名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山岡勇二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡勇二のプロフィール

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

山岡勇二の名言 一覧

かつて経営の神様・松下幸之助は「衆知経営」という言葉を使いましたが、まさに「衆知を集める」ことから、情報活用も始まるのです。


編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


メンバーの仕事の効率化のポイントは、ドキュメントスキャナーの活用による情報共有です。まず部員一人一人に対しては、たとえば、担当企画の参考になりそうな新聞の雑誌や記事を目にしたらとりあえず切り抜いてスキャン、PDFを送付するようにしています。お互い慌ただしく、企画の細部までいちいち詰める時間がないので、メールが重要なコミュニケーションツールになっているというわけです。


『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


山岡勇二の経歴・略歴

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

他の記事も読んでみる

大八木成男

ビジネスマンに求められているのは単一の能力や専門性だけではありません。専門分野の枠を軽々と越えられるようなスキルがなければ、仕事にダイナミズムは生まれません。そして、そのような働き方を実現するためには、あらゆるジャンルの、せめて基本には通じていなければならないのです。


美崎栄一郎

どんなじいちゃんになりたいかというぼんやりしたイメージは私も持っていますが(笑)、具体的なことは1年スパンでしか考えない。1年後に違うステージまで上がるためにはこの3か月間で何をすべきかを考え、行動に落とし込んで手帳に書きます。過去の手帳を見るということもあまりないし、10年後とかの長期計画も立てません。立ててもサボっちゃいますから。「短距離を走る」というのが基本スタンス。


午堂登紀雄

将来役に立つであろう経験や人脈に惜しみなくお金を使うことが大事。特に自由に使えるお金の限られたこんな時代だからこそ、そうした「志のある」お金の使い方が大切。


ナポレオン・ヒル

大多数の人間が失敗するのは、失敗した計画に勝る新しい計画をたてるだけの粘り強さに欠けるからである。


川端裕人

一人の教祖を盲信して痛い目に合わないため、ある程度、自分で勉強する必要があります。


丸山康幸

スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


森川博之

まず「現場を知る」こと。成功事例の共通項は、現場や顧客との対話を繰り返しつつ、自社の価値を再定義したことにあります。


佐藤章(経営者)

僕のポリシーは「隗より始めよ」。僕自身が先頭を走り、社員には「走りながら考えよ」と訴えている。


松本洋(コンサルタント)

経営者の仕事は、自社のミッションと仕事のゴール(経営目標)を決めること。そしてそれを全従業員に浸透させ、目標に向かってリードしていくこと。


田原総一朗

常識なんてしょせん嘘っぱち。天皇陛下は神様だとさんざん教えていた政治家や教師が、戦争に敗れると突然民主主義こそ正しいと言い出す。そんな現場を見てきているから、僕は偉い人も政治家も、そして常識も信用しない。


前田又兵衛

愛なき人生は暗黒なり。汗なき社会は堕落なり。


古舘伊知郎

今日取り組んだ仕事、今日降って湧いた喜び、今日のイヤなこと、全部含めて、人生で2度と同じ経験はできません。だから、一日一生だと、今日で最後だと思って完全燃焼するんです。今日を生ききろうと思えば、いいことや悪いことにこだわる必要もない。朝の情報番組で「今日の射手座はガッカリ」と占われても、なんでもいいやって一生懸命にやれる(笑)。その気持ちがあったから『報道ステーション』も12年間続けられたんです。