名言DB

9429 人 / 110879 名言

山岡荘八の名言

twitter Facebook はてブ

山岡荘八のプロフィール

山岡荘八、やまおか・そうはち。日本の歴史小説家。新潟県出身。無線電信講習所本科電機学校卒業。印刷所の文選工、雑誌編集者などを経て小説を執筆。代表作に『徳川家康(全26巻)』『海底戦記』。

山岡荘八の名言 一覧

かくべつ意地の悪い人間になる必要はないのだが、人間はみな同じだ式の大正時代の呪縛の縄だけは切っておいてもらいたい。人間は決して同じではない。顔の異なる如く、阿呆から英雄まで百花万別、落ちる者は墜ち、伸びる者はぐんぐん伸びる。


柔道にせよ、剣道にせよ、初段が5段を破った記録はどこにもない。


家康は、自分の財産というものはない、そういう考え方をしていた。徹底した仏教信者でもあったので、一切の財産は預かりもの、必ず国民の生活にプラスになるように使わなければならない。そういうことから、この金はお前に渡すけれど、お前のものではないのだから、自分のために使ってはいけないということを、いつも3度繰り返すのが常であったということです。ですから貯蓄をすることは自分のためであると同時に、いつでも国の繁栄のため、家の繁栄のため、ということにつながっていたわけです。それがかなり徹底していたと思うんです。


家康はケチンボといわれるほどの倹約化で、これは貯蓄だけでなく、モノも非常に大事にした人なんですよ。ご存じのように、戦国時代、百何十年も戦争が続き国民すべてが貧乏の限りを尽くして、すべてのものが足りない時に武士はまだ行政官として生産面にたずさわらない。ために倹約を第一の美徳とし、自分も率先垂範の実を上げるため、麦飯を食い、1枚の着物も1枚の小判も大事にした。


山岡荘八の経歴・略歴

山岡荘八、やまおか・そうはち。日本の歴史小説家。新潟県出身。無線電信講習所本科電機学校卒業。印刷所の文選工、雑誌編集者などを経て小説を執筆。代表作に『徳川家康(全26巻)』『海底戦記』。

他の記事も読んでみる

包行均

技術屋がすぐに「できます」と返事をする場合は、たいしたものはできない。反対に「絶対に作れません」と言う場合は、すごい新商品になるんです。


瀬戸雄三

現場から遠くなると、とかく人は評論家になりがちです。たとえば、政府の構造改革についてあれこれ議論はするが、自分の会社はちっとも改革が進まない。こんな経営者が増えているのではないでしょうか。いまの日本が中国や韓国に比べ元気がないのも、ビジネスの現場に評論家が多くなったことが一因のような気がします。


中野信子

(テレビの情報番組で)脳科学者の立場ですべてを発言するのはムリだとわかりました。テレビは短いコメントにまとめる必要があるので、一結論だけを話すと誤解を生みかねない事実もあるんですね。たとえば、容姿と知能には相関関係がある、なんて話は時間をかけて、丁寧に説明しないと、表面的な残酷さだけが伝わってしまいます。だから、MCの方から振られる度に、これは脳科学者として発言するか、ひとりの女性としてコメントするか判断して、使いわけています。


小島弘章

片づいていない会社の収納には明確な特徴があります。「使わないモノ」が収納され、「使うモノ」が乱雑に外に出されているのです。結果、紛失や探し物が増えます。そうしたオフィスでは、各社員が毎日10分程度を探し物に充てています。これが1年続くと約40時間。その間に何度、新規企画の会議ができるでしょうか。


松原泰道

人の一生にはいろんなことがあるでしょうが、修行の道であるという気持ちを持ち続けて生きることが大切。


小林陽太郎

ある条件について部下から、「これはもう決めです」と言われても、「本当にそうか」と少しでも疑念があり、自分で納得できなければ躊躇せずに戻す。逆に自分が納得できれば、周りが躊躇しても決断すべきです。


山本幸美

上司としてメンバーに相談したり、サポート関係を築くことは大切ですが、お友達感覚にならないように距離感は必要。仲良くなることと、慣れ合うことは違います。相手に合わせて「ほめる」と「叱る」の両方をバランスよく取り入れ、どちらか一方に偏りすぎないようにしましょう。


森下一喜

一発屋にならないために大切なことは「既存価値の最大化」と「新たな価値の創造」という2点だと考えています。前者についてはパズドラのようなヒット作を、いかに長期的なブランドに育てるかが重要だと思っています。その一環が3DS向けのパズドラZの発売なのです。子供の世代にゲームを体験させることで、将来的な顧客を獲得していきたい。後者については、今のゲームを刷新してユーザーにサプライズを提供していきます。国内市場では、パズドラというゲームそのものの進化を考えています。


北見久美子

親が自分たちの老後をしっかり考えていないと、つい子供の教育費に使ってしまいます。ここはぜひ「大学までしか面倒を見ないよ」「留年は許さないよ」などと強めの言葉で釘を刺しておいてください。ちゃんとした子供なら理解してくれて、それなりの進路を選ぶはず。そのためにも親はきちんと老後のお金について考えておきましょう。なんといっても、子供に伝わる気迫が違いますから。


谷厚志

もしお客様からカウンター越しに一方的に怒鳴りつけられたら「す、すみません。お客様の言葉で怖くなってしまい、なんと申し上げていいのか……」と言う。すると暴言を吐いた側は「いや、怖がらせようと思って言ったわけではなくて」と慌ててしまうことがほとんどです。