名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山城徹也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山城徹也のプロフィール

山城徹也、やましろ・てつや。日本の経営者。オフィス仲介サービスの「ビルプランナー」社長。

山城徹也の名言 一覧

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。


好業績に有頂天にならず、感謝の気持ちを持ち続けることを決して忘れてはいけない。


常にお客様の立場で、物事を良い方向に持って行く。これを徹底していれば、お客様は自然とついてきます。


弊社では、契約時はもちろん、契約以降のおつきあいも大切にしています。それゆえ、その場の関係しか構築できないような営業マンは必要としません。


社外だけではなく、社内においても、仕事ができる環境を作ってくれている周囲の方々すべてに「ありがたい」という気持ちを持ち続けることを、社員教育の根本においています。顧客ありきは当然ですが、契約までの過程においては、社内スタッフの協力は不可欠であり、それを認識できないようでは、弊社の今後の成長もおぼつかない。


山城徹也の経歴・略歴

山城徹也、やましろ・てつや。日本の経営者。オフィス仲介サービスの「ビルプランナー」社長。

他の記事も読んでみる

芳井敬一

本当に営業に向いているのならば、厳しい会社で働いた方がいいと考えました。周りの人間に「大和ハウスを受ける」と話すと「やめておけ」と言われました。「厳しい」、「大変らしいぞ」というわけですが、私は大変さを求めていました。


笹氣健治

断る際には、まず自分を頼ってくれたことに感謝する気持ちが大切です。そのうえで、相手がこちらの事情を理解してくれるような展開にもっていくのが理想でしょう。


藤井幸雄(経営者)

会社は事業の拡大のみに一生懸命になりがちです。持ち株会社では、傘下の事業会社が執行する事業全体の大きな流れの舵取りを行います。つまり経営と執行を分離してガバナンスを強化するのです。事業会社に行き過ぎがあれば、持ち株会社が牽制する関係です。持ち株会社には各方面の専門家が社外役員になっております。


佐藤優

問題、悩みを吐き合えばこそ、飾らない、素で付き合える仲間同士にもなれる。結束が高まれば、さらに深い問題を共有することもできる。そうやって、仲間の助けも借りて、問題をひとつひとつ何とか解決していくことで僕たちは成長する。問題と向き合うことで、人間力を強くすることができる。


石川康晴

働く動機として、その対象を好きであることは重要だと思います。僕も自分の趣味を生かし、起業後数年はメンズ向けの商品も4割程度扱っていました。でも客観的な見方も必要で、自分の趣味だけではビジネスは成り立ちません。SPA(製造小売業)へ業態転換したのを契機に、レディスに特化しました。


岡本真一郎(心理学者)

一つの方法がいつまでも通用するような、単純な価値観で処理できる仕事はどんどん世の中から減ってきています。むしろ、複眼的に物事を捉え、仕事にあわせて自己をアップデートできる人材のほうが、今後活躍できると言えます。


小路明善

私は5つのポイントを重点的にチェックしています。「ブランド力」と「収益力」「醸造技術」「生産効率」「社員のモチベーション」です。買収後、業績が上向いていますが、要因のひとつは、ブランド戦略として、プレミアム化に力を入れていることです。すでに東欧では普通の価格帯でトップシェアを持っていますが、このシェアを落とさずに、高価格帯でも伸ばすことで、成長していく戦略です。


小池百合子

日本の組織を変えるには、ボトムアップよりもトップダウン。トップが率先して動く必要がある。


宮沢俊哉

相手を動かすには、熱意を持って伝えることが大切です。私も周りから「あなたは熱いね」とよく言われます。しかし、「やりたい!」という熱い思いだけでは、ただの「うるさい人」になってしまいます。何かを実現したいなら、周りにどう働きかければ、周りもやりたくなるかを考えなくてはなりません。


冨山和彦

「どの選択肢が最も後悔しないか」を基準に考えるのもお勧めです。普通は「どの選択がベストか」という基準で考えるものですが、現実にはどれを選んでも失敗する可能性が必ずあります。すると、「決断しない」という選択に逃げ込みがちになります。一方、「最も後悔しないのはどれか」を選択基準にすると、後悔する選択肢の消去法になり、何かを選ぶことになりやすいのです。


伊丹敬之

人員削減は1回こっきりにすること。何回もずるずるやっちゃダメ。残った社員が不安で不安で、働けなくなってしまう。


鮎川義介

「至誠は天地を揺るがす」ということわざの通り、人間、至誠に終始すれば、絶体絶命の場合には、必ずや強力な支持者が背後に現れ起死回生の果報が授けられるものだ。どんな新事業でも創業から数年の間には、人生なら九死一生の境地ともいうべき危機に遭遇するもので、これは避けられない。かかる危局を打開していくには、ただ経営者の手腕や努力だけで乗り切れると思うのは間違いである。