名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山岡信一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡信一郎のプロフィール

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

山岡信一郎の名言 一覧

どんな完璧な人にもミスは起こります。それを前提としたうえで、自分ひとりでのセルフチェックと、第三者によるダブルチェックを徹底することが重要になる。


数字のチェックノウハウを上司から部下へと引き継がれてこそ、現場のチェック能力が高まっていく。こうしたノウハウを一人一人が身につけることはもちろん、チーム全員で共有し、どうすればミスを防げるかを考えていくことが大切。


一度計算した数字をチェックするときは、同じ方法で計算してもミスに気づけない場合があるので、やり方を変えてチェックすべきでしょう。上の数字から順に足していったなら、今度は下から順に足してみる、あるいは合計金額が出たら、今度は一つずつ数字を引いていって最後にゼロになるかを確認してみる。そうすれば、ミスが見つかる可能性は高まります。


実際には、すべての数字を丁寧にチェックするような時間的・人員的余裕がない場合がほとんどでしょう。だからこそ、チェックの仕方にも濃淡をつけることが大切です。計算ミスを引き起こすリスクが大きい場合は、ダブルチェックなどの仕組みを整えておく。一方で少しくらいのミスなら問題ないという場合は、簡易的なチェックなどで十分。


セルフチェックの仕方にもコツがあります。一つは、計算する前に、「正解のイメージ」を持っておくことです。たとえば、今月の発注金額を計算する前に、毎月の大体の発注金額を頭に入れておけば、合計数字が大きく外れたときに間違いに気づきやすくなります。反対に、何のイメージも持たずに数字を処理してしまうと、計算した数字が正しいかどうかの感覚がつかめません。ミスはこのようなときによく起きます。


計算ミスで多いのは、電卓での入力ミスなどの凡ミスです。たとえば、「一桁多く、あるいは少なく入力してしまう」「数字の順番を間違える」といったミスが目立ちます。こうしたミスはなぜ起きるのかというと、再チェックをしていないからです。計算後にもう一度確認していれば、発見できるミスばかりです。加えて、上司や同僚など第三者によるダブルチェックもすべきでしょう。監査法人などでは基本的に、どんな数字も第三者のチェックを入れるようにしています。


山岡信一郎の経歴・略歴

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

他の記事も読んでみる

南壮一郎

いま支払われている給料は、本当に自分の実力で稼いだものなのか、自分の市場価値に見合うものなのか、それとも年功や社歴が長いだけでもらっているのか、それを知るには転職活動をしてみるのが一番。転職活動を通じて、自分の現時点での市場価値がわかる。


寺尾玄

独自のスチーム技術を用いた当社のトースター「BALMUDA The Toaster」は、「なるべき姿」を強くイメージして作った商品です。開発中に描いていた完成品のイメージは、「トーストを一口食べて、あまりのおいしさに『わぁ!』と驚いているお客様の姿」でした。「なるべき姿」はシンプルな形で1つに絞り込まれていないと、開発途中で判断に迷いが生じます。私たちはこのトースターの改良を重ね、何度も何度も試食をしましたが、「食べて『わぁ!』って驚くかどうか」を何よりも優先しました。「まあ、ほかより美味しいね」ではなく、「これは全然違うね!」という驚きが得られなければ、発売する意味がないと思っていたからです。


松村誠一(経営者)

私は経営に日本企業ならではの良さも残していきたいと思っています。当社の社員には長く勤続してもらいたいし、たとえ転職してもその人の成長に役立てる企業でありたいと思っています。そしてなにより、当社の事業である育児と介護という分野を通じて社会に貢献しているという誇りを社員に持ってもらえるような経営をしていきたいと思っています。


田原総一朗

数年前に日本で流行った「ハーバード白熱教室」では、サンデル教授は正解のない問題を学生たちに投げかけて議論をさせました。一方、日本の教育にはディスカッションがない。本当はディスカッションの中から創造力がつくられるのに、日本では答えはひとつだと教えるから、むしろ議論はしちゃいけなくなっている。


赤羽雄二

超大手ですら、いつ倒産したり、海外企業に買収されたりしてもおかしくありません。そんな状況下で重要なのは、「自分の身は自分で守る」という考え方。自分を成長させ続け、どんな状況に陥っても生き抜いていける力を身につけましょう。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人が商品をある価格で買うのは、その商品にその価格以上の価値を認めるからだといえます。ですから、企業が供給する商品なりサービスの中に含まれている努力や奉仕が多ければ多いほど、お客様や社会に対する貢献の度合いも大きく、その報酬としての利益も多くなる。


田中仁(経営者)

大変なときが面白い。自分にとっての成長のチャンス。


昆政彦

私が日米両方で働いて感じることは、日本の経営というかビジネスの進め方というのはハートなんですね。人間関係が中心にあって、これが無いと何も前に進みません。一方、米国の場合はタスク。どちらかというと頭で考えることが中心になる。ですから、これをどう組み合わせるかは非常に難しい問題です。米国方式を日本に全て持ち込んでも上手くいきませんし、日本のやり方を欧米で展開しても上手くいきません。


ヘレン・ケラー

希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ何事も成就するものではない。


守屋洋

百回戦って百回勝ったとしても最善の勝ち方ではない。戦いわないで敵を屈服させるのが最善の勝ち方なのだと孫子は言う。なぜだろうか。二つくらい理由を上げることができる。

  1. 武力で相手を屈服させようとすれば、相手だって負けたくはないから必死で反撃してくる。そうなると、どんなにうまく戦っても味方に必ず損害が出る。損害が大きければ勝ったとしても褒められない勝ち方である。できれば、損害ゼロで目的を達する。そんな勝ち方が望ましい。
  2. 状況が変われば、今日の敵は明日の友となる可能性がある。そんな相手を当面の敵だからといって、散々痛めつけて屈服させるのは、長い目で見て得策ではない。

漆紫穂子

学校改革のとき、もちろん反対もありました。たとえば、金融経済に関する特別講座を行うときなど、「子供にお金儲けのことを教えてどうする?」という人もいます。世の中が18歳の大学入学を目指して学業を優先しているときに、回り道をしているのではないかという迷いを感じたこともあります。しかし、子供の将来を考えれば、生きる上でお金の知識は必要ですし、お金は夢を叶える手段にもなります。


小松俊明

パフォーマンスの悪い部下を持ってしまったとき、効果があるのは丸投げをせず、なるべく具体的な指示をすること。具体的に指示すれば、部下もよりスピーディに動いてくれます。