名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山岡勇二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡勇二のプロフィール

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

山岡勇二の名言 一覧

かつて経営の神様・松下幸之助は「衆知経営」という言葉を使いましたが、まさに「衆知を集める」ことから、情報活用も始まるのです。


編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


メンバーの仕事の効率化のポイントは、ドキュメントスキャナーの活用による情報共有です。まず部員一人一人に対しては、たとえば、担当企画の参考になりそうな新聞の雑誌や記事を目にしたらとりあえず切り抜いてスキャン、PDFを送付するようにしています。お互い慌ただしく、企画の細部までいちいち詰める時間がないので、メールが重要なコミュニケーションツールになっているというわけです。


『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


山岡勇二の経歴・略歴

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

他の記事も読んでみる

レオナルド・ダ・ヴィンチ

●使わない鉄が錆びるように、たまった水が腐ったり凍ったりするように、我々の知性も使い続けなければ無駄になる。
●距離を置いて作品を見るのも良い方法だ。なぜなら、そうすると作品が小さく見える。そうなるとより多くのことが一目で把握できる。調和や均衡が欠けていないか、色合いはどうかといったことが良くわかるのだ。 ●真実においては、大いなる愛は愛する対象についての大いなる知識を生む。
●鳥が羽を使って天を舞うように、人も羽を使って天に近づく。すなわち、羽ペンで文字を書くことで。


堀之内九一郎

仕事関係でも遊び友達でも、私の人間関係の作り方は同じ。相手に伝えたい気持ちがあるなら素直に伝える。それさえできれば、年齢も立場も関係なく、どれだけでも仲間を増やせる。


斎藤広達

できる上司や先輩のマネをする。とはいっても、何の戦略も持たず、ただやみくもにマネをしても、結局自分の実力にはつながらないでしょう。できるビジネスマンになりたいなら、まず「とがり」を徹底的に磨く。そうした意識に立ったマネが必要です。何年か仕事をしていれば、自分に何が得意なのか、ひとつくらいは見えてくるでしょう。その分野のできる人を探し、重点的にマネをする。そして、「これだけは負けない」というレベルに磨き上げるのです。


榊原健太郎

起業を目指す若者たちには、コミットすること、スピードを早く、常にこの二点を言っています。


古賀稔彦

自分で望んで稽古してると、段々キツいと思わなくなる。誰かにやらされてる感覚があると、ずっとキツいまま。


吉松徹郎

自分たちが作ったビジネスモデルは間違っていないという自信があり、「お金がない」というのは事業を止める理由になりませんでした。


ドナルド・トランプ

自分のしていることを愛していなかったら、成功の確率は大幅に低下する。苦しいときを乗り切るのもはるかに難しくなるだろう。情熱は大きなことを成し遂げるのに必要な立ち直る力を与えてくれる。


工藤公康

喫茶店などで水を飲む時も野球のことを考えます。コップの持ち方が野球のボールの持ち方につながるからです。たとえば、水が入っているコップを手にする時、誰もがその重さに応じて、そっと持つはずです。それが3kgの鉄球を持つとなれば、重い分だけ、ギュッと強く握るようになります。さて、持つモノが野球のボール(約140g)となると、どうなるか。重さとしては、コップ程度なのに鉄球の時のようにギュッと握ってしまう人が多い。じつは、重さに応じてそっと軽く持つのが正解。そのほうが、力の使い方として正しく、回転のいい質の高いボールを投げられます。コップに限らず、いろんなモノを持つ時に力の使い方を意識すると、野球のボールの操り方を確認できるんです。


松岡正剛

緩急が大切。シーンと静まる部分があるからこそフラッシュはより光るんだ。


林義郎(経営者)

経営者としては、世の中の動きや流れをよく見ることを心掛けてきました。経営者の実力、すなわち経営力というものは、人によってそれほど大きな差はないと思うんです。それなのに結果に大きな差がついてしまうのは、競争相手やお客さんの流れが見えているかどうかにかかっています。


石井貴士

シビアな言い方になりますが、仕事に好き嫌いを持ち出すようではプロとは言えません。どのような仕事であろうと、課された義務を果たすという姿勢を持つべきです。


茂木健一郎

脳の仕組みは、小さな成功体験の積み重ねが、大きな変化を起こしていくようにできている。