名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

山岡信一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山岡信一郎のプロフィール

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

山岡信一郎の名言 一覧

どんな完璧な人にもミスは起こります。それを前提としたうえで、自分ひとりでのセルフチェックと、第三者によるダブルチェックを徹底することが重要になる。


数字のチェックノウハウを上司から部下へと引き継がれてこそ、現場のチェック能力が高まっていく。こうしたノウハウを一人一人が身につけることはもちろん、チーム全員で共有し、どうすればミスを防げるかを考えていくことが大切。


一度計算した数字をチェックするときは、同じ方法で計算してもミスに気づけない場合があるので、やり方を変えてチェックすべきでしょう。上の数字から順に足していったなら、今度は下から順に足してみる、あるいは合計金額が出たら、今度は一つずつ数字を引いていって最後にゼロになるかを確認してみる。そうすれば、ミスが見つかる可能性は高まります。


実際には、すべての数字を丁寧にチェックするような時間的・人員的余裕がない場合がほとんどでしょう。だからこそ、チェックの仕方にも濃淡をつけることが大切です。計算ミスを引き起こすリスクが大きい場合は、ダブルチェックなどの仕組みを整えておく。一方で少しくらいのミスなら問題ないという場合は、簡易的なチェックなどで十分。


セルフチェックの仕方にもコツがあります。一つは、計算する前に、「正解のイメージ」を持っておくことです。たとえば、今月の発注金額を計算する前に、毎月の大体の発注金額を頭に入れておけば、合計数字が大きく外れたときに間違いに気づきやすくなります。反対に、何のイメージも持たずに数字を処理してしまうと、計算した数字が正しいかどうかの感覚がつかめません。ミスはこのようなときによく起きます。


計算ミスで多いのは、電卓での入力ミスなどの凡ミスです。たとえば、「一桁多く、あるいは少なく入力してしまう」「数字の順番を間違える」といったミスが目立ちます。こうしたミスはなぜ起きるのかというと、再チェックをしていないからです。計算後にもう一度確認していれば、発見できるミスばかりです。加えて、上司や同僚など第三者によるダブルチェックもすべきでしょう。監査法人などでは基本的に、どんな数字も第三者のチェックを入れるようにしています。


山岡信一郎の経歴・略歴

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

他の記事も読んでみる

岩崎裕美子

「会議は30分」は、社員からの提案です。昔は会議に2時間かけ、結論が出たと思ったら翌日に変更、なんていうこともしばしば。これには私も社員も疲弊しましたね。今はどんな会議も30分と決めているので、速やかに結論が出ます。結局、30分で決まらないことは、2時間かけても決まらないのです。


桜井一紀

「部下の話はいつも聞いてるよ」と主張する人でも、その実、コミュニケーションがとれていないケースは多くあります。「腑に落ちる」話し方でなければ、部下はなかなか理解できないし、ついてもきません。相手が本当に理解できるかどうかを意識的に振り返り、十分でないと気づいたら自分の話し方、聞き方を軌道修正すべきです。


織田幹雄

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


北尾吉孝

過去に正しかったことが、未来でも正しいでしょうか? ウィンストン・チャーチルは、「過去にこだわる者は未来を失う」と言っています。


リンダ・グラットン

学び続けなさい。学習は20代前半で終わるのではなく、死ぬまで続くと見るべきです。


三木雄信

企画書のタイトルはオリジナリティー溢れるプロジェクトの内容が、一目でわかるものにしよう。また、内容を箇条書きで書き出すことはいいが、多すぎてはいけない。一般的に人間が一度に把握処理できる数は「7プラスマイナス2まで」とのいわれる。しかし、私は5でも多いと思う。一目で見て理解してもらおうというのなら、せめて3つくらいにとどめておきたい。


曽野綾子

歳を重ねると、いろいろな能力がだんだん衰えてきます。昔のようにできないと思うと苦しくなりますから、その時、その時、その人なりにできることを面白がってやればいい。


川北英貴

ある事業や店舗を撤退するとき。これは悪いことのように見えますが、撤退すれば赤字事業や赤字店舗がなくなる、そのような前向きの理由を、部門別損益などの資料も添えて銀行に説明することにより、撤退資金の融資を受けることも可能です。


空知英秋

読者と一緒に作っているイメージがあります。やっぱり描く時に、読者を意識するじゃないですか。何となく読者全体のイメージがふわっとあって、そいつと相談しながら作っているイメージですね。「どう思う?」とか、「喜んでくれるかな?」とか。


梶原しげる

敬語に対してぜひ解いておきたい大きな誤解があります。それは「敬語はわざわざ学ばなくても身につけることができる」という思い込みです。日本で生まれ育った日本人は、自然と日本語を身につけています。ですがこうして「母語」として身につけた言語については、「なぜそうなっているのか」という仕組みを説明することが難しいものです。敬語というものは母語そのものと違い、自然に身につくものではないことがわかります。たった1カ月でいいので、土日を使って本格的に敬語を勉強してみてください。一生役立つあなたの武器になるはずです。


ロバート・キヨサキ

私たちが投資している対象の本質は「ビジネス」だ。株式投資をしている人は、企業という形態のビジネスに投資している。不動産を買おうが債券を買おうが、あなたがしていることはすべて「ビジネスへの投資」だ。だからこそ、投資家として成功したいなら、まず「ビジネスとは何か」を理解しなければならない。


福井威夫

ホンダではこれからの方向として「源流強化」をテーマに掲げています。これは現場・現物・現実の三現主義に基づき、開発・生産・購買・営業・品質・管理といったあらゆる領域で、ものごとの本質を追求していこうということです。ホンダを含めて、世の中の全体がビジネスにおいて目先の利益にとらわれすぎていると思うんです。販売台数や利益をがむしゃらに追いすぎる。多少の時間はかかってもいいから、もっと根底にある部分をしっかりやっていこうということです。