山岡信一郎の名言

山岡信一郎のプロフィール

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

山岡信一郎の名言 一覧

どんな完璧な人にもミスは起こります。それを前提としたうえで、自分ひとりでのセルフチェックと、第三者によるダブルチェックを徹底することが重要になる。


数字のチェックノウハウを上司から部下へと引き継がれてこそ、現場のチェック能力が高まっていく。こうしたノウハウを一人一人が身につけることはもちろん、チーム全員で共有し、どうすればミスを防げるかを考えていくことが大切。


一度計算した数字をチェックするときは、同じ方法で計算してもミスに気づけない場合があるので、やり方を変えてチェックすべきでしょう。上の数字から順に足していったなら、今度は下から順に足してみる、あるいは合計金額が出たら、今度は一つずつ数字を引いていって最後にゼロになるかを確認してみる。そうすれば、ミスが見つかる可能性は高まります。


実際には、すべての数字を丁寧にチェックするような時間的・人員的余裕がない場合がほとんどでしょう。だからこそ、チェックの仕方にも濃淡をつけることが大切です。計算ミスを引き起こすリスクが大きい場合は、ダブルチェックなどの仕組みを整えておく。一方で少しくらいのミスなら問題ないという場合は、簡易的なチェックなどで十分。


セルフチェックの仕方にもコツがあります。一つは、計算する前に、「正解のイメージ」を持っておくことです。たとえば、今月の発注金額を計算する前に、毎月の大体の発注金額を頭に入れておけば、合計数字が大きく外れたときに間違いに気づきやすくなります。反対に、何のイメージも持たずに数字を処理してしまうと、計算した数字が正しいかどうかの感覚がつかめません。ミスはこのようなときによく起きます。


計算ミスで多いのは、電卓での入力ミスなどの凡ミスです。たとえば、「一桁多く、あるいは少なく入力してしまう」「数字の順番を間違える」といったミスが目立ちます。こうしたミスはなぜ起きるのかというと、再チェックをしていないからです。計算後にもう一度確認していれば、発見できるミスばかりです。加えて、上司や同僚など第三者によるダブルチェックもすべきでしょう。監査法人などでは基本的に、どんな数字も第三者のチェックを入れるようにしています。


山岡信一郎の経歴・略歴

山岡信一郎、やまおか・しんいちろう。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、監査法人トーマツを経てヴェリタス・アカウンティングを設立。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

よく言う者はあれど、よく為す者は少なし。
よく為す者はあれど、久しくする者はさらに少なし。
久しくする者はあれど、敬を加うる者はさらに少なし。


斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ)

弊社には「人真似をするな」という伝統があり、自前でできることは自前でやってきた歴史があります。そのため、ほかのやり方を学ぶ機会が少なく、それが弱みになっている面もありました。そこで東日本大震災後の一時休業のとき、ほかの施設に学び、自分たちのサービスを見つめ直す機会にしたのです。


及川智正

農業で何が一番問題なのかと思ったときに、おそらく今の農業の仕組みが悪いのではと考えました。仕組みといってもまずは現場で農業を見ないと、もしくは学ばないと分からないことが沢山あるはずだから、まずは現場だと思いました。たまたま奥さんの実家がキュウリ農家でした。弟子入りということで、義理の父の元で1年間きゅうり農家をしました。


田口佳史

『四書五経』を現代日本流に訳し直して、それを使った人格・教養教育、リーダーの育成をすべき。技術・知識も大切ですが、人格・教養があって初めて、技術も知識も生きてくる。


火浦俊彦

創業者でなくとも顧客や現場の動きを注視していれば、いろいろなアイデアが生まれてくる。


玉木剛

ペーパーレス化を推進し、デスクの上にはモノを置かないよう呼び掛けています。デスクが雑然と散らかっている人は頭の中も雑然としている。我々は同時進行でいくつもの仕事をやっています。その中で優先順位を決め、効率よくこなしていくことが求められます。そのためには、頭の中もデスクの上もきちんと整理されていなければなりません。


小林作都子

正しい言葉や敬語が使える人は、教養や品性があるように見えますし、「親のしつけができている」「きちんとした人間だ」などと人間としての内面性も高く評価されます。その結果、相手との信頼関係をほかの人より早く構築することができます。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師を辞めてから、仕事がなくなるのが不安で、来た仕事は片っ端から受けていました。


熊谷徹(ジャーナリスト)

日本人は、ドイツ人に比べて報告・連絡・相談に時間をかけすぎる。また情報共有のためのメールや、CCの人数もドイツに比べると多い。メールの数を思い切って減らすべきだ。メールを送ることが本当に必要かどうか、もう一度考えよう。また、ドイツでは、社内の打ち合わせの時間はどんなに長くても1時間。それ以上の会議は、非効率と見なされる。「日本とドイツでは文化が違う」と諦めずに、各人が身の回りでできることを実行するのが、労働時間を減らすための第一歩である。


安原弘展

我々は非常にバリエーション豊かな商品をつくっています。女性の下着だけでなく、スポーツウェアやメンズ商品もあります。女性の下着にもたくさんのブランドが揃っていますし、自社の直営店も多く出店していますので、様々な層のお客様との接点があるわけです。これから日本の人口が減っていくといわれる中でも、我々の持つ商品やチャネルを活用して、一人ひとりのお客様と深くおつきあいしていければ、マーケットは広がっていくはずだと考えています。


堀之内九一郎

夢を諦めない、という強い気持ち自体が私にとっての大きな傘。その傘がある限り、どんなに激しい雨が長く降り続いても、ずぶ濡れになり、悲嘆に暮れることはない。


石川康晴

(宮﨑あおいさんにCM出演を打診したとき)実は一度断られているんです。だけど僕が諦めきれずに再挑戦。その時、どうやら他社も宮﨑さんにアプローチしていたようです。では、うちはどうやってアピールしようかと考えて、CMの制作スタッフを大リーグのオールスターのようなすごいメンバーで揃えたんです。そして宮﨑さんに、「このチームの4番としてどうぞ来てください」とプレゼンテーションしました。CMの反響は大きく、既存店の売り上げが前年度比140%となったうえ、社員のモチベーションも上がりました。


川本信彦

個を認め合う。その前提として自分の個性をはっきり認識することは、これからは特に重要になると思います。世界の中で日本人はどんな個性が発揮できるのか、企業で言えば日本企業の価値を世界にどう示せるかという重いテーマです。


新井直之(執事)

富裕層の方は情報は何かしら意図があって流されることをご存じですから、必す当事者や話題になった会社の関係者にアポを取り、ニュースソースに近づこうとされます。


齋藤薫

恋愛、結婚、仕事、人間関係というのが女性の求める四大要素だと思うんです。鏡の前でやる、いわゆる美容だけではなくて、その四大要素がすべて女を磨くことにつながるというのが私の考え方です。


ページの先頭へ