名言DB

9419 人 / 110788 名言

山岡勇二の名言

twitter Facebook はてブ

山岡勇二のプロフィール

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

山岡勇二の名言 一覧

かつて経営の神様・松下幸之助は「衆知経営」という言葉を使いましたが、まさに「衆知を集める」ことから、情報活用も始まるのです。


編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


メンバーの仕事の効率化のポイントは、ドキュメントスキャナーの活用による情報共有です。まず部員一人一人に対しては、たとえば、担当企画の参考になりそうな新聞の雑誌や記事を目にしたらとりあえず切り抜いてスキャン、PDFを送付するようにしています。お互い慌ただしく、企画の細部までいちいち詰める時間がないので、メールが重要なコミュニケーションツールになっているというわけです。


『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


山岡勇二の経歴・略歴

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

他の記事も読んでみる

横山信治(経営者)

行動することが大事。たとえば結婚したいと思うなら、家で婚活の本を読み続けていても何も変わらない。やっぱり相手のいるところに出かけていかないと。


高橋克徳

失敗して落ち込んでいる新人に対しては「失敗は誰もがするもの」と知らせることが大切です。「僕も叱られながら仕事を覚えたよ」と伝える。そうすれば相手も、過剰にショックを受ける必要はないとわかるでしょう。


澤田秀雄

1から2つくるのは大変ですが、10から20つくるのは結構楽。100から200はすぐつくれる。


細田治(経営者)

榮太樓總本鋪は東京・日本橋で金鍔(きんつば)を売り始めて150年あまりとなる和菓子屋です。榮太樓の金鍔は創業以来の味を守り続けています。飴も、水と砂糖と天然着色料だけで作ります。使うのは江戸時代からあった材料のみです。しかし、漫然と同じことを繰り返しているわけではありません。榮太樓はいち早く各地の百貨店に売り場を持ち、全国の皆さんに私どもの味を楽しんでいただけるようにしました。その後も、量販店へ、ネットへと販路を広げてきました。


加賀見俊夫

もし東京ディズニーランドのオープンが5年遅かったら、トップバッターを走れなかったでしょう。やはり、2番手、3番手になったらイメージが違います。その意味では、ラッキーでしたね。


土岐大介

営業は初回からゴールを見据えて臨む姿勢が不可欠です。ゴールとは相手に意思決定をさせること。この一点に向けてすべての言動をセットしましょう。初回に関して言えば、相手が決めるのは「次も会いたいか、会いたくないか」です。


小杉友巳

そもそも日本の会社に初めて定年制度が導入されたのは、1902年といわれています。当時の平均寿命は43歳でしかありませんでした。その数字をもとにして55歳の定年制度がつくられたのですが、現在の日本人の平均寿命は当時の倍に近い82歳になります。それなのに、60歳で定年になってしまうのでは、不満が出てくるのも当然です。
【覚書き|日本郵船が1902年(明治35年)に定年制を導入した】


羽入佐和子

既成概念にとらわれない、思考の柔軟性が哲学の基本。考え方は無限と言えるほど多様にあります。行き詰まったときには、「何か別の見方があるかもしれない」と考えるように心がけてきました。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

人生は、習慣のコンビネーションです。良い習慣、悪い習慣のいずれにしても、習慣の源は、考え方の癖、習慣づいた考えにあります。考えが人を創ります。「正しく考える」ことは、人生でもっとも重要なことなのです。


吉越浩一郎

皆、一生懸命やりますが、「もう少し」というところで諦めてしまう人が少なくありません。諦める理由はいくらでも探せます。ですから、手法の良し悪しよりも、「やりきる」覚悟の方が大事です。