名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

山岡孫吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡孫吉のプロフィール

山岡孫吉、やまおか・まごきち。農機具メーカー大手のヤンマー創業者。滋賀県出身。高等小学校卒業後、奉公に出る。大阪瓦斯の工事人夫に採用されたのをきっかけにガスエンジンの技術を学ぶ。その後独立し、中古ガスエンジン屋を開業。その後、ヤンマーを創業し、石油エンジンメーカーとなる。その後ドイツでディーゼルエンジンに出合い、世界初の小型冷水ディーゼルエンジンを開発。ディーゼルエンジンの小型化に成功した。ドイツ発明協会ディーゼル金賞牌、ドイツ大功労十字章などを受賞している

山岡孫吉の名言 一覧

私は学歴がなく、十分の学問を積むことができなかったので、実地の見聞でそれをカバーしようとした。機会あるごとに積極的に各地を歩き回っていたので、かなり地方の事情に詳しかった。


人生というものは、運、不運に左右されることも大きかろうが、それでも誠実さと感謝の心を失わないで努力しておれば、よき協力者を得て道も開け、人から感謝もされて、美しい世界が自ずから展開してくるのではないだろうか。


それにつけても思うのは、門地も学歴もなかった私を、よく拾い上げ、恐ろしい危機から救い出してくれた、いくたりかの恩人のことである。終始ヘマばかりやり、気も変われば、くじけそうになった私を助けて、今日まで押し上げてくれた、よき協力者のことである。私はいま感謝の念をひとしお深くするとともに、わが身の幸せをつくづく感じている。


乗鞍岳の東大宇宙線研究所に納入する自動発停式の自家発電用ディーゼルを製作して、一部の同業者間に流布されていた「ヤンマーは技術の低い百姓のエンジン屋だ」という悪口を完全に封じた。


太平洋戦争が敗戦に終わったとき、本社工場は90%、神崎工場も70%焼失し、わずかに長浜工場が残っていただけだった。私はただちに事業復興に立ち上がった。すでに60歳に近い私は、もはやエンジンを離れて生きる術を知らなかったので、先がどうなろうと、生きるためには一日も早く事業を再開しなければならなかった。


自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの私にふさわしい、この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
【覚書き|ガスエンジンブローカーから石油エンジン製造に事業を切り替えたときを振り返っての発言】


私の一生は、そのまま私の仕事履歴であって、華やかな遊びも道楽もなかった。他人からは仕事気違いのようにいわれることもあるが、これは仕方のないことである。気楽なことをしていたのでは、とても今日の成功を見ることはできなかっただろう。


私の青春時代、文明開化したばかりの日本が次第に世界の強国へのし上がっていった力に満ちた時代であった。こんな時代の流れの中で、有力な後援者もなく学歴もない田舎出のエンジンブローカーが、大きな渦や波を乗り越えて生きていくには、ただひたすらに力を尽くして泳ぎぬかねばならなかった。
【覚書き|中古ガスエンジンブローカーとして商売の道に入った当時を振り返っての発言】


ブローカー商売はもう御免だ。自分は汗を流さないでおいて、口先だけで中間利潤をむさぼる商売は、いわば詐欺と同類である。


私に取り柄があるとすれば、ただエンジンが好きで好きでたまらず、それに没頭できたことだ。


山岡孫吉の経歴・略歴

山岡孫吉、やまおか・まごきち。農機具メーカー大手のヤンマー創業者。滋賀県出身。高等小学校卒業後、奉公に出る。大阪瓦斯の工事人夫に採用されたのをきっかけにガスエンジンの技術を学ぶ。その後独立し、中古ガスエンジン屋を開業。その後、ヤンマーを創業し、石油エンジンメーカーとなる。その後ドイツでディーゼルエンジンに出合い、世界初の小型冷水ディーゼルエンジンを開発。ディーゼルエンジンの小型化に成功した。ドイツ発明協会ディーゼル金賞牌、ドイツ大功労十字章などを受賞している

他の記事も読んでみる

吉野彰

IT化以前というのは、船便で何ヶ月もかけて送られて来る欧米の論文を参照しているだけでも、論文を手に入れられないほかのアジア諸国に比べたら、日本の産業研究というのは有利な側面がありました。そういう時代には大学の研究室に足を運んで、先生方に話をうかがっても、まだ、あんまり外に出ていない情報を得ることができた。でも、今はネットに最新の論文がいつも載っているという時代なので、日本の優位性は相対的には低下しましたね。競争相手になる国がうんと増えて、実力で勝つしかない時代になりましたから。


加藤浩次

流される……というと言葉は悪いけど、今いる場所は周囲が自分を求めてくれたから辿りつけた、とも言えますね。


蝶野正洋

若いころから、本当は黒を身につけたかったんだよ。でも、周りが黒ばっかりだったから、自分はあえて反対の白いタイツでいった。それが、ちょうどヒール転向を考え始めたころには「コスチュームのカラフル化」が進んでいて、逆に黒が目立つようになっていたんだ。


村上憲郎

経済学が常に現実の問題を解決できるとは限りませんが、基本的な知識を持つことは、ビジネスパーソンにとって非常に重要です。経済的な裏付けがないままに経済を語れば、テレビのワイドショーによくみられる情緒的かつ短絡的な意見しか出てきません。心情としてはわからないことはありません。しかし、浪花節的一段階論理が幅を利かせている限り、日本の経済はこの先も迷走を続けることになるでしょう。


小泉光臣

過去の買収では世間からいろいろ言われましたが、私たちに自信があったのは、たばこ会社がたばこ会社を買収した点です。土地勘があるわけですね。逆に単に投資をして上納金として配当だけ受け取る投資会社になるつもりもありません。


リスト・シラスマ

外部の人の方が、冷静に対処できるものです。企業の場合もビジネスの論理を理解している外部の人の方が、危機には的確に対処できます。内部の人間は「そこまで悪くない」と思いたがるものです。


松橋良紀

大事なのは、相手との一体感をつくること。一緒に見たり感じたりしたことを話すのは、共通体験をつくるうえでとても有効なのです。


本田健

私の友人であり、アラン・ピーズとバーバラ・ピーズ夫妻は、もともとオーストラリアで最も成功した作家でありビジネスパーソンでした。しかし、あるとき一夜にしてすべての財産を失ったうえに、莫大な借金をかかえてしまいます。ストレスから、それまで良好だった夫婦関係もすっかり冷え込み、離婚寸前の危機にまで陥りました。そこで二人がはじめたのが、「相手のどんなところが我慢できないか」のリストを書き出すことでした。お互い本音でぶつかることで問題解決の糸口を探そうとしたのです。数年後、そのリストの言葉がヒントとなって、夫妻は大ベストセラーを生み出します。それが日本でもヒットした「話を聞かない男、地図が読めない女」です。諦めずに関係修復に挑んだ二人の努力と絆が、彼らに再び富と名声を運んできてくれたのです。


本田健

40代は物事をなす最後のチャンスでもある。確かに期限は迫ってきていますが、まだ新たなチャレンジも可能な時期。だからこそ40代がお金について考えるときは、単なる蓄財のテクニックではなく、今後の生き方の問題として捉えて欲しいと思う。大きく分けるとしたら、リスクを取ってお金持ちを目指すか、安全でそこそこの暮らしを得るか。「攻めか守りか」を選ぶことになるでしょう。


田原総一朗

人間というのは、ある程度の基盤、つまりカネ、収入がなかったら、幸せになれない。


トレイ・ヒルマン

日本の人々は謙虚であることが美徳だと思っているようだが、本当の意味での謙虚さとは「本音」を言うことである。


杉村太蔵

「安心できる投資先はないですか」という質問を受けることもありますが、これも投資を理解していない人の発想。そんなものあるわけがない。