名言DB

9412 人 / 110637 名言

山崎照幸の名言

twitter Facebook はてブ

山崎照幸のプロフィール

山崎照幸、やまざき・てるゆき。日本の経営者。工作機械メーカーヤマザキマザック会長。創業者山崎定吉の息子。創業者から経営を引き継ぎ、世界各地に生産拠点を持つ企業へと発展させた経営者。ヤマザキマザックは旋盤をはじめとする精密工作機械メーカー。

山崎照幸の名言 一覧

私が社長になったのはいまから40年も前です。それ以来、一貫して4つのことを守ってきました。

  1. どんなに苦しくても新しい技術開発に努力と投資を惜しまないこと。
  2. 生産設備に対しても投資を惜しまず、最新の設備を整えること。
  3. 世界各国にきちんとアフターサービスのできる販売網を築くこと。
  4. 常に損益分岐点を下げる努力を怠らず、健全な財務体質を作ること。

工作機械業界というのは景気変動に極めて敏感です。下がるときには受注が前年より60%も減ってしまうことが珍しくありません。常に経営体質を強化しておかないと、すぐ厳しい状況に直面してしまいます。当社は株式を上場していないので、ご存じない方も多いかもしれませんが、売上高、収益力のいずれでも世界トップの一角を占めています。とくに長年、無借金経営を続けており、ほかの工作機械メーカーに比べて収益力の高さは評価してもらえると思います。


かつては新しい技術や設備に積極的に投資し、国際競争力を高めてきました。それがいまはどうでしょう。先行投資より目先の利益にこだわる経営者が多すぎます。


経営力は一朝一夕にできたものではありません。良いときも悪いときも、体質改善を怠らなかったからこそ、いまのヤマザキマザックがあるのです。


「社員はバランスシートに出ていないけれども、企業にとって最も大切な資産である」という気持ちを経営者が持っていなければ、どうして企業が厳しい競争を勝ち抜けるのでしょう。戦後、カネも資源も技術もない中で、日本が奇跡的な復活を遂げたのは、人々の頑張りがあったからです。このことを忘れてはいけません。


どんなに苦しくても、努力を怠らなかったからこそ、世界中のニーズを集め、他のメーカーが真似できない機械を開発してこられたのです。そして他社ができないようなきめ細かいアフターサービスを提供してきた結果、欧米の有力メーカーにも勝てるようになりました。


いままで、私は当たり前のこととしてあまり意識してこなかったのですが、社員を大切にする、終身雇用は何としても守るということが大変重要だと痛感しています。当社は小さい会社だし、社員を大切にしないと良い人材に来てもらえない。海外に拠点を作るときも、人材難で苦しんだので、ごく自然に社員を大切にしてきましたが、いつの間にか世の中が変わってきました。私は日本の製造業が終身雇用をやめるメリットはほとんどないと思います。


山崎照幸の経歴・略歴

山崎照幸、やまざき・てるゆき。日本の経営者。工作機械メーカーヤマザキマザック会長。創業者山崎定吉の息子。創業者から経営を引き継ぎ、世界各地に生産拠点を持つ企業へと発展させた経営者。ヤマザキマザックは旋盤をはじめとする精密工作機械メーカー。

他の記事も読んでみる

有本均

自分が周囲に比べて遅れをとっているように感じて、モチベーションが下がった時期もあります。80年代のマクドナルドは店舗数が急拡大していて、店長を3~5年経験したらスーパーバイザーに昇格していく人が大半でしたが、私は8年間も店長のままでした。若いころは出世欲もありますから、ほかの店長たちがどんどん昇格していくのをみれば、落ち込むのも仕方がありません。そのとき、自分にしかない強み、それも運・不運に左右されない強みを持つことで、自信を取り戻そうと考えました。


小郷三朗

商品力もさることながら、販路の拡大も同時並行で進めるべき経営課題だった。昨年、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を1500億円で買収したのはその一環にほかならない。この結果、我々は一夜にして26万台の自販機を手にした。しかも、今回の買収は単に規模の経済を追求したというだけではなく、JTの強みであるオフィスビル内のサービスのノウハウも取得できた。ここでは、コーヒー専用機など利益率が高い機種も採り入れていく。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

企業の総合力を生かすために、ときには難しい、個人的にもつらい意思決定をしなければいけないのです。


堀場厚

今、グループ従業員数は約5500名。そのうちの約6割、3000人が外国人です。私たちは決して、安価な労働力を求めて海外進出したのではなく、海外の優秀な人財を求めて進出していった結果がこのようになっているのです。


パトリック・ハーラン(パックン)

相手の話が理解できないことは弱点ではありません。「その専門用語がよくわからないのですが……」などと、自分から会話に切り込むための良いきっかけになります。


鈴木宏彦

大山(康晴)十五世名人は、横断歩道で先頭に立ち、信号が青になったら、3番以内に向こう側へ渡りきると決めていました。人の何倍も競争心があることを常に意識することで、「自分が負けるはずがない」という信念を強化していました。


児玉光雄

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません。


舞の海秀平

生きているからこそやりたいことができる。挑戦できることは素晴らしいこと。


福原正大

私が海外留学したとき、日本を出てはじめて気づいた日本のいいところがたくさんありました。たとえば安全であることや、個人よりも集団を思いやる気持ちは本当に居心地がいいですし、四季にもとづいたきめこまやかな美意識もすばらしい。海外に行った人たちは、海外で暮らすことでそれに気づき、また戻ってきてくれると思います。


鳥原隆志

部下に渡すとき丸投げにしないことが大切です。「ゴールを明示する」「責任は自分が取る」「トラブルの際は支援する」「報告を受ける」という4点を守れば、丸投げにはなりません。部下も心強く、自分も安心して任せられます。


阿部絢子

私、幸せって言葉もあんまり好きじゃないんです。だって、幸せの尺度なんてひとつじゃないから。もしお金があってそれが幸せならすごくいいけど、お金だけが尺度じゃない。


石黒和義

ある年代を過ぎたら全員を高齢者扱いにして、一括りに弱者扱いするやり方では国家として成り立ちません。個人としてしっかりと自立して仕事ができる人、あるいは志がある人は社会の一員として役割を持って社会を支える側に回る。そうした個人の心身の自立度に応じて活躍の場を得ることができる環境づくりが大切。


松原耕二

発表するあてもないのに、文章を書くことができたのは村上春樹さんのエッセイを読んだことが大きい。「書くという仕事は毎日、10円玉を貯金箱に積み立てていくようなこと」。そうだ、と思い、その日から机の前に座ることにしました。一行でも二行でも原稿を書くために。
【覚書き|エッセイや小説を書き始めたきっかけについて語った言葉】


松川孝一

1か月というのは案外長いので、結果が出てからあれこれ言うのでは遅いのです。そのため我が社では、毎月15日ころに上司が部下の仕事の成果をチェックする機会を設けています。中間確認をするようになってから目標と結果とのブレが激減しました。


青野慶久

会社としての価値観が浸透すると、それに共感する人が集まってきます。結果的にポジティブ・フィードバックでもっといろんなことをやってみようという雰囲気も生まれます。