名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山崎大地の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山崎大地のプロフィール

山崎大地、やまざき・たいち。日本の経営者、民間宇宙飛行士。「ASTRAX」社長。神奈川県出身。東海大学工学部航空宇宙科学科卒業後、三菱スペース・ソフトウエアに入社。国際宇宙ステーション「きぼう」開発・運用準備に従事。国際宇宙ステーション実運用訓練生などを経てASTRAXを設立。

山崎大地の名言 一覧

大人が楽しそうにしていなかったら、子供は大人になりたいと思えない。


宇宙旅行が始まってからでは遅いので、今のうちから準備を始め、お客さんの発想を盛り込みながらサービスをつくり込んでいます。


世界でバラバラに育ってきたものを、全体システムとして統制し機能させていく。ASTRAXがその舵取りをする宇宙ビジネスのリーディングカンパニーになれればと考えています。


日本はモノづくりが先で、お客さんは後からついてくると考えがちです。しかし実際に売る段階になるとマーケットも使う人もいないことに気づき、四苦八苦する。要はお客さんからお金をもらうビジネスモデルになっていない。買い手のニーズを考えずにつくる側の論理しかないから、売れないのです。


日本はクオリティーの高いモノづくりを誇ります。しかし近年は中国をはじめ他国も同等レベルにある。その上で価格を下げられたら日本に勝ち目はありません。そこで日本の特長である、おもてなしの心、クオリティーの高いサービス、クリエーティブな発想を生かすことが、世界に負けない宇宙ビジネスをつくり上げていくことになります。


スマホに例えると、宇宙船やロケットや人工衛星などはあくまでもスマホのボディでしかなく、中のアプリケーションやサービスがあって、初めて産業として発展していきます。そこに寄与するのは宇宙船を造る技術者たちではなく、例えばブライダルや葬儀業界、映像やエンターテインメント業界などでサービスをする人たちです。そのために、日本は国家事業である宇宙産業をいかに早く民営化するか。これが産業活性化の糸口になると思います。


民間宇宙ビジネスに関わる人を育てる場として、ASTRAX ACADEMYを開学しました。中でも重点的に力を入れているのが人材教育です。例えば宇宙結婚式や宇宙葬、宇宙居酒屋など、地上の日常のサービスを宇宙とつなげるには既存の専門会社との連携が不可欠です。当面は1千社との提携を目指しながら、そこに関わる人材を育てていきたい。ほかにも航空機のCAのような添乗サポートをする人の養成講座や宇宙船で働く人の講座、また搭乗前の1年間で何をどう準備をすればいいかを学ぶ講座もあります。入念な準備をすることで、同じイベントがより鮮明な思い出になりますから。この目的は、来年ヴァージン・ギャラクティックやワールドビューの宇宙船が飛び、その後宇宙旅行が本格的に始まったときに、多様な立場の人が育っていないと宇宙ビジネスが広がらないからです。


国際宇宙開発会議で事業内容と計画を発表したところ、大きな反響がありました。例えば無重力飛行サービスを提供する会社はほかにもありますが、50人程度の集団で同じつなぎを着せて、飛んで下りてを繰り返すだけ。うちのように楽器を弾いたり、魔法使いのコスプレを撮影したり、個別ニーズに応えられる企業は海外にもありません。他社は技術力の高さや開発の進行度合いを主に発表していたので、その次のステップで、うちはそれをこう使いましょうと発表したわけです。


うちは開発はやりません。お客様目線を持ったサービス業です。宇宙旅行のサポートや無重力飛行などのサービスを長年手掛けてきて分かったことは、例えば無重力空間でやりたいことを聞いても、最初は何も出ませんが、そのうちお客さんからアイデアが次々と生まれてきます。本来はこうしたお客さんのアイデアや課題を元に、それに応えるモノづくりをしていかなければなりません。


山崎大地の経歴・略歴

山崎大地、やまざき・たいち。日本の経営者、民間宇宙飛行士。「ASTRAX」社長。神奈川県出身。東海大学工学部航空宇宙科学科卒業後、三菱スペース・ソフトウエアに入社。国際宇宙ステーション「きぼう」開発・運用準備に従事。国際宇宙ステーション実運用訓練生などを経てASTRAXを設立。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

周りを見渡せば素晴らしい能力の経営者が沢山いる。同じ経営者として足りない部分を知ると謙虚になれる。だから、学び続けることの重要性をひしひしと感じます。


前刀禎明

ウォークマンは当初、「録音機能もなくスピーカーもない音楽再生専用機が売れるはずがない」と、他社から冷ややかな目で見られていました。けれども結果はご存知の通り。いまでは世界中の人が当たり前のように街で音楽を聴いています。自分たちが欲しいものにとことんこだわる。市場がなければつくってしまえ。かつてのソニーのエンジニアにはこういう気概があったのです。


トニー・レオン

一流になるためには、第一に、現実に対処する包容力を身につけることです。最悪な状況でも、「これは自分に課せられた試練なんだ」と思い込みましょう。


中村史朗

ビジネスの現場では、日々入ってくる様々な情報の中で何が重要なのかを見極める作業が欠かせません。脈絡なく入ってくる一次情報を自分の中で咀嚼し、消化し、互いの関連性などを理解したうえで、最終的に何かをアウトプットしていく。端的に言えば、我々の活動はこの繰り返しです。


山本梁介

バブルが崩壊したとき、どんなホテルにすればお客様に喜んでいただけるか、徹底的にヒアリング調査し、必死で考えました。


前刀禎明

ソニーの設立趣意書には「他社の追随を絶対に許さざる境地に独自なる製品化を行う」とあります。私が最初に就職したソニーを選んだのは、この文言に深く共鳴したからです。当時のソニーはまさにこの趣意書通りの会社でした。トップが命じるのは「ウォークマンをカセットテープのケースと同じサイズにしろ」というような無理難題と思えるリクエストばかり。ところがソニーのエンジニアは逆に闘志を燃やし、類まれな技術力で見事にそれを製品化してしまう。だからソニーの製品はいつも市場から驚きと感動をもって迎えられたのです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

自分の強みや個性をきちんと認識し、外ではなく自分の中に答えを見つけること。怒りを抱えているときも、怒りのモトとなった外的要因に目を向けるのではなく、「なぜ腹が立つのか」「そこにはどんな心理が働いているのか」などと、自分の内面を深掘りしていくことで、冷静さを取り戻すことができるでしょう。


沢渡あまね

そもそも「働き方改革」とは、仕事のムダ取りが目的なのではなく、生み出した時間や圧縮した時間を使い、さらに生産性の高い仕事に変えて行くこと。こうした考え方を組織で浸透させるためには、リーダー自らがコミュニケーションを重ねて組織を運営していくことが欠かせません。


石黒和義

身も心も自立した生き方について、死にざまも含めて、私たちはもっと考えることが必要な時代になってきたと思います。これは、決して人任せに社会や国の所為にするものでなく、すぐれて主観的な自分自身の問題です。


菅野寛

経営者は「育つ」のであって、他人が「育てる」ものではありません。一人称、つまり自分自身の意志や努力で育つべきであり、誰かが自分を育ててくれると考えているようでは、まともな経営者になれないでしょう。経営者自身に学ぶ姿勢が必要なのです。


小島瑠璃子

すごい方たちとお会いするたびに「この人はなぜこんなに魅力的なんだろう?」って観察するんです。それは努力というより、楽しい作業。だから誰とも壁をつくらないようにしてます。


西真理子

電話応対の際や、口頭で指示を受けたときは、メモを取ることが基本中の基本ですよね。私はB5サイズの縦型の速記帳を愛用していました。立ったままでも書きやすく、個人的に気に入っていました。メモを取るときは、固有名詞や日時、場所は間違いのないよう復唱して書き留めていました。上司は忙しいので、パッと指示して終わりになりがちですが、こうしたひと手間をかけることでミスを防ぐことができていたと思います。