山岡孫吉の名言

山岡孫吉のプロフィール

山岡孫吉、やまおか・まごきち。農機具メーカー大手のヤンマー創業者。滋賀県出身。高等小学校卒業後、奉公に出る。大阪瓦斯の工事人夫に採用されたのをきっかけにガスエンジンの技術を学ぶ。その後独立し、中古ガスエンジン屋を開業。その後、ヤンマーを創業し、石油エンジンメーカーとなる。その後ドイツでディーゼルエンジンに出合い、世界初の小型冷水ディーゼルエンジンを開発。ディーゼルエンジンの小型化に成功した。ドイツ発明協会ディーゼル金賞牌、ドイツ大功労十字章などを受賞している

山岡孫吉の名言 一覧

私は学歴がなく、十分の学問を積むことができなかったので、実地の見聞でそれをカバーしようとした。機会あるごとに積極的に各地を歩き回っていたので、かなり地方の事情に詳しかった。


人生というものは、運、不運に左右されることも大きかろうが、それでも誠実さと感謝の心を失わないで努力しておれば、よき協力者を得て道も開け、人から感謝もされて、美しい世界が自ずから展開してくるのではないだろうか。


それにつけても思うのは、門地も学歴もなかった私を、よく拾い上げ、恐ろしい危機から救い出してくれた、いくたりかの恩人のことである。終始ヘマばかりやり、気も変われば、くじけそうになった私を助けて、今日まで押し上げてくれた、よき協力者のことである。私はいま感謝の念をひとしお深くするとともに、わが身の幸せをつくづく感じている。


乗鞍岳の東大宇宙線研究所に納入する自動発停式の自家発電用ディーゼルを製作して、一部の同業者間に流布されていた「ヤンマーは技術の低い百姓のエンジン屋だ」という悪口を完全に封じた。


太平洋戦争が敗戦に終わったとき、本社工場は90%、神崎工場も70%焼失し、わずかに長浜工場が残っていただけだった。私はただちに事業復興に立ち上がった。すでに60歳に近い私は、もはやエンジンを離れて生きる術を知らなかったので、先がどうなろうと、生きるためには一日も早く事業を再開しなければならなかった。


自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの私にふさわしい、この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
【覚書き|ガスエンジンブローカーから石油エンジン製造に事業を切り替えたときを振り返っての発言】


私の一生は、そのまま私の仕事履歴であって、華やかな遊びも道楽もなかった。他人からは仕事気違いのようにいわれることもあるが、これは仕方のないことである。気楽なことをしていたのでは、とても今日の成功を見ることはできなかっただろう。


私の青春時代、文明開化したばかりの日本が次第に世界の強国へのし上がっていった力に満ちた時代であった。こんな時代の流れの中で、有力な後援者もなく学歴もない田舎出のエンジンブローカーが、大きな渦や波を乗り越えて生きていくには、ただひたすらに力を尽くして泳ぎぬかねばならなかった。
【覚書き|中古ガスエンジンブローカーとして商売の道に入った当時を振り返っての発言】


ブローカー商売はもう御免だ。自分は汗を流さないでおいて、口先だけで中間利潤をむさぼる商売は、いわば詐欺と同類である。


私に取り柄があるとすれば、ただエンジンが好きで好きでたまらず、それに没頭できたことだ。


山岡孫吉の経歴・略歴

山岡孫吉、やまおか・まごきち。農機具メーカー大手のヤンマー創業者。滋賀県出身。高等小学校卒業後、奉公に出る。大阪瓦斯の工事人夫に採用されたのをきっかけにガスエンジンの技術を学ぶ。その後独立し、中古ガスエンジン屋を開業。その後、ヤンマーを創業し、石油エンジンメーカーとなる。その後ドイツでディーゼルエンジンに出合い、世界初の小型冷水ディーゼルエンジンを開発。ディーゼルエンジンの小型化に成功した。ドイツ発明協会ディーゼル金賞牌、ドイツ大功労十字章などを受賞している

他の記事も読んでみる

神尾友信

「医師の世界は狭いな」と感じることもあります。私は理事長を兼務していることから、東京ロータリークラブにも所属しています。そこで外の世界の人たちと関わって気づくのは、ビジネスの世界でもまれてきた人たちは、視野が広いということです。「外」の方々に倣って視野を広く持ち、それを医療や病院経営に生かしていきたい。


水木しげる

絵が上手いとか、駆けっこが速いとか、泳ぎが上手いとか、勉強が駄目でもいいところを見つけて褒めてくれたり、伸ばそうとして励ましてくれたり、思えば優れた教師たちがいました。
【覚書き|小学校時代を振り返っての発言】


向笠千恵子

和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


内田和成

今の時代はいかにして「顧客の視点」を持つかということです。顧客が何を求めているかを、とにかく突き詰めて考える。


張本邦雄

休める日はできるだけ休みたい。ゴルフをしているときは、携帯電話もロッカーに置いたまま。オフはオフです。万が一、私に緊急連絡がつかなくても、副社長が代行して経営判断できるようにしていますから。


小林弘幸

私の場合、メモをする事項の中で一番重要なのは、人との出会いです。一度会った人の連絡先を記録しておいて、すぐに探せるようにしておけば、まず大きな問題は起きません。


水木しげる

私が40歳を過ぎてようやく売れだしたころ、手塚(治虫)さんはすでに押しも押されもせぬ漫画界の重鎮で、スーパースターだった。だから、そのころの手塚さんは売りだしたばかりの中年漫画家のことなんかあまり意識していなかっただろう。だが、私は手塚さんを「ライバル」だと思ってやってきた。


粟田貴也

フェアとして新メニューを投入することはありますが、基本はうどんというベーシックな商材を常に磨き続けることが重要であり、実際にそれを続けていることが強み。


四ツ柳茂樹

起業するときに行政のサービスをうまく活用することも大切。行政には、創業を支援するためのサービスが多数あります。たとえば、国の融資制度は、担保・保証人がいらない上、民間の金融機関と比べて、低利です。また、商工会議所では、弁護士や税理士、公認会計士による相談窓口を設けていますし、定期的にセミナーや講演を開催しています。しかも、利用は無料です。


松下幸之助

きみな、赤字というのは、人間の体で言うたら、血を流してるのと一緒や。体から血が流れっぱなしやったらどうなる? 死んでしまうわな。死んだらいかんから、血を止めないかんな。


伊藤正裕(起業家)

聞き手が何を求めているのかを考えることが重要です。求めている情報は、聞き手によって違います。聞き手が仕入れの担当者である場合は、自社の概要を説くよりも、製品の特長を述べて割引率の提示などをするべきです。反対に、経営者の場合は、数量などよりも、具体的な目標を達成するまでのスケジュールの全体図を示す方がいい。


林文子

BMWで業績最下位支店の支店長に就任してから、部下を褒めることに徹しました。「あなたのこういうところは本当に素敵ね」「あなたのやり方、とっても勉強になったわ」といった言葉をかけ続けたのです。その結果、「自分たちはダメだ」と思い込んでいた部下たちが自信を持つようになりました。それとともに支店の業績も急回復し、私が着任して半年後には目標達成率ナンバーワンの支店に躍り出たのです。


西野精治

脳の眠りのスイッチは「なるべく単調な状態をつくること」。いつも同じ時間に、同じパジャマで寝る、などのルーティンをつくることも有効。


山内溥

人間は有限でしょ。私に辞めろと言う人はいない。自分で決めるしかない。ちょうど、きりの良いのが21世紀。私は、自分が目指してきた任天堂の路線が、現実との間にどれぐらいの違いが生じるのかを、見届けたいと思っている。ぜいたくかもしれないが、思った通りになって、会心の笑みがこみあげる中で 辞めることができたら、これほどありがたいことはない。その節目で、決断したい。


戸塚祥太

「何をしたいか?」それさえ忘れなければ、自分がいる意味がわかってくる。僕がやりたいことは明白だ。踊りたい、歌いたい、芝居がしたい。いいステージにしたい。ならば、プロとして全力で歌い、踊り、演じるだけだ。


ページの先頭へ