名言DB

9413 人 / 110706 名言

山岡鉄舟の名言

twitter Facebook はてブ

山岡鉄舟のプロフィール

山岡鉄舟、やまおか・てっしゅう。幕末から明治の剣士、幕臣、行政官。西郷隆盛に「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と言わせた人物

山岡鉄舟の名言 一覧

道(人として求めるべき道理)は千載不滅だよ。いかなる大敵でも、道には勝てぬ。


義をもってしないならば、富があっても楽しいことはない。


諸行無常のならいにて、因果は車の輪のごとく、密接不離のものである。


もののふというものは、出所進退を明らかにし、確乎として自己の意志を決した以上は、至誠もって一貫するのが、真の武士でまた武士道でもある。


人である以上は、なにびとに限らず人の本分を尽くさねばならない。人間である以上は、他の動物と異なる人間らしい道を歩まねばならない。


善きところはどしどし取って、これを食い、かつこれを消化して、わが物とせよ。もしわが日本国体には、食中毒と見たなら、我が国の領海に着かない中に、航海中に海に斬り捨てよ。
【覚書き|外国の文化や技術への接し方について語った言葉】


およそ大凡人たるものは、誠忠が肝要である。ゆえに時変に接しては死を見ること帰するがごとき確固たる心胆を動かさぬように鍛練が第一である。


人は至誠をもって四恩の鴻徳(こうとく)を奉答し、誠をもって私を殺して万機に接すれば、天下敵なきものにして、これがすなわち武士道である。
【覚書き|四恩=父母の恩、衆生(生きとし生けるもの)の恩、国王の恩、仏法僧の恩】


人のこの世の中に処するには、必ず大道を履行しなければならない。


金を積んでもって子孫に遺す。子孫いまだ必ずしも守らず。
書を積んでもって子孫に遺す。子孫いまだ必ずしも読まず。
陰徳を冥々の中に積むにしかず。もって子孫長久の計となす。


鉄舟二十則

  1. 嘘を言うべからず候
  2. 君のご恩は忘るべからず候
  3. 父母のご恩は忘るべからず候
  4. 師のご恩は忘るべからず候
  5. 人のご恩は忘るべからず候
  6. 神仏ならびに長者を粗末にすべからず候
  7. 幼者をあなどるべからず候
  8. 己に心よからざることは他人に求むべからず
  9. 腹を立つるは道にあらず候
  10. 何事も不幸を喜ぶべからず候
  11. 力の及ぶ限りは善き方につくすべく候
  12. 他をかえりみずして自分のよきことばかりすべからず候
  13. 食するたびに稼穡(かしょく=種まきと収穫、農業のこと)の艱難を思うべし すべて草木土石にても粗末にすべからず候
  14. ことさらに着物を飾り、あるいはうわべをつくろう者は、心に濁りあるものと心得べく候
  15. 礼儀を乱るべからず候
  16. 何時何人に接するも客人に接するように心得うべく候
  17. 己の知らざることは何人にても習うべく候
  18. 名利のために学問技芸すべからず候
  19. 人にはすべて能、不能あり。いちがいに人をすて、あるいは笑うべからず候
  20. 己の善行を誇り顔に人に知らしむべからず。すべて我が心に恥ざるに務むべく候

人には必ず信心という大磐、すなわち宗教心が第一である。
【覚え書き|大磐(だいばん)=大盤石、しっかりした基礎】


一国を治めるものは、まず手近く自身からしなければならない。親子兄弟一族の治めがついて、さしつかえがないというに至ったならば、この秘法はたちまちに万機に応じることができる。


真理であるものは彼とこれとを隔絶分割するものではない。しかもよくかれこれ相通じて存すること、彼の太陽の幽谷と村落とにへだてないというけれども、しかも幽谷にあっては幽谷を照らし、村落にあっては村落を照らし、決して相違しないようなものである。


武士は義のためには、たとえ貧に処するも厭(いと)わず、不義のためには、富貴であっても好むところではない。


物には天地を初め万物みな首尾本末のあるものである。今日は科学の研究が進んできたから、青年達はよく拙者の言う首尾本末とか、道だとかいうことを科学的に実験し、帰納的に案出して見るとよい。十分に勉強して道理を理解すれば、迷霧の誤りを開くことができるものだ。


山岡鉄舟の経歴・略歴

山岡鉄舟、やまおか・てっしゅう。幕末から明治の剣士、幕臣、行政官。西郷隆盛に「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と言わせた人物

他の記事も読んでみる

大谷義武

重要なのは「人材教育」だと考えています。一生、お客様とおつきあいさせていただくためには、目先の利益にとらわれず、誠実であることが何よりも大事です。ちなみに、当社の営業マンにはノルマも歩合もありません。お客様への無理な売り込みにつながりかねないからです。


平井伯昌

上昇気流の中にも小さなさざ波のような上下動はある。その小さな波だけを見て、「落ちてきた。マズイ」と落ち込んではダメ。精神面がマイナスに向かうと、それにつられて肉体面もマイナスに向かってしまう。それが大きな下降気流を呼び込んで、スランプのドツボにハマってしまう。そうなったらもう手遅れ。


諏訪内晶子

数年後の計画を立てるときに念頭に置いているのは、活動の幅を狭くしないことです。芸術の活動においては活動の幅を狭くすることならどれだけでもやれるけれど、幅を狭くした後にまた広げることは難しいですから。ただし、活動の幅を広げるといっても、活動の内容や方向性についてはあんまり広げすぎないようにしなければなりません。


岡野喜太郎

非常時にも平常のように営業するのが銀行の使命である。お客様から預かった大切なお金を、この災害(関東大震災)で金のいるときに、支払いの出来るのに支払いをしてはならないというはずがない。必要なのは復興である。復興の資金である。
【覚書き|関東大震災の直後、神奈川県の支店を早急に立て直し営業を開始した当時を振り返っての発言】


荒井寿光

知的財産戦略推進事務局の人に私が伝えたのは「全部、相手の手柄にしろ」ということです。成果をこちらの手柄にすると、相手は嫌がります。向こうの手柄にすれば、知財が計画の真ん中に位置付けられるようになります。知財は特許庁の問題だと思いがちですが、各省にまたがる極めて幅の広いテーマだと痛感しました。


長岐隆弘

不動産投資は不労所得とも呼ばれますが、実際は人が生きていくのに不可欠な三大要素、「衣食住」の一つを提供する大事な事業です。しかも最近、サラリーマン大家さんが増加することで、物件のレベルが上がるなど、旧態依然だった不動産業界がどんどん良い方向へ転換しています。大家業は「空間を提供するサービス業」へと変わりつつあるのです。こうして住みたい人が増えれば、その地域の活性化にもつながります。自分の将来の安定のためはもちろん、地域貢献にもつながる。不動産投資はそんな素晴らしい事業であることを、ぜひ知ってほしいと思います。


粟田貴也

まず既存店。ここが利益の源泉。既存店が堅調なのが今の足腰の強さになっています。前年をクリアするのに何をすべきかを、それぞれの店が明確に意識し、実行しているのが一番の強みです。


田中角栄

相手の気持ちが分からずに、人に好かれるわけがない。


小山田隆(銀行家)

公的資金が導入された状態からの脱却、金融規制が強化されていく中でどう対応していくかを模索した時期は厳しかったですね。今となっては、その経験を今後に生かすことができるととらえています。


大須賀正孝

物流業は典型的な労働集約型産業です。トラックの性能に差があるわけではありませんからね。社員一人ひとりの力が会社の力、会長も社長も正社員もパートもありません。経営者だからといって偉そうなことは言ってはいけない。会社はみんなのもの。言ってみれば、全員が経営者です。


山下哲生(経営者)

社会に資する仕事を優先することが、結果として企業の長期にわたる持続的な成長を達成するカギ。


山岡孫吉

自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの私にふさわしい、この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
【覚書き|ガスエンジンブローカーから石油エンジン製造に事業を切り替えたときを振り返っての発言】


森田仁基

先の売上げを心配するのではなく、今は良いものを作ることだけに集中しよう。本当に良いものを作るためならコストもかけていい。必要なら僕が予算を取ってくるから。


渡瀬謙

初めて会った顧客にお礼のメールを送るのはすでに常識化していますが、単なる礼儀でやっている人も多いようです。しかし、営業的に考えればサンクスメールは相手が自分とコンタクトを取りやすくするために送るものです。連絡を取る際に、メールアドレスを入力するのは面倒ですが、こちらからメールを送っておけば、相手はそれに返信するだけで済みます。私は同じ理由で、顧客の携帯電話にも一度連絡を入れるようにしています。このように、相手がより気軽に連絡をとれるように工夫しておくことは、顧客との関係をつなぐために大切なことです。本来の目的を認識すれば「忙しくて、ついメールを送り忘れた」ということもなくなるはずです。


大林伸安

以前、トップセールスの方々にリサーチを行いました。彼らに共通するのは、とにかく社内外に人脈が広いことでした。あらゆるところに「○○さんが言うならしょうがないな、やってやるか」と言ってくれる人がいる。そして、他の人と何が違うのかと言えば、お願いをする一方で、相手のお願いを聞いてあげていること。さらに、きちんと元気よく挨拶ができていることも大切なポイントです。