名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

山崎武也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎武也のプロフィール

山崎武也、やまさき・たけや。日本のビジネスコンサルタント。東京大学法学部卒業。総合商社勤務を経て独立。100冊以上のビジネス書を執筆。

山崎武也の名言 一覧

たとえ失敗したとしても、それはそれで良いこと。失敗や挫折から這い上がる時ほど、人の器を大きくするものはない。


得意なことはかりやっていても、人は成長しない。不得意なことや難しいことにあえて挑戦することで、自分の器は大きくなる。


続けていれば、誰かが認めてくれる。また、誰も認めてくれなかったとしても、忍耐力や自信がつきます。それが人の器を広げる。


洞察力のある人は、自分自身の利益だけでなく、自分の所属組織や国の利益にまで、考えをめぐらせている。だからこそ、視野狭窄(しやきょうさく)に陥ることなく、的確に物事をつかむことができる。


包容力とは「優しい」と同義語ではない。何でもかんでも許容するのは、信念がないか、ただ単に気弱でノーといえないだけ。本当に包容力がある人は、その人のためにならないと思ったら、耳の痛いことでもはっきりと言うもの。


人間の器はすぐに大きくなるものではない。かといって努力を怠っては、永遠に花は咲かない。まずは大器ならぬ「中器」を目指し、地道に努力を重ねること。気がつけば、あなたの器は大きく成長していく。


会社の上司や先輩だけだと、見方が偏り、注意してもらえるポイントが狭まる。プライベートでも叱ってくれる人を持ちましょう。もし説教好きで敬遠していた友人がいるなら、積極的に会うようにしましょう。また口うるさい奥さんがいたとしたら、かけがえのない財産ですよ。


周囲に「器が大きい」と認められる人の特徴のひとつは、「目先の損得勘定で動かない人」。目先の損得で動かないのは、「長い目で見れば必ずプラスに働く」と長期的な視点を持っているから。また、義侠心や倫理観、感謝の気持ちがそうさせていることもあります。


若いうちはスキルだけである程度仕事をやっていけますが、30歳を過ぎ、役職がつくと、取引先も上司も部下も、あなたの器を品定めするもの。「器が大きい」と判断されれば、人も情報も集まってくる。一方、見切られれば、何も集まらない。「あいつには任せられない」と思われたら終わり。


同僚や部下から話しかけられて「いま忙しいから、後にしてくれない?」というのはよくない。仕事が忙しいのはわかりますが、こんな姿勢では、包容力など身につきませんし、周囲からも包容力のない人だと思われてしまいます。考え事の最中に話しかけられ、思考が分断されるといっても、実際はそれほど支障はないはずです。「ちょっと1分だけ待って」でもダメ。手を休めて、相手の話に耳を傾けましょう。また、情報が集まることで、洞察力も磨かれてくる。器が大きい人が鋭い洞察力を持っているのは、実は話しかけやすい雰囲気があり、様々な情報を聞いているからなんです。


器を大きくするには「人生の大きな目標を持つこと」「正しいことは何か、と考え、信念を持つこと」。もちろん、こういうことは大切なのですが、人間は弱い生き物ですからね。目標や信念を頭の中で意識したところで、日々の生活に流されて生きてしまうのも確か。それを日々の習慣にしていくことで、器の大きい人の思考パターンが体に染み付くはず。器の大きい人と同じ行動が自然ととれるようになるはず。


山崎武也の経歴・略歴

山崎武也、やまさき・たけや。日本のビジネスコンサルタント。東京大学法学部卒業。総合商社勤務を経て独立。100冊以上のビジネス書を執筆。

他の記事も読んでみる

熊谷亮丸

仕事を軌道に乗せるポイントというものがあります。当社の仕事に当てはめれば、政策当局やマスコミ、顧客にはタイムリーな情報発信が不可欠です。その関係が良好になると、相手からの情報収集や意見交換ができるようになります。そこで得た情報を正しく読むことで、さらなる、ビジネスチャンスにつながるでしょう。このような好循環にすることが大切で、このサイクルは、うまく回り始めると習慣化します。


程近智

ただしゃべるのではなく、気持ちを出すことが大事。淡々としゃべるところもあれば、熱を帯びるところもある。テクニカルな意識です。


大橋悦夫

「やらなければいけないのはわかっているが、やる気が起きなくて先送りしてしまう」。自分が興味のある仕事や好きな仕事ならいざ知らず、ハ-ドルが高い、あるいはやりたくないと思う仕事については、億劫に感じてしまうのも人情です。私はその原因の一つに、「やり始めたら最後まで終わらせなくてはいけない恐怖」があると思っています。たとえば、駅まで10分の距離なら歩き出せるけれども、42.195m先にしか休憩所がないとなれば、少し水を飲んでからにしようとか、体調を整えてからにしようとか、いろいろな言い訳が邪魔して、なかなか始められません。でも、もっと近くに休憩所があって、まずはそこに行くだけでいいとなれば、気分はずっと楽になります。同じように、大きな仕事も分割すれば、取りかかりやすくなります。原稿執筆の仕事が多い私の場合は、今日はラフを描くところまでにしよう、明日はひととおり原稿を書き上げるようにしよう、といったように、工程ごとに分割するようにしています。


鹿島守之助

父が「貧をもって宝となす」などと言っていたので、私が「昔は家の周囲一里以上も永富家(守之助氏の旧姓)の田畑だったそうだが、そうなら親類にも負けないでよかったのになあ」と言ったら、父は「そうだったらお前たちは馬鹿になるだろう」と言った。父は財産家の生活様式のうちに、どこか不健全なものがあることを見抜いて、私に論語や十八史略の素読をしてくれた。


飯野謙次

原因を自分の能力や注意力のせいにしても成功にはつながらない。失敗を活かす人は、「やり方が悪かった」と考える。失敗には必ず原因がある。原因を探り、それが失敗に直結しないよう、仕組みを変えることで成功への糧にできる。


内藤誼人

あなたが他人に軽んじられているとしたら、原因はズバリ「演出不足」です。「大物」と呼ばれる人がいますよね。しかし、本当の大物はごく一部。ほとんどは「自分が大物であるように見せる演出」がうまいだけなんです。服装、言葉遣い、立ち居振る舞い……。人は、大物らしい外見の人を見ると勝手に近寄りがたいオーラを感じるため、それを利用して、「大物っぽく」見せてるだけなんです。だから、あなたが他人に軽んじられているとしたら、しぐさや服装をいかにもデキるビジネスマン風に変えればいい。たったそれだけで、一目置かれる存在になれるのです。


村石久二

思い切って分社して良かったと思います。彼らが想像以上に力をつけたことで、1事業部だったころには考えられないほどの力強さで各社が成長してきていますし、持ち株会社としてのスターツコーポレーションは、10年先、30年先のことも考えられるようになっています。


曽野綾子

自立というのは、ともかく他人に依存しないで自分の才覚で生きること。今の自分に合う生き方を創出し、自分で工夫して生活を楽しむこと。


中西敦士

人がバカげていると思うアイデアを真剣に考えるのが僕のような起業家の仕事。


高岡浩三

「イノベーションアワード」は従業員全員が1年に最低1つのアイデアを行動に移して、それが正しいかどうかを証明するというもので、今年は2千件集まりました。キットカットを焼いて食べることを提案する「焼きキットカット」やスーパーマーケット内カフェの「カフェ・イン・ショップ」も、そこから出てきたものです。最初の2年くらいは、私が選ぶものと他の役員が選ぶものは全然違っていました(笑)。「焼きキットカット」を、イノベーションアワードの大賞に選ぶ人間なんて僕以外にはいなかったのに、やってみたらすごい大ヒットになった。つまり、以前はそういうすごいアイデアをつぶしていたということなんです。


高岡浩三

生産性が高い人は、「解決すべき顧客の問題は何か」をまず設定し、そこに集中して結果を出す。一方、生産性が低い人は、解決すべき課題を設定せずに仕事を進めるため、「仕事ではないこと」に無駄な時間を費やしてしまう。


三島海雲

私はギリギリのマージンしか見込まず、長続きするような取引を心がけるようになった。そして、それだけで会社をまかなっていけるような、いい得意先をつかむことができた。
【覚書き|北京で貿易商「日華洋行」を興した当時を振り返っての発言】