名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

山岡勇二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡勇二のプロフィール

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

山岡勇二の名言 一覧

かつて経営の神様・松下幸之助は「衆知経営」という言葉を使いましたが、まさに「衆知を集める」ことから、情報活用も始まるのです。


編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


メンバーの仕事の効率化のポイントは、ドキュメントスキャナーの活用による情報共有です。まず部員一人一人に対しては、たとえば、担当企画の参考になりそうな新聞の雑誌や記事を目にしたらとりあえず切り抜いてスキャン、PDFを送付するようにしています。お互い慌ただしく、企画の細部までいちいち詰める時間がないので、メールが重要なコミュニケーションツールになっているというわけです。


『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


山岡勇二の経歴・略歴

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

当社を業態で分類すると小売業ですが、「それ以前に、自分たちはサービス業だ」と意識するようにしています。現代は「物が溢れすぎて、欲しい物がない」時代。店に来ていただいたお客さんに満足してもらえないと、次回も足を運んでもらえる機会を失います。こうした姿勢は、どの業種にも当てはまる、大事な話ではないでしょうか。


村上龍

本当に「必死で言葉を探して」いるのなら、いつか必ずいい言葉を発見できる。


荒俣宏

『帝都物語』がヒットしたときには自分でもビックリしたけど、それまで大貧乏だったから、1億円も印税が入っちゃうと、つい嬉しくなって。高い本をガンガン買いまくって、みんな使っちゃった。翌年、収入の85%も税金に取られるなんて知らずに(笑)。税金を払わなきゃいけないから、また何千万円か稼がなきゃいけない。しばらくは年に20冊を目標にして原稿を書くはめになりました。でも、あの大失敗も自己投資の一つです。そこから新たな作品が生まれていったんですからね。


枝廣憲

私も文字通り、恥ずかしいほどに判断を誤っております。ただ、何とかこれまで軌道修正できているのは沢山の尊敬する経営者・先輩・同期・後輩にインプットを頂いたことで、大胆な判断でも取り返しのつかないミスには至らなかったのかなと解釈しています。人間関係やビジネス面でのリスクなど、どれも取るべきリスクであったと後になって思います。


青木孝憲(カーデザイナー)

カーデザイナーになるまでそんなに順風満帆には進みませんでした。様々な自動車会社の就職試験を受けてもすべて落ち、就職浪人をしたくらいです。それでも諦めきれずに、築60年・トイレ共同の汚いアパートで寝ころびながら、「ほかにデザイナーになる方法はないか」という思いでクルマの雑誌を眺めていたときに、光岡自動車の広告が目にとまったんです。求人募集の広告でも何でもなかったのですが、雇って欲しいと電話をかけました。作品だけでも見てくださいと必死で懇願したところ、面接してもらえることになりました。


守谷雄司

議論で相手の言うことがあまりにも取り上げるに値しない反対であれば、「君の言うことは、反対する理由にならないさ」と単純に否定して、あとは無関心な態度を決め込むのも手です。というのも、相手は正当な議論をしているつもりで、盛り上がっているのは感情だけであって、それだけの知識を持ち合わせていない場合があるからです。そうした相手にムキになって論理的に反論しようとしても時間の無駄でしょう。


メンタリストDaiGo

苦手な相手やムカつく相手と接するときは、相手を変えることを考えるより、自分のメンタル面を鍛えたほうが早い。


窪田良

違和感を持ったり、苦しいと思う経験を乗り越えたとき、人間は一番成長する。


安田隆夫

あの時点では一番独立のチャンスがつかめる業界かもしれないと思って。
【覚え書き|大学卒業後、不動産会社に就職した理由について】


竹中平蔵

基本を疎かにしないものが勝つ。


古市幸雄

目標は精神論だけで達成できるものではありません。お金と時間、この2つを集中投資してこそ、達成が可能なのです。


柳井正

寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていきません。いろいろな人に会って、いろいろな考え方を知る。いろいろな現象を分析する能力がなければ経営はできません。