山岸舞彩の名言

山岸舞彩のプロフィール

山岸舞彩、やまぎし・まい。日本のアナウンサー、ファッションモデル、タレント。東京出身。日本女子大学文学部日本文学科卒業。大学時代からモデルとして活動し、東レ水着キャンペーンガール、『JJ』専属モデルなどを務めた。テレビのキャスターだけでなく、ドラマなどにも出演した。

山岸舞彩の名言 一覧

無理してもボロが出るだけ。それなら、飾らないことが一番いいと思っています。


自分がよくわかっていないことを伝えるのは、すごく無責任なことです。いまでは、たとえ一枚の原稿を読むだけでも、事前に内容をしっかり理解するようにしています。


初めは心を閉ざしていたのに、だんだんと心を開いていき、つい本音をボロッと言ってしまう。そんな瞬間って誰でもありますよね。そういうことが起こるのは、「しっかりと聞いてくれているな」「自分のためにいろいろ準備してくれたんだな」というように、聞き手の姿勢に心を動かされた時だと私は思っています。


慣れもあると思いますが、それよりも大きかったのは、「カッコ良く見せたい」「うまくやろう」という意識を捨てたことかもしれません。そういうふうに考えてしまうと、聞き手の目が気になるので、変に固くなってしまい、いつも通りに話せなくなってしまいます。


「カッコ良く見せたい」という意識の代わりに、私は「自分の思いを伝えたい」という意識を強く持つようにしています。それがあるから、余計な意識が頭からふるい落とせているのかもしれません。


緊張してしまうのは「失敗が怖い」という心理があるからだと思うのですが、人間だから誰でも悪いところもダメなところもあるし、言葉を間違えることもあると思うのです。だけど、失敗しても、それを繰り返さなければ、きっと成長できる。むしろ、失敗を怖がらないことのほうが重要だと思っています。


時間が許せば、3~4日間、インタビューをする人についてずっと書き続けています。書くことで、相手のことを覚えられるし、頭が整理されるんですよね。また、そのノートを相手の前でペラペラと見ていたら、「お、こんなにやってくれているんだ」と思ってもらえるかなぁ、という淡い期待もあります(笑)。それに、書いたものを見返せば「私はこれだけ調べたし、考えた!」と自信が持てる。すると、インタビューにも自信を持って臨めます。


事前に予測をしていくと、つい頭がカタくなって、そういう決めつけをしがちですが、それによって、相手が気分を害することもあると思うのです。予想外の答えが返ってきたときでも、臨機応変に対応することを、意識しています。


どこに行っても、なるべくメモを取るようにしています。取材相手の話だけでなく、取材をした時の自分の感情や、見えた景色についても、全部メモを取りますね。あとは、メモを見返せば、そのときの情景がよみがえってきます。とくに大事にしているのは、現場に行ったとき、自分が最初に感じたこと。その感情が、最も素直であり、その場の雰囲気を的確に言い表わしていることが多いからです。


表面的になぞるのではなくて、ニュースの内容をしっかり把握し、何を相手に伝えたいかをはっきりさせておく。そうすれば、言い回しが多少間違っていたとしても、視聴者の方には伝わるのではないかと思います。


話し方の前段階の話になってしまうかもしれませんが、最も大切なのは、自分自身がニュースの内容をちゃんと理解することだと思っています。


山岸舞彩の経歴・略歴

山岸舞彩、やまぎし・まい。日本のアナウンサー、ファッションモデル、タレント。東京出身。日本女子大学文学部日本文学科卒業。大学時代からモデルとして活動し、東レ水着キャンペーンガール、『JJ』専属モデルなどを務めた。テレビのキャスターだけでなく、ドラマなどにも出演した。

他の記事も読んでみる

米山公啓

脳の活性化に必要なのは、緊張とリラックスのちょうどいいバランスです。自律神経で言えば、戦闘態勢を作る交感神経と、心身をリラックスに導く副交感神経が、バランス良く交互に切り替わっている状態です。その切り替えが一番作りやすいのが「笑い」です。笑っている最中は交感神経が活発になりますが、笑った後は副交感神経が優位になり、心身がぐっと深いリラックス状態に入っていきます。


岸見一郎

「嫌われる勇気」というのは、人から嫌われなさいという意味ではなく、「嫌われることを恐れない」という意味です。人にどう思われるかを気にしている人は、自分の人生を生きられず、しなければならないことができず、言わなければならないことを言えません。


飯島彰己

これは、やってみないとわからないけれど、大丈夫だよ。でも、全部相手に任せはしない。自分で必ず製鉄所を見に行くから。
【覚書き|ソ連崩壊直後の動乱の中、ロシアの製鉄所を回り銑鉄を買い集めたときの発言】


樋口泰行

私自身、この1年は特に社員と直接ランチをする機会を増やしました。忙しい中、時間をつくるのは容易ではありません。しかし、社員は年次が上がるほど、会社への貢献を認めてもらうことへの欲求が高まります。自分の活躍を常に気に留め、見てくれている人がいるとの感覚が重要になるのです。故に、トップ自ら「きちんと見ていますよ」と伝えることに最大限の努力を払うことが欠かせないのです。


松本大

ソロモン・ブラザーズに入社して、最初は言葉が全く通じなかったですよ。でも、トレーディングなど仕事で使う英語は、言葉の順番や使う単語などの「型」が決まっていて、間違いが起きにくいんです。だから仕事で必要な会話は、最初の数カ月でできるようになりました。


酒井眞一郎

株式会社とは、株主と経営者と社員が同じ夢を見る組織です。


内藤明人(内藤進)

電気製品なら、故障しても電気がストップすることで発火などの大きな事故にはなりません。しかし、ガス機器は違います。故障はガス漏れ、爆発という人命にかかわる大事故に直結します。だから「故障=墜落」という航空機をつくるような気概を持って安全性を追求しようと自分自身や社員に言い聞かせてきました。


田原総一朗

僕は老害をまき散らす古い政治家や経済人にはもう期待していません。若い人たちに期待しています。


川原秀仁

新時代を「社会先進立国」とすれば、その実現のため、何ができるのかを常に考えています。まずは建設業のバリューチェーンを合理的なものに変えて先進産業に変革するよう努力しますが、それだけではなく日本の産業界全体の改革に貢献したい。


西野浩輝

ポジティブな言葉を口に出すことで、自分の思考モードを前向きにできます。私は「ツイてる!」「忘れよう!」「しゃーない!」という3つの言葉を口癖にしています。さらに、ジェスチャーと合わせて言葉を口にすると、行動と思考の両方に効果があります。


樺澤豊

話題づくりの秘訣は、「全国初」とか「日本で唯一」という情報を発信することです。そうすれば、メディアも取り上げやすいでしょう。


樋口泰行

コンパックコンピュータで私は初めてPL(損益)責任を担うことになります。数字の責任を負うのは大変なプレッシャーですが、数字を持つことがどれだけ成長を加速させるかを身にしみて感じました。


徳岡邦夫

仕事で成果を出す人とそうでない人の一番大きな違いはどこにあるのでしょう?私は、それは能力ではなく、「失敗の数」だと思います。たとえば仕事の方法論が10あって、そのうち成果に結びつく方法はひとつだけだったとしましょう。よほど運のいい人でない限り、最初は誰でも間違った方法を選びます。差が出るのはそこからです。成果を出せない人が一度の失敗に挫けて迷っているあいだに、成果を出す人は2つ目の方法を試していきます。何回目に正解にたどり着くかはわかりませんが、諦めずに試し続ける限り、いつか必ず成果を出すことができます。


葛西敬之

どういう人間がクリエイティブになるかは神のみぞ知る世界ですが、何らかの方法で育てることができるとすれば、人類の歴史の中でプラトンや孔子の時代からやってきたやり方しかないんだろうと思います。それは幼いときに、読み書き算盤を徹底的に教えることです。ただ、習う基礎はだいたい面白くないものですが、それとは関係なく、まずは効率よく教えることです。基礎力さえついていると、例えば読書であれば自分の面白いと思うものが読めるわけですから、読書を通じて他人の経験から学ぶこともできます。他人のイマジネーションを通じて自分を大きく膨らませることもできるのです。


寺田直行

食品関連市場は好調です。人口は減っていますが、この5年、メーカーの生産額は増えています。背景にあるのはく明らかに消費者の健康志向です。ただし、健康志向も多様化しているので、どこにフォーカスするかは難しい。会社をさらに利益体質にしていくには、商品を絞り込む必要もあります。事業拡大と絞り込みの両立は、今後の課題です。


ページの先頭へ