名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

山崎富治(山﨑富治)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎富治(山﨑富治)のプロフィール

山崎富治、やまざき・とみじ。日本の経営者。「山種証券」社長。山種証券創業者で相場師の山崎種二の息子(次男)。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、シティバンク東京支店に入社。その後、山種証券に移籍する。青年会議所会頭、東京証券業協会副会長、山種美術館館長などを歴任。

山崎富治(山﨑富治)の名言 一覧

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。


私が常日頃から強引なワンマン体制で下からの声を無視してきたならば、組合を作ろうとした社員たちを説得できなかっただろう。あの時点で労働組合が発足していたならば、山種証券は違った方向に歩き出していたかもしれない。何事も平素にあり。いつも必ず誰かが自分を見ている。日常の心がけが大切なのだ。私は生涯この言葉を肝に銘じていくであろう。


山崎富治(山﨑富治)の経歴・略歴

山崎富治、やまざき・とみじ。日本の経営者。「山種証券」社長。山種証券創業者で相場師の山崎種二の息子(次男)。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、シティバンク東京支店に入社。その後、山種証券に移籍する。青年会議所会頭、東京証券業協会副会長、山種美術館館長などを歴任。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

最もやってはいけないのは「買っちゃった」「やっちゃった」という無計画な支出です。これは、「贅沢品を衝動買いしてはいけない」という意味も当然含まれてるのですが、それよりも「家やクルマなどの大きな買い物を勢いでやってしまうのは、絶対に避けねばならない」という意味の方が大きい。


マハトマ・ガンジー

私たちの体は奉仕に捧げるためのものである。決して自分だけのものではない。だから、一人一人が自分の体を守るボディガードとなって、体調を万全に整える術を身につけよう。いざというときに、この体を差し出し、役立てることができるように。


河野英太郎

報連相は、できるだけ対面で行なうことも大切です。最近は何でもメールで済ます人が多いようですが、メールだと、相手の表情や置かれた状況などの情報がわからないので、相手の本心を理解しにくいところがあります。その結果、誤解を招き、トラブルになることも少なくありません。また、時間を節約する意味でも、メールより、直接会うか電話をしたほうが、早く答えがもらえます。相手と直接話すことを避けていては、損をすることばかりです。


田口一成

それぞれの事業は各社長に任せています。というより、この事業で社会を変えたいと言ってきた社員に事業を立ち上げさせます。入社半年でミャンマーに飛び、昔の生協と同じシステムで僻地の村に物資を届ける事業を立ち上げた社員もいる。僕は彼らのプランに、ビジネスの視点から肉付けしていくだけです。


太田英昭

放送局の中の人材だけではクリアーできない問題や課題があれば、それを乗り越えるためには外部からの人材も必要になってくる。今、持株会社の現場は、証券会社、銀行、公認会計士など、フジテレビ本体にはいなかった人々が主力部隊になっています。


中野貴利人

近年話題の「クラウドソーシング」は、仕事を発注したい企業と、仕事を受注したい個人をウェブ上でマッチングするシステム。社内の仕事の一部をアウトソーシングするのは一般的ですが、そのアウトソーシング先を個人や小規模な組織にまで広げたスタイルがクラウドソーシングで、それにより、個人がスキルで稼ぐことが容易にできるようになりました。これはサラリーマンにお勧めの副業の一つ。なぜなら、仕事の受発注、条件交渉、支払いまですべてのやりとりがウェブ上で完結するので、直接会って打ち合わせをするなど、時間的な拘束はほぼありません。個人情報も発注元の企業以外にはバレず、スキマ時間を活かして収入につなげることができるのです。


井上礼之

社員がやりがいを持って働き、持てる力を最大限発揮できる「場」を提供することが経営者の使命である。


本田宗一郎

一生のうちに好景気、不景気は必ずめぐってくる。そんなことにジタバタしても、仕方がないよ。「満つれば欠ける世の習い」ともいうだろ。不幸を乗り切ってこそ幸福もある。人間の幸せも景気、不景気も同じようなものさ。


樋口泰行

外資系企業の日本法人トップは、本社の力を最大限に活用しつつ、いかに日本のお客様・パートナー様のお役に立てるか、そして従業員にそのミッションを浸透させるかが使命。例えるならメッセージソングを歌い上げるようなものです。


朝倉千恵子

いまはインターネットの時代です。ネット上に公開された私たちの心や行動の記録は、好むと好まざるとにかかわらず全部残ります。そしてそうした心や行動が本物か、あるいは嘘や偽り、ごまかしなのかは、すべて明らかになってしまいます。本物だけが残れるというのは、怖いとも言えますが、面白い時代だとも言えると思います。こうした時代に、私は本物を残したいと思っています。本物の発言、本物の行動。そして私が残したい最大のものが本物の人なのです。


出口治明

失敗するのは当たり前。失敗を積んでいくうちに、人はだんだんと賢くなっていく。そもそも人生は、失敗の連続。僕もたくさん失敗してきた。


橋下徹

実際、政治をやってみてつくづく感じました。コメンテーターやコンサルや評論家、学者がいっていることは、ほぼ実現不可能な絵空事だと。