名言DB

9412 人 / 110637 名言

山崎敦彦の名言

twitter Facebook はてブ

山崎敦彦のプロフィール

山崎敦彦、やまざき・あつひこ。日本の経営者。「ヤマシンフィルタ」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、コマツを経て山信工業(のちのヤマシンフィルタ)に入社。取締役経営企画室長、取締役営業部長などを経て社長に就任。

山崎敦彦の名言 一覧

電話やメールだけでなく、やはり現地に行って現地の空気を吸い、現地の顧客の話を聞くことが重要。


原価管理は製造業の宿命ですからずっとやっています。長年、生産のスタッフが苦労しながら、ああしたらいいのでは、こうしたらいいのではとやっている。


フィルタ生産のキーパーツである「ろ材」の開発から製造・販売まで自社で一貫して手掛け、顧客の要望に応じた仕様のフィルタをオーダーメードで提供できることが当社の強み。


粗悪なフィルタを使用すると機械が壊れ、結果として大きな修理コストが掛かってしまいます。当社では、建機メーカーと共同でフィルタ性能の啓蒙セミナーを開催し、徐々に純正品の採用率が上がってきました。


現地採用者の本社勤務や、本社勤務者の海外転勤などを積極的に行い、希望者の要望に応える環境を作っています。机の上で考えるのではなく、現場の風を受けることが大切なのです。職種にとらわれることなく、財務や経理の人材も海外で育成しています。


とくに社員同士のコミュニケーションを重視しています。そこで、年に2回のグローバルマーケティングミーティングを開催し、世界各地から集まった社員がチーム力を付ける場として活用していま式高度な通信環境がある今でも、やはりフェイス・トゥ・フェイスで一堂に会し、同じ空気を吸いながら考えることが大切なのです。


建機はどの会社も同じような機械を作っているというふうに、皆さんご覧になると思うんだけども、メーカーさんの開発・設計に行くとそれぞれに方針があって、フィルターに対する要求も違うんです。オーダーメードのスーツを作るがごとく、「そう、これだよ」と言っていただける、ろ材をお客様に供給できる。これは強み。


建機も自動車と同じで4年に1回モデルチェンジがあるんです。それは選挙みたいなもので、ピンチでありチャンスでもある。その時に、使い勝手のいいものを提案してきたのが(高いシェアを獲得できた)大きな理由だと思います。


フィリピンは人件費が安いのですが、派遣さんを使うとさらに安いというのがあるので、正社員より派遣の方が多かった。それでコストを抑えていると思っていたのですが、でも派遣さんは半年で交代というルールなんですね。せっかく作業に習熟したところで、はい終わり、となり新しい人が入ってくる。すると不具合とか不良品が増えるんです。完成品になってからボツというのでは歩留まり(を低下させる要因の)の極みですよね。なので正社員の比率を上げて、生産工程の要所には作業に熟練した、正社員を配置するようにした。働く方々からしても正社員の方がハッピーなわけですが、会社もその方がハッピーということが今回分かりました。


創業時は醤油や味噌の「ろ布」製造からスタートし、自動車関連フィルタの下請けへと移行したのです。しかし、請負業務の中では、自社の開発力を生かした製品づくりができず、事業を拡大することが見込めないため、建機用フィルタに業務を集約したのです。建機用フィルタは限られたマーケットですが、日本でトップシェアを取れば、グローバルトップも見えてくると考えるようになったのです。そこでシェア拡大を図るため、より一層の品質向上に取り組みました。


山崎敦彦の経歴・略歴

山崎敦彦、やまざき・あつひこ。日本の経営者。「ヤマシンフィルタ」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、コマツを経て山信工業(のちのヤマシンフィルタ)に入社。取締役経営企画室長、取締役営業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ゲオルク・ジンメル

一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年が主張する行為自体は正しいものだ。


似鳥昭雄

私の人生は成功の歴史ではない。失敗にまみれながらも、諦めなかった挑戦の歴史だ。


山口真導

ネット通販の世界では良くあることですが、自社では在庫を持たずに注文やカード決済が実行されてから商品を仕入れるという形態をとっているショップもあります。全部は無理でも、一部の高額商品でこうした取り組みを行うことで、キャッシュフローを大幅に改善することになります。こうしたやり方を自社のビジネスモデルに組み込めないかと思考を巡らすことがキャッシュフロー改善では大事なこと。


相川秀希

「絶対的な答えのない問題」を解く力を高めるには、想定外の状況に立たされ、そこでもがき苦しみながら戦うのが一番です。社会人の場合、新規店舗の開設に携わるなどの経験を数多く菫ねることがトレーニングになるでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

事業を譲渡するのは覚悟がいる。逆に言えば、私は覚悟があるから社長を交代した。不安は無いかといったら、当然不安もあります。だけど次の社長を信じたら期待もあるではないですか。


宇佐美進典

類推するときは、具体的なものを一度抽象化し、その抽象化したものを比較し、似ているところを抽出します。原因と結果といった因果関係まで整理しておかないと類推できません。例えば歴史は現実に起こったことですが、具体的な事例を抽象化することで現代の問題にも応用が出来ます。


渋谷昌三

間に合わないことが多い人は、頭で段取りを考える前に、行動を変えてみるのが正解。例えば朝、「顔を洗う→食事を取る→新聞を読む」という流れが習慣なら、順番を逆にしてみる。企画書なども同じで「資料集め→書く」の流れなら、逆にして書いてから足りない情報を集める。すると、以外と効率よくできる。


米山公啓

現代人の脳は朝起きてから夜寝るまで、たえず外部から入ってくる大量の情報にさらされています。その流れに身を任せたままでいると、脳はその情報を処理する受け身の作業に追われ、新しいことを思いついたり、思考を深めたりする生産的な活動に取りかかれません。


安田登

人の成長とは、努力に比例して右肩上がりに上がっていくものではない。地道に努力を続けていても一向に上達しなかったことが、あるとき突然に別の次元に入る。それは非直線的な変化として訪れる。いくら練習してもできなかった逆上がりが、ある瞬間を境に「あたりまえにできる」ようになるように、営業マンなら、ある日を境に面白いように契約が取れることがある。0か1の変化は、その日がくる前に放り出してしまえば、0のままです。


ムーギー・キム(金武貴)

多くの「役立たずエリート」は、事業案件の潜在的リスクをあげつらってばかりで、「どうやれば前に進められるか」という解決策に関して、何の貢献もできない。つまるところ、思考方式が問題分析で終わっており、建設的提案まで結びつかないのが、生産性の低い「役立たずエリート」の悲しき特徴と言えるだろう。仕事の生産性を高めるには、頭脳をこき使うより、勇気を持って協調し、問題点の指摘で終わらない建設的なマインドセットが不可欠なのだ。


壺阪龍哉

デスクまわりに書類や本が散乱して無法地帯になってしまっている人は、まずは必要なものと不要なものを振り分ける作業から始めましょう。デスクの上や引き出しに入っている書類や本などをいったんすべて出し、必要な書類だけをピックアップしていきます。このとき、不要なものを廃棄箱に捨てていくという方法もありますが、これだとなかなか捨てられないので、必要なものだけをピックアップするという方法が効果的でしょう。時間は30分と決めて、考え込まずに作業を進めるのがコツです。


太田彩子

いま営業の世界では、どれだけ売らないかで契約が決まるといわれています。お客様は基本的に断るつもりで営業に会うため、いきなり商談に入るのはアウト。こちらから売らずに接触回数を増やして、まずは関係を構築するのが、近年の営業のトレンドです。ただ、商談に入らない営業担当に何度も会ってくれるほどお客様も暇ではありません。そこで必要になるのが情報提供。いまの時代は、魅力的な情報を会話の中に盛り込んで、お客様と継続的な関係を築くことができる営業が強いのです。


草場滋

「普通」とは何なのかを知ることが、企画や提案をする時に役立つ。マクドナルドがテスト販売を静岡で行うのもその一例。都会と田舎の中間で所得も中位の静岡を「売れる」基準にしているのです。


青山祐子

スケジュールは休みから立てます。ダラダラと長時間労働するよりも、休みが先に決まっている方が、そこに向かって仕事をしようと努力できますから。それに私の仕事は、ニュースといういわば生き物を扱っていますから、ギリギリまでスケジュールが決まらないのです。そういう意味でも、スケジュールは休みから埋まっていきます。


延岡健太郎

商品の成功において必要条件と言えるのが、エンジニアリングとデザインの統合的価値。2つを融合させることで、消費者がその商品を所有し、使用する際の満足度や喜びが高まる。