名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

山口隆祥(山口隆祥)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

山口隆祥(山口隆祥)のプロフィール

山口隆祥、やまぐち・たかよし。日本の経営者。「ジャパンライフ」社長。群馬県出身。19歳で独立。ジャパンライフを設立。著書に『巨億をつくる99の秘伝』『いま、何をなすべきか』。

山口隆祥(山口隆祥)の名言 一覧

当社の場合、栄養補助食品にしてもビューティケア商品にしても、高品質で値段が高いのです。それは、安くてあまり品質の良くない商品を利益ギリギリの値段で売ることは、お客様にとって良いこととは思えないからです。


当社は全国に支社や販売代理店などのネットワークがあり、普段から地域の担当者がお客様のところに行って、直接どんなものが欲しいかヒアリングをしています。


先日も社員がイベントで何をやりたいのかをお客様におうかがいし、店舗や代理店がお客様に声をかけて、料理教室やバーベキュー、流しそうめんなどを行いました。商品を買う、買わない関係なしに、お客様も一緒になってイベントを企画して楽しむのです。高齢者にはこうした企画が必要なのです。サービスステーションは単に商品を売る場所なのではなく、コミュニティを形成する場でもある。そうやって、高齢者を通じて日本の社会を元気にするきっかけを提供していければ、と思っています。


商売をしている以上、お客様に商品を買ってもらわなければいけないわけで、全然商品を買う気の無い人をいくら大事にしてもダメなのです。その辺のバランス感覚が大事なのです。正直言いますと、どんなお客様でも大事にするようにとは言いにくく、かといって大事にするなとも言えません。思いやりの心は必要ですが、むやみにお客様を大事にし過ぎても伸びないというのが難しいところです。


山口隆祥(山口隆祥)の経歴・略歴

山口隆祥、やまぐち・たかよし。日本の経営者。「ジャパンライフ」社長。群馬県出身。19歳で独立。ジャパンライフを設立。著書に『巨億をつくる99の秘伝』『いま、何をなすべきか』。

他の記事も読んでみる

青野慶久

これはメールに限らないことですが、大事なのは内容であって、形ではないと思うのです。要点さえきちんとおさえてあれば、形式が簡便であっても、それは問題にはならないはずです。逆に形式を簡単にすることで、かえって内容が充実する場合もあると思います。


ジャック・ウェルチ

組織に不可欠な三つの要素

  1. やる気を起こさせるようなミッション。はっきりとした目的を与え、部下が興奮してせきたてられるようにして働く気になるようにさせるもの。
  2. 明確な価値観。または行動規範。ミッションを達成するために、どのような行動をすべ貴下の指針を与えるもの。具体的で現実に即したものであればなんでもいい。
  3. 率直で厳格な評価システム。部下に結果を出しているか、価値観に沿った行動をしているかどうかを知らせるためのもの。

吉野真由美

多くの人は、テレアポで自社商品の良さを説明しようとします。しかし、それは大きな間違いです。テレアポの目的は、あくまでアポを取ることであって、商品の良さを理解してもらうためでもなければ、ましてや自分を気に入ってもらうことでもありません。


高田明(ジャパネットたかた)

私はテレビを見て感動したら、商品を見て感動したら、本を読んで感動したら、社員たちへ必ず伝えるようにしています。人間にとって、人生の中で感じた情熱や感動を共有していくこと程、生きててよかったなと思う瞬間はありません。


安田道男

目を向けるべきは、昔の良かった時代ではなく、今の時代です。今のお客さまの声に耳を傾けることでしか、新しいものを生み出していくことはできません。過去に思いを馳せるのは、現実逃避以外の何物でもありません。


ホルスト・シュルツ

私にとって、ブランドとは、絶対に守らなければならない約束です。カノンを掲げ、私たちはサービスの新機軸をつくりあげていきます。
【覚書き|リッツ・カールトンを退社後、ウエストペース・ホテル・グループを設立したときに語った言葉。カノンとは従業員をひとつの方向に束ねるためのサービス・スタンダードをまとめたもの】


ジョン・レノン

人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」というくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう。


安田佳生

「走りながら考える」とよく聞きますが、あれほど効率の悪いことはありません。これは私の持論ですが、走りながら考えることはできません。考える時間と、企画づくりなどアウトプットする時間は別物です。作業が遅い人は、考えながら作業しているからです。それではダメなのです。


潮田、滋彦

講師として登壇することは、自分の人間的成長にもつながります。


五神真

個々人が自由に活動することは極めて重要なことです。それを前提に、格差を減らし、社会全体が調和的な発展に向かう新しい仕組みが必要です。そうした社会に向かうための推進役として、大学が意志を持って行動することが、今、求められています。


鈴木みゆき(経営者)

私は海外勤務が長く、言語や文化が違う中で、組織をまとめる経験を積んできました。スタッフの個性を活かし、強みを伸ばす組織づくりは、多様性のある環境では非常に有益でした。


石原司郎

リユースショップにとって、買い取りは経営を行う上での生命線。