現在の心境をひと言でいえば「もう一度、ベンチャー」です。昨年8月、創業者として経営してきたシベールの会長を辞めましたが、そのあと会社をつくりました。新しいコンセプトの洋菓子店を首都圏で展開する計画を練っています。「シベールより大きくするぞ」とひそかに思っているんですよ。


桑原豊(経営者)

信頼は、日々の仕事ぶりの積み重ね。上司が見ていようといまいと、とにかく真面目にやるしかありません。そうやって認められれば、上司に対してものを言いやすくなります。


越智直正

リーダーは暗くなってはいけない。社長が暗い顔をして、社員に「期待している」なんて言ってもあかんでしょ。経営者は「アホ、ボケ」と言いながらでも、いつもニコニコ明るい笑顔が大事です。


老子

器いっぱいに盛ってこぼすまいと心配しながら持っているくらいなら、程よいところで盛るのをやめた方が良い。刃物もあまり鋭利にすれば刃こぼれしたりして長く使うことはできない。


細谷英二

いろいろな事業会社のトップとの付き合いで感じるのは、リーダーの器量以上の組織は絶対にできないという事実です。経営トップにとって後継者育成は最重要テーマと言えます。


松岡正剛

読んでみたが、期待した内容とは違っていた。それは当然あることです。個人的に求めている答えが、その通りに書いてあることを「役に立つ」と定義するなら、それは難しいでしょう。まず裏切られる。しかし、「役に立つ」という言葉は、そもそも芝居用語で「役柄が分かる」といった意味です。自分の基準に当てはめて「○か×か」を評価するのではなく、読書を通して自分の役柄をつかむことがコツなんです。


小池龍之介(小池龍照)

SNSで承認し合うことでしかつながらない友達とは、本当に大切な友達なのでしょうか? SNSに限らず「空気を読んで皆に合わせる」ことが辛いのは、「心にウソをついている」からです。そしてウソをついてまで守っているのが、じつはたいした人間関係ではないという虚しさです。


貫啓二

お金がなかったため、1号店が世田谷でした。それがその後の多店舗展開の成功につながったと思います。周辺は夜になれば真っ暗になる住宅街。今思えば、「よくこんな場所に出店したな」という場所ですが、近くに住む人がリピーターとして支えてくださっています。ファミリー客も多く、食堂のように利用してもらっているのです。お金があり最初に東京・渋谷のような繁華街に出していたら、こうした住宅街での出店の可能性に気づかずに、JR山手線内の30~40店止まりだったでしょう。


北尾吉孝

韓非子には「巧詐(こうさ)は拙誠(せっせい)にしかず」という言葉があります。人の心を動かすには誠実さが一番だという真理が、まさに短い言葉でズバリと語られています。巧みな言葉で欺くようにして人の心に取り入ろうとするより、たとえ拙い言葉であり下手な対応であっても誠実であることが何よりも大切だということです。


織田大蔵

昔の苦しかったことを忘れないために、俺はいまでも握り飯持参で会社に出てきている。握り飯を食べながら、昔をしのび、これからのあり方を考える。これが事業家の心構えというものだ。


山崎浩一(コラムニスト)

知りたいという欲求に応えてくれる環境は、日本は充実しています。むしろたくさんありすぎて、困るくらい。だから「何から手をつけていいのか分からない」という人は多いと思うんですが、いまは情報量が昔と比較にならないくらい多いので、当たり前。それが普通です。安心してください。


杉村太蔵

誰でも面倒な仕事はイヤでしょう。でも、「心頭滅却すれば火もまた涼し」ではないですが、目の前の業務にひたすら集中すると、不思議と「火中の栗」も熱くないもの。みんながやりたがらないからこそ、本当に必要とされているし、もしうまくことを収められたら、ものすごく評価されるでしょう。