名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山崎敦彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎敦彦のプロフィール

山崎敦彦、やまざき・あつひこ。日本の経営者。「ヤマシンフィルタ」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、コマツを経て山信工業(のちのヤマシンフィルタ)に入社。取締役経営企画室長、取締役営業部長などを経て社長に就任。

山崎敦彦の名言 一覧

電話やメールだけでなく、やはり現地に行って現地の空気を吸い、現地の顧客の話を聞くことが重要。


原価管理は製造業の宿命ですからずっとやっています。長年、生産のスタッフが苦労しながら、ああしたらいいのでは、こうしたらいいのではとやっている。


フィルタ生産のキーパーツである「ろ材」の開発から製造・販売まで自社で一貫して手掛け、顧客の要望に応じた仕様のフィルタをオーダーメードで提供できることが当社の強み。


粗悪なフィルタを使用すると機械が壊れ、結果として大きな修理コストが掛かってしまいます。当社では、建機メーカーと共同でフィルタ性能の啓蒙セミナーを開催し、徐々に純正品の採用率が上がってきました。


現地採用者の本社勤務や、本社勤務者の海外転勤などを積極的に行い、希望者の要望に応える環境を作っています。机の上で考えるのではなく、現場の風を受けることが大切なのです。職種にとらわれることなく、財務や経理の人材も海外で育成しています。


とくに社員同士のコミュニケーションを重視しています。そこで、年に2回のグローバルマーケティングミーティングを開催し、世界各地から集まった社員がチーム力を付ける場として活用していま式高度な通信環境がある今でも、やはりフェイス・トゥ・フェイスで一堂に会し、同じ空気を吸いながら考えることが大切なのです。


建機はどの会社も同じような機械を作っているというふうに、皆さんご覧になると思うんだけども、メーカーさんの開発・設計に行くとそれぞれに方針があって、フィルターに対する要求も違うんです。オーダーメードのスーツを作るがごとく、「そう、これだよ」と言っていただける、ろ材をお客様に供給できる。これは強み。


建機も自動車と同じで4年に1回モデルチェンジがあるんです。それは選挙みたいなもので、ピンチでありチャンスでもある。その時に、使い勝手のいいものを提案してきたのが(高いシェアを獲得できた)大きな理由だと思います。


フィリピンは人件費が安いのですが、派遣さんを使うとさらに安いというのがあるので、正社員より派遣の方が多かった。それでコストを抑えていると思っていたのですが、でも派遣さんは半年で交代というルールなんですね。せっかく作業に習熟したところで、はい終わり、となり新しい人が入ってくる。すると不具合とか不良品が増えるんです。完成品になってからボツというのでは歩留まり(を低下させる要因の)の極みですよね。なので正社員の比率を上げて、生産工程の要所には作業に熟練した、正社員を配置するようにした。働く方々からしても正社員の方がハッピーなわけですが、会社もその方がハッピーということが今回分かりました。


創業時は醤油や味噌の「ろ布」製造からスタートし、自動車関連フィルタの下請けへと移行したのです。しかし、請負業務の中では、自社の開発力を生かした製品づくりができず、事業を拡大することが見込めないため、建機用フィルタに業務を集約したのです。建機用フィルタは限られたマーケットですが、日本でトップシェアを取れば、グローバルトップも見えてくると考えるようになったのです。そこでシェア拡大を図るため、より一層の品質向上に取り組みました。


山崎敦彦の経歴・略歴

山崎敦彦、やまざき・あつひこ。日本の経営者。「ヤマシンフィルタ」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、コマツを経て山信工業(のちのヤマシンフィルタ)に入社。取締役経営企画室長、取締役営業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

リスト・シラスマ

中核事業である携帯端末の収益が1年で26%も減少するという危機的な状況の中、ノキアの将来について徹底的に議論しました。この時、ゴールデンルールとしたのは「最良の専門家を集め、最高のデータを基に議論をする」こと。そして「感情ではなくデータで決断する」ことでした。


秦郁彦

宮大工のような仕事をする。歴史家として経験を積むうちに、こう考えるようになりました。細部に意を払いつつ、堅牢な建物を建てる。途中の経過をくどくど説明するよりも、謙虚に、出来上がったもので評価してもらうと。


枝廣憲

私個人としても当社のサービスを通じてより沢山の人に楽しい瞬間を届けていければと思いますし、以前よりも遥かに早くサービス・プロダクトが移り変わる時代の中で、変革に遅れないように先んじて新たなスキルを身に付けようと考えています。最近では毎週就業時間後にプログラミングの勉強を始め、日常業務で自分が出しているオーダーの乱暴さに気付いて青ざめています。次に開発や運用を行う際のリソースや期間のリスクを深く理解することができそうです。


石川康晴

新規ブランドや新規事業は特に、数字管理を徹底します。撤退ラインを投資額とともに定め、赤字が続けばどんなブランドでも撤退します。数字があれば、現場も経営も納得できます。


畠中雅子

そこそこ老後資金があると考えている人も確認作業が必要。年金生活に入ってからも現役時代の調子で生活レベルを落とせなければ、そこそこの貯蓄などあっという間に枯渇します。老後資金が足りる。足りないより、我が家の家計がどうなるのかを知らないことが最大のリスクだとお考えください。


渡邉美樹

誰にとってもいい会社というものはありません。価値観が共有できてはじめていい会社になるので、「ワタミはこういう会社で、こういう人にとっていい会社だけど、こういう人にとって悪い会社ですよ」と採用の段階で言うしかない。僕も繰り返しそういう話をしながら、7000人を超えるグループをつくってきました。


苦瓜達郎

割安かどうかだけです。上がるものを予想して買おう、人に先んじようというのが虚しいなと。正直言って、実りが多くなさそうだなと、やっていて思ったものですから。その視点でみんながやっていたら、なにか変なものができあがるよね、ということかな。


浜田健一郎

規制が撤廃され、念願の国際線に進出できました。いざ、世界を見渡せば強大なライバルが多数いました。米アメリカン航空やユナイテッド航空、英ブリティッシュ・エアウェイズ、独ルフトハンザなど、海外のいわゆるメガキャリアが、巨大な空港をハブ(拠点)とし、路線ネットワークを張りめぐらして世界中で乗客を奪い合っていたのです。規模と戦略に圧倒的な差を感じながらも、彼らとの競争に挑んでいきました。


サマセット・モーム

老齢を堪えがたくするものは、精神・肉体の働きが衰えていくことではない。思い出の重荷である。


田島弓子

大きな目標を細分化し、次にその小さな目標を達成するために、いまの自分に足りないものは何か。そして、それをどうやって補うのかを考えます。ここで大事なのは、紙に書き出すことです。文字にして視覚化すると、問題点が明確になるからです。頭の中であれこれ考えているだけでは、いつまでも漠然とした不安のままで、精神的にもよくありません。


上原明

長期的な成果や全体最適にとって何が大事かといえば、会社の経営理念や存在意義。こうした判断基準の軸を持っておかないと、判断に迷いが出て、ブレが生じてしまう。


横山清

田舎には夢がないという子供には、田舎にいても都会にいても、夢は自分でつくるものであって、夢のある場所があるわけではないと話すしかないと思います。