名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

山崎貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎貴のプロフィール

山崎貴、やまざき・たかし。日本の映画監督。長野県出身。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業後、株式会社白組に入社。『ジュブナイル』で映画監督デビュー。『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀監督賞をそれぞれ受賞。

山崎貴の名言 一覧

危険を回避し続けていたら人生に起伏がなくなる。そんな人生は楽しくない。


傍から見ると「無茶だろ?」っていうプロジェクトに惹かれてしまう部分はある。


山崎貴の経歴・略歴

山崎貴、やまざき・たかし。日本の映画監督。長野県出身。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業後、株式会社白組に入社。『ジュブナイル』で映画監督デビュー。『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀監督賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる

今井雅則

戸田建設の強みは、良心を持った技術者集団だということです。真面目な社員が多い。トップが正しい方向に導きさえすれば、必ず持続的に成果を出せるはずです。


大谷博国

食生活は時とともに変わる。だから我々も変わらなければおいしいお菓子を提供し続けることはできない。


遠藤章造

この10年での一番の変化……。やっぱり結婚と離婚でしょうかねぇ。経験は人の器を大きくするって本当ですよ。


ロバート・キヨサキ

反抗的な学習期にあれこれ言っても逆効果だ。「やってはいけない」と言うかわりに、「それをやったら、どんな結果になると思う?」と聞いてみよう。「自分で判断して決断する」練習をすることが重要だ。行き詰ったり失敗したりしても、すぐ親に泣きついてはいけない。親も、走っていて転んだ幼い我が子を抱き起こそうと駆け寄る母親のようなまねをしてはいけない。私たちは、自分の判断や決断、行動の結果を、実体験を通して学ぶ。「原因と結果」という言葉を日々意識することだ。


高垣麗子

じつは、20代半ばは、モデルとしての自分の姿に悩んでいたんですよ。15歳でデビューしてから10年以上。仕事はいただけていたのですが、一方で10年もモデルをやっているのに、何も変わらない自分に歯がゆさを感じていました。ただ、自分を変えるといっても何をしたらいいかわからない。そう悶々としていたんです。でも、28歳の誕生日を前にして、こう思ったんです。「悩んでばかりで、何ひとつ行動に移していないじゃないか」って。「これじゃ一生、このままだな……」と自分が嫌になって。「まずは小さな努力から始めよう」と、誕生日に、加圧トレーニングの体験予約を入れたんです。人から見れば些細な挑戦かもしれませんが、自分が変わり始めたのはそれからですね。


南場智子

できるだけ提携交渉の枠組みはシンプルにした方がよいですね。もちろん役割分担や収益の分け方など、実際は細かい議論が必要です。けれども、まずシンプルな考え方に合意し、詳細の迷路に入ったら、お互い合意した大枠の考え方に立ち返って決めていくとよいでしょう。


大薗誠司

家業を継いで最初に取り組んだのは人事評価です。銀行にいた頃、私も通信簿の様に5段階評価で評価されていました。しかし、評価をされても実際に自分がどうしたらお客さんの為になるか全然分かりませんでした。そこでお客さんに喜ばれる社員の基準を調査するために具体的に皆の行動を観察して広く意見を聞きました。それを元に1人あたり約300の評価項目を作りました。従業員の能力が向上して、お客様が喜んで利益が上がり、その利益をみんなの給料に充てられる。この好循環を創ることから始めたのです。


武田信繁

人の前で、軽々しく他人を非難するような言葉を口にしてはならない。『戦国策』という書物の中に、「人の善行は褒め讃えるがよく、悪事について語ってはならぬ」とある。


森島洋太郎

「ふくいPHOENIXプロジェクト」では、県内企業の部材を使った超小型衛星の打ち上げや農業、防災分野での衛星データ活用も計画しています。大学が社会に率先して未来への指針を示す意義は大きい。こうした挑戦が学生の視野を広げることにもなると考えています。


落合寛司

経済が悪い、政治が悪い、デフレでは無理だ、といった具合にうまくいかない理由を探すことは簡単。でもそれでは何も解決しない。そうではなく、自責の心で考える。うまくいかないのは自分に責任がある。だったら自分を変えればうまくいくはずだ。そう考えていくと解決策も見つかりますし、何をやるべきなのかが見えてくる。我々の業績が伸びているのは、その結果です。


白河桃子

最近、あるメーカーがウェアラブルセンサーを活用して社員の幸福度を測定したところ、「集団の幸福度が高い職場ほど、業績も高い」という結果が出ました。つまり、社員が幸福に働ける環境を提供すれば、会社にも良い成果がもたらされる。「働き方改革」を進めることは、企業と従業員にとってウィン・ウィンであることが、やっと認知されてきたのかなと思います。


坂本龍一

向こうに行って本当によかったなと思ったのは、すべてをひとりでやらなければならなくなったこと。英語もろくにしゃべれなかったから、郵便局で手紙を出すのにもオドオドしていて、「もっとデカい声で言えよ!」って郵便局員に怒鳴られて、ますます焦ったり。そんなことを繰り返すことが、自分を取り戻す作業になっていた。
【覚書き|ニューヨークに移住した当時を振り返っての発言】