山岡勇二の名言

山岡勇二のプロフィール

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

山岡勇二の名言 一覧

かつて経営の神様・松下幸之助は「衆知経営」という言葉を使いましたが、まさに「衆知を集める」ことから、情報活用も始まるのです。


編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


「情報の共有」は「情報活用」の基本のキであり、営業職であれ技術職であれ、どんな会社のどんな部署でも有効ではないでしょうか。いまは情報を一人で抱え込むよりも、チーム全員で共有したほうが、それをベースに様々なアイデアや創意工夫、ノウハウが生まれ、より仕事の成果が高まる時代ですから。


部員全員に対しては、経営トップからの編集のアドバイスや、通勤途中で思いついたアイデアのメモをスキャンし、その都度PDFで送付するようにしています。これが、月に一度の編集会議における共通のネタとなり、時代の流れや雑誌全体の方向性をブレストするのに役立つというわけです。


メンバーの仕事の効率化のポイントは、ドキュメントスキャナーの活用による情報共有です。まず部員一人一人に対しては、たとえば、担当企画の参考になりそうな新聞の雑誌や記事を目にしたらとりあえず切り抜いてスキャン、PDFを送付するようにしています。お互い慌ただしく、企画の細部までいちいち詰める時間がないので、メールが重要なコミュニケーションツールになっているというわけです。


『THE21』本誌のデザイン事務所までは徒歩5~6分なのですが、増刊号『DUAL』のデザイン事務所や編集プロダクションは地下鉄を使い、往復だけで1時間ほどかかり、打ち合わせをしていると、それこそすぐに半日潰れてしまいます。そこで、簡単な打ち合わせで済みそうなページの場合は、デザインの参考になりそうな記事が手元にあれば、誌面をスキャンし、PDFをデザイナーに送付、追って電話で相談するようにしました。確実に残業は減りました。


従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


山岡勇二の経歴・略歴

山岡勇二、やまおか・ゆうじ。日本の雑誌編集者。ビジネス雑誌『THE21』編集長。大分県出身。PHP研究所に入社後、1年半ほど書店営業に携わる。その後、『PHP』『PHP増刊号』『別冊PHP』『Voice』『小説歴史街道』などの編集に携わったのち、『THE21』の編集者、副編集長を経て編集長に就任。そのほか『DUAL』の編集長なども務めた。

他の記事も読んでみる

包行均

中小企業はちょっと頑張ったら、海外の売り上げはすぐ2倍になる。遊び心を持って、どんどん出ていけばいいんじゃないかな。キャニコムは今、46か国に進出しているけど、新しく出ていく国を決める時、最初から代理店頼みとか、何が売れそうかとか、考えて行ってない。あーこの国に行きたいな、ってまず思って、そこから考える。


横山光昭

「老後不安」という言葉もそうですが、メディアで目にする言葉や断片的な知識に振り回されている方がとても多い気がします。例えば「iDeCO(イデコ)」とか「つみたてNISA」も「税金が安くなる」と聞いて飛び付く人がいます。それぞれいい制度ですが、誰にとってもいいとは限りません。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


高見盛

正直いって、怖かったんですよ、相撲を取っているときは。自分の身体を叩いたりしていたのも、弱い自分を奮い立たそうと思ってやっていた。恐怖心を飲み込むためのファイティング・スピリッツの表れ。


小室淑恵

欧米の企業はもっと人件費にシビアで、エグゼクティブ以外の社員には残業が認められていません。時間外労働の賃金割増率が高いので、「君たちが割増率に値するほど高い付加価値の仕事をしない限り、残業するのは困る」という論理です。


野口吉昭

私の経験上、「質問力」がある人は、間違いなく仕事がデキる。言い方を変えれば、「質問力」を磨けば必然的に仕事がデキるようになる。


柴田英寿

1日は24時間と限られています。時間を有効に使わないと、副収入は稼げません。副業や投資にあてる時間を捻出するために、日々の行動を見直してみましょう。


山中あき子(山中燁子)

フォークランドは軍事衝突という形で最終的な決着が付きましたから、日本にはあり得ない選択肢ですが、領土を守ることがどういうことか、というヒントはある気がしますね。国の姿勢がきちんと相手に伝わる努力をして、国際社会にも訴えるということです。


稲葉清衛門

技術には歴史がある。しかし、技術者には過去はない。ただ創造あるのみ。
【覚書き:ファナックの研究開発の基本理念を語った言葉】


ジェリー・ドリザス

日本人の多くが組織やグループの中で調和して生きることを良しとする教育を受け、そうした育ち方をしています。それゆえ、組織のヒエラルキーや決められた仕事のプロセスの背後に個人が隠れてしまい、自己主張をしない傾向が強い。それだけでは変化への対応力が弱くなってしまう。日本人は変化というものが苦手だと感じることが多いですね。日本人がビジネスのプロとして生きるためには、自分の殻を飛び出し、会社のルールや常識からは見出し、個性を発揮していく必要があるかもしれません。


ゲーリー・ベッカー

私の定義では、経済学は、人々がインセンティブ(動機づけ)に対してどう反応するかを学ぶ学問です。


鈴木清一

加盟店と本部の関係は、契約書ではなく夫婦間のように婚姻届みたいなかたちで、もちろんたまには議論もしくは喧嘩もするだろう、でも一緒に助けあって将来的には良き家庭を築いていこう、良きダスキンブランド、良きミスタードーナツブランドを築いていこうという目指すところは一緒なんだ。


鈴木弘治

シンガポールで成功モデルをひとつ作ったから、それを大きな経営資源として活用して進めていこうと思っています。


坂本孝

会社はお客様のことを考えなければなりませんが、そこで働く人全員が、この仲間と過ごして良かった、自分の人生最高に幸せだったと言える会社を作りたい。


吉永泰之

米テスラ・モーターズの台頭が示すように、新しいプレーヤーが自動車産業に入ってきて、産業自体の形態や戦い方が変わってくる可能性が高いわけです。だから、既存の競争関係だけを前提に今後を考えるべきではない。


ページの先頭へ