名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山崎照幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎照幸のプロフィール

山崎照幸、やまざき・てるゆき。日本の経営者。工作機械メーカーヤマザキマザック会長。創業者山崎定吉の息子。創業者から経営を引き継ぎ、世界各地に生産拠点を持つ企業へと発展させた経営者。ヤマザキマザックは旋盤をはじめとする精密工作機械メーカー。

山崎照幸の名言 一覧

私が社長になったのはいまから40年も前です。それ以来、一貫して4つのことを守ってきました。

  1. どんなに苦しくても新しい技術開発に努力と投資を惜しまないこと。
  2. 生産設備に対しても投資を惜しまず、最新の設備を整えること。
  3. 世界各国にきちんとアフターサービスのできる販売網を築くこと。
  4. 常に損益分岐点を下げる努力を怠らず、健全な財務体質を作ること。

工作機械業界というのは景気変動に極めて敏感です。下がるときには受注が前年より60%も減ってしまうことが珍しくありません。常に経営体質を強化しておかないと、すぐ厳しい状況に直面してしまいます。当社は株式を上場していないので、ご存じない方も多いかもしれませんが、売上高、収益力のいずれでも世界トップの一角を占めています。とくに長年、無借金経営を続けており、ほかの工作機械メーカーに比べて収益力の高さは評価してもらえると思います。


かつては新しい技術や設備に積極的に投資し、国際競争力を高めてきました。それがいまはどうでしょう。先行投資より目先の利益にこだわる経営者が多すぎます。


経営力は一朝一夕にできたものではありません。良いときも悪いときも、体質改善を怠らなかったからこそ、いまのヤマザキマザックがあるのです。


「社員はバランスシートに出ていないけれども、企業にとって最も大切な資産である」という気持ちを経営者が持っていなければ、どうして企業が厳しい競争を勝ち抜けるのでしょう。戦後、カネも資源も技術もない中で、日本が奇跡的な復活を遂げたのは、人々の頑張りがあったからです。このことを忘れてはいけません。


どんなに苦しくても、努力を怠らなかったからこそ、世界中のニーズを集め、他のメーカーが真似できない機械を開発してこられたのです。そして他社ができないようなきめ細かいアフターサービスを提供してきた結果、欧米の有力メーカーにも勝てるようになりました。


いままで、私は当たり前のこととしてあまり意識してこなかったのですが、社員を大切にする、終身雇用は何としても守るということが大変重要だと痛感しています。当社は小さい会社だし、社員を大切にしないと良い人材に来てもらえない。海外に拠点を作るときも、人材難で苦しんだので、ごく自然に社員を大切にしてきましたが、いつの間にか世の中が変わってきました。私は日本の製造業が終身雇用をやめるメリットはほとんどないと思います。


山崎照幸の経歴・略歴

山崎照幸、やまざき・てるゆき。日本の経営者。工作機械メーカーヤマザキマザック会長。創業者山崎定吉の息子。創業者から経営を引き継ぎ、世界各地に生産拠点を持つ企業へと発展させた経営者。ヤマザキマザックは旋盤をはじめとする精密工作機械メーカー。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

私は自分が手がけている事業に信念を持って取り組んでいます。それを正直に包み隠さず、きちんと話せばいい。仮に実績がなくても、年齢が若くても、社会に役立つビジネスであるという理念を理解してもらえれば、どんなビジネスでもうまくいくと思います。


棚橋弘至

やっぱりレスラーとしては、今みたいな超満員の会場で、チャンピオンベルトを巻きたいですよ。何度もベルトを巻いてきましたけど、それでもまだ巻きたいなと思うんです。


森川亮

未来を予測するには、大きな流れと小さな流れを見ます。大きな流れは、さほど変わりません。革命が起きるとか、第3次世界大戦が起こるとか、よほどのことがない限り、大きな変化は起きない。でも、小さな流れはちょこちょこ変わります。ですから、いったん大きな流れを見定めたうえで、目の前の小さな流れの変化を見ながら、少しずつ予測して合わせていく。そういう方法を、私は実践しています。


木村皓一

単に1000円のものを1000円で買ったら、五分五分ですよね。でも、1000円のものを買って、いい接客をしてもらったなと思ってもらえれば、6対4になります。それが8対2になれば、「もう一回行こうかな」と思うでしょう。相手に自分より多く渡るようにすれば、次につながる関係が生まれてきます。五分五分では一回限りの関係しか成り立たず、後は何も残りません。


山本為三郎(経営者)

大正3年に三ツ矢サイダーの瓶の供給契約を更新した。ところが、同年欧州戦争が始まった。瓶の原価が上がった。こちらはそれにつれて値段をあげたいところだが、そうすると鉱泉(サイダー)会社は成り立たない。瓶の値段は鉱泉会社の採算と金融を一番大きく左右するものなのである。私は大きな犠牲を払って、大正3年に契約した値段で最後まで供給した。そのために自動製瓶機でマスプロ(大量生産)をさらに高め、コストを下げた。


伊藤秀二

優秀な商品ほど壊すのは怖いですが、メガヒットを作るには大変な労力が必要です。ヒット商品を磨き、ロングセラー商品にして、その間に次のヒット商品を開発していけば、成長軌道がずっと続く。


木村宏

私は昔から切羽詰まらないとものごとに取りかからない。せっかちだと言われることもあるが、ズボラな面も多分にあると思う。いつも神経を張りつめていたら、いい仕事はできない。リラックスする時間があればこそだと思う。


嶋聡

ベンチャーからビッグビジネスに転化するには、トップの実力だけでなく、チームとしての力が重要になってきます。組織が困難に直面した時に、メンバーが覚悟を持って事にあたれなければ、そこまでだからです。


高橋忠仁

未曽有のピンチを通じて新たな事業領域をも開拓し、さらなる成長の機会を得られた当社ですが、もし「目先の数字がすべて」という経営をしていたら、こう上手くいかなかったと思います。常日頃から物心両面の充実を図っていくことが、困難な事態を乗り切る力になるのです。


佐藤優

僕自身は仕事に関して、男性だから女性だから、という目で見たことはないですね。単純にどんな成果を出しているか、その事実だけで判断しています。ビジネス社会において、性差が理由で、仕事ができるできないということは基本的にはない。


美崎栄一郎

プレゼンのスライドは、ビジュアル1点と1つのメッセージで十分。シンプルなほど伝わりやすい。


池田育嗣

高い志を共有する組織はピンチに強く、チャンスを逃さないと確信しています。