名言DB

9419 人 / 110788 名言

山崎富治(山﨑富治)の名言

twitter Facebook はてブ

山崎富治(山﨑富治)のプロフィール

山崎富治、やまざき・とみじ。日本の経営者。「山種証券」社長。山種証券創業者で相場師の山崎種二の息子(次男)。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、シティバンク東京支店に入社。その後、山種証券に移籍する。青年会議所会頭、東京証券業協会副会長、山種美術館館長などを歴任。

山崎富治(山﨑富治)の名言 一覧

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。


私が常日頃から強引なワンマン体制で下からの声を無視してきたならば、組合を作ろうとした社員たちを説得できなかっただろう。あの時点で労働組合が発足していたならば、山種証券は違った方向に歩き出していたかもしれない。何事も平素にあり。いつも必ず誰かが自分を見ている。日常の心がけが大切なのだ。私は生涯この言葉を肝に銘じていくであろう。


山崎富治(山﨑富治)の経歴・略歴

山崎富治、やまざき・とみじ。日本の経営者。「山種証券」社長。山種証券創業者で相場師の山崎種二の息子(次男)。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、シティバンク東京支店に入社。その後、山種証券に移籍する。青年会議所会頭、東京証券業協会副会長、山種美術館館長などを歴任。

他の記事も読んでみる

鈴木修

十年先のことを考えるなんて、昔でいえば百年先を考えるようなもの。会社のあるべき姿を描くと現実から大きく乖離する。最小限、何を今なすべきかを考えていくことだ。
【覚書き:鈴木氏は売り上げが一兆円を超えてもスズキが中小企業であると定義している。小回りの利く、時流に合った経営を行っていくことが第一と語っている】


大前研一

人に仕事を頼むときは、前もってその人の仕事の速さを知っておくと間違いがない。このレスポンス・タイムを知りたければ、一度メールを送ってみるといい。私の経験だと、返事の速い人ほど仕事も速いぞ。


香山リカ(精神科医)

精神科医は悩みの原因を掘り下げる仕事と思われがちなんですが、すべてのことに原因があるわけじゃないでしょう。親とうまくいかない人が「どうしてこんな母親のもとに生まれたんだろう」と考えてもきりがないですか。だったら、割り切って家を離れて一人暮らしをするとかね。そうやって現実的に対応していくのが、精神医療のカウンセリングの中でも主流になってきています。


白井一幸

育成に関しても、ヤンキースには指導マニュアルというものがあり、非常に参考になりました。そこには打撃や守備、投げ方などについて明確に定義されていて、「グラウンドではしっかり走ること」という項目までありました。日本でそういうマニュアルをつくっている球団はおそらくないでしょう。マニュアルには、大胆な発想が生まれにくいとか、こなすことで仕事をした気になってしまうといった弊害もあります。でも、私のように選手から指導者になったばかりの人間は、指導するにあたって試行錯誤します。その点、マニュアルがあれば指導しやすいですし、育成方法に関してチームとして統一感を持たせることができます。


道尾秀介

残業が多い会社だったので、帰宅して執筆にとりかかれる時間は夜中の12時ごろ。それから5時間執筆して1、2時間寝てまた出社、なんて生活をしばらく続けました。でも、不思議なもので風邪ひとつひかなかったですね。
【覚書き|デビュー作『背の眼』を書いた当時を振り返っての発言。同作品はホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した。】


渋谷昌三

どんなに頑張っても残業が減らないと言う人は、残業したり休日にやれば大丈夫という心理が背景にある。心のどこかに時間があるという想いがあるため、勤務時間内の作業に緊張感がない。


安田隆夫

人間関係の構築はやや苦手だが、陳列をさせると異才を発揮する人もいる。そのような人を適材適所で使い、それが売り上げのアップに直結すれば、さらに自信かつく。欠点を無理に矯正しようとせず、得意分野を磨いたほういい。


根岸秋男

私たちは地域社会に支えられて企業活動を営めていると思っています。恩返しを含め、地域活性化に貢献していこうと。トップダウンだけでなく、ボトムアップで各支社の創意工夫を凝らした行動が起きています。


飯島彰己

人事部が行うとか、社内研修があるとかは人材教育に関係ありません。各部門の部長の使命は、いかに自分の部の部員を育てるかにかかっている。


村上賀厚

人に対して怒るのではなく、問題自体を解決するスタンスで臨むべき。